ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新婚旅行記9(ローマ自由時間前編、ヴァチカン美術館)
2015年07月14日 (火) | 編集 |
ローマでお昼を食べた後は、4時間半ぐらい自由行動です。
かねてよりどうしても僕はシスティーナ礼拝堂に行きたかった。
しかし、このツアーではヴァチカンには行っても、システィーナ礼拝堂には行かないことになっていた。
行くならここしかない(^.^)

事前にネットで予約が出来る事がわかったので、オフィシャルサイトから英語の案内に従って予約。
(丁寧に日本語で手順を解説してくれてるサイトを参照 笑)
クレジットで決済。無事にメールも届いて、添付されているバーチャーと言われる予約券をプリントアウトして持っていけば、チケットに引き換えてくれるはずなんです。
しかも長い普通のチケット待ちの列を横目に、ほとんど並ばずに入場できるらしいです。

しかしまあ不安です!

現場まではタクシーで行くことになります。
タクシー乗り場で拾って行くことになるんですが、上手いこと行くのかどうか?ぼったくられたり怖い目にあったりしないか?
不安です。

タクシー乗り場は、添乗員さんが場所を教えてくれました。
行くとタクシーが待ってます。
ちゃんとしたタクシーのようです。

ムーゼ ヴァチカーノ(ヴァチカン美術館)と書いた紙を見せると、「オッケー!」と言うてくれました。

「ジャポーネ?」とか、「ファーストタイム?」とか聞いてきました。
まあ、普通に「イエス、イエス」とか言うときました。
なんかメーターが動いてない気がしたんですが、あれがほんとにメーターなんかどうかもわからんし、まあええかと思ってました。

ほどなくしてヴァチカン美術館に到着。
「ハウマッチ?」言うと、「20ユーロ」
聞いてたのよりちょっと高いな・・・と思いながらも、20ユーロを渡すと、「グラッツェ!」と満面の笑みでした。
たぶん軽くぼったくられたっぽいけど、怖い目に合わずに目的地まで着けたから良かった 笑

01_20150714175729df1.jpg

到着するとやっぱりたくさんの人。

タクシーを降りるや否や、首からプレートを下げている東南アジア系の人に話しかけられます。
ヴァチカン美術館の職員の方かな?と思って、「リザベイション!リザベイション」とか言うて、予約していることをアピールしてみるも
なんか二人で10何ユーロがどうのこうのとか言う説明を始めます。
「ノーノー、リザベイション!」と言うてみるものの、うんうんわかったわかった言う表情でまた値段の話を始めます。
首のプレートを観てみると、なんとかトラベルって書いてあった。美術館の職員じゃないなあ。

笑顔でカモーンって言ってきますが、これたぶんアレじゃなあ、ガイドさんを付けようやってことなんじゃろうなあと思って、向こうむいてる隙に無視してスタスタ行きました 笑

入り口は意外と空いてたかな?団体客用の方の列に並んで、手荷物検査を終え、問題のチケット引き換えじゃな。
よくわからんので、とりあえず団体用のカウンターに行ってみると、「ここじゃない、向こうのカウンターじゃ!」みたいな案内を受け、行ってみると「RESAVATION」って書いてあるカウンターが。

バーチャーをホイって渡すと、機会にかざして、あっさりと2枚、チケットゲット!

あとは美術館を楽しむのみです。
でも重要なところだけ回っても、3~4時間はかかると言われている美術館。
迷っていたらアウトです。

いきなり順路とは逆の絵画館に行きかけた^^
いけんいけん、こっちは時間に余裕があった時に行くところじゃ・・・。

メインのシスティーナ礼拝堂への道は、常に案内されてて、ほぼ一方通行なため、迷うことはなく進めました。

彫刻の数々をさーーっと観て・・・。
あ、ウフィッツィ美術館でレプリカが置いてあった、ラオコーンの彫刻のオリジナルがありました。

02_20150714175729ebc.jpg

03_20150714175728648.jpg


それからピーニャの中庭に出ます。

04_20150714175728940.jpg

いきなり開放的な空間。
おっきな松ぼっくりの像があります。

こっからはさーっと流し見のような形 笑
しかし、結構渋滞してます。
抜かす抜かす^^

地図のギャラリーでは上に広がる立派な天井画に装飾!

05_20150714175727262.jpg


そのままどんどん進み、ラファエロの間。

06_201507141757103c8.jpg

07_2015071417570905e.jpg


ラファエロの作品がたくさん。
これもさーーっと流し見る 笑

さあ、いよいよシスティーナ礼拝堂に入ります。

こいつはほんとに素晴らしかったです!
広大な天井に描かれた実に繊細で力強い絵。
色は鮮やかで、立体的で、今にも飛び出してきそうな、迫ってきそうな迫力。
凄い!
1時間ぐらい観ていられそうでした^^

08_2015071417570965b.jpg

09_201507141757088dc.jpg


ここだけは撮影禁止なので、ネットで拾ってきた画像でご了承ください。
まあ、実際は、何人か撮影してましたけどね・・。
それから、喋ってもいけないので、なんかいも「シーーっ!!」とか、「パンパン!」とか、静粛を促すようなことが繰り返されてました。
パンパンの方がうるさいがな(-.-)

出たらまだ1時間ぐらいしか経ってなかった(^_^;)
どんだけ駆け足なん・・・。
でもまあ、時間が限られていたので仕方ない!

帰りもタクシーで。
今回は、乗る前にいくらか聞いてから乗ることにしました。
最初に声かけた運転手さんは、25ユーロって言うて来たので、はい、ノーサンキュー。

後ろの運転手さん、んー9か10ぐらい?って言うて来たので、じゃあよろしく!

ちゃんとメーター動いてました^^
目的地のスペイン広場の手前あたりで停めてくれて、「あれがスペイン広場。ここでいい?」みたいなことを言われたので
「オッケー!」言うたら、「フィニッシュ!」言うてメーター停めてくれました。7ユーロ\(^o^)/
チップ含めて8ユーロを渡して無事に到着。
なんとかミッションクリアー(^.^)

10_2015071417570711b.jpg

続く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。