ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新婚旅行記4(ヴェネチア前半)
2015年06月27日 (土) | 編集 |
朝が来ました!
実質的な観光初日!
5:30ぐらいに起床。
既に明るいです。
良く寝れました。

朝食はバイキング方式で、パンとかシリアル、ハムやらチーズがあり、野菜はありません^^

13_20150627124005966.jpg

基本的に毎日このパターンです。
普通に美味しかった。
日本のように、ポーションや粉のミルクが無いので、珈琲には牛乳を直接入れます。


バスに乗ってヴェネチアへ。

14_20150627124004220.jpg

直接バスは入って行けないので、ちょっと離れた港からボートに乗って行きます。
わくわくします。

添乗員さんがバスの間もいろいろ説明してくれます。
注意事項だけでなく、車窓から見えたものについて、これから行く場所について。
結構長いこと喋ってくれます。
おかげでバス移動も退屈しないで済みます。
ユーモアを交えながら、楽しい語り。
講義みたいですが、僕はこの人の語りが好きでした。

港に着きました。
アホみたいに天気が良いです!

15_20150627123953d95.jpg

青々とした空に、サンサンと太陽の光が降り注ぎます。
事前に聞いていた為、急遽用意したダサいクリップ式のサングラスをかけて日光に備えます。
結構暑いですが、空気がカラッとしていて、日陰で風が吹くと涼しいです。

イヤホンガイドというものを渡されています。
これは、添乗員さんやガイドさんが喋るものを無線で飛ばしてイヤホンで聴ける装置です。
添乗員さんの声がいつも良く聞こえて便利です。

最初はただの海です。
まあ、綺麗ではありますが、このぐらいの景色は尾道でだって観れます。

16_201506271239510e9.jpg

5分ぐらい乗っていると、段々と素敵な景色が広がってきます。

17_20150627123951d77.jpg

いちいち建物がオシャレ!!
屋根のいろがオシャレ。
石造りの壁がオシャレ。
尖がったり丸っとした屋根の建物がオシャレ!

18_20150627123950c21.jpg

「わ~~」の連続です 笑

ボートから降り、海沿いを歩いていきます。

19_20150627123949679.jpg

目の前に広がる異国の景色!
街全体がテーマパークかのようなオシャレな佇まい。

ゴンドラ遊泳です。
これがしたかった♪

20_201506271239258ea.jpg

何人かでゴンドラに乗って、運河を優雅に進みます。
ヴェネチアは、運河だらけで道も狭く、車やバイクが入ってこれない為、街の奥はとても静かです。
流れる水の音と、人の話し声や、風の音だけが聴こえます。

21_20150627123924484.jpg

優雅なひととき♪

乗った場所に戻ってきました。
短い時間でしたが、待望のゴンドラを堪能しました。


ゴンドラを降りて先に進みます。
目の前におっきな建物が。

22_20150627123924930.jpg

ひっろい広場が!

23_20150627123923a6d.jpg

サン・マルコ広場です。
もう信じられないぐらいでっけぇ!!

サン・マルコ寺院。

24_20150627123923940.jpg

装飾とかの作り込みが尋常ではありません。

現地ガイドさんと合流です。
各観光地は、現地のガイドさんが説明しないといけない決まりになってるようです。

壁の絵は、モザイク画と言って、細かい石やガラスなどを貼り合わせて作っているものです。

25_2015062712380145e.jpg

もの凄く細かくて、近くでみないと普通の絵みたいです。
色も綺麗(^^♪

そしてすぐ近くの工房へ。
伝統工芸品、ヴェネチアンガラスの工房を見学。

溶けたガラスがあっという間に整形されるマエストロの早業を見せてもらいました。

26_20150627123800efd.jpg

その後グラスの説明。実演販売みたいな感じです。

接客してくれたのは日本語ペラペラ。
どうも奥さんが日本人らしい。
「支払はなんでもオッケー!

ユーロ、円、

マスターカード、VISAカード、

JCB、SUICA、ICOCA・・・

ははは、ジョーダンね!」


「さあ、買うのはいつですか~?」


(みんなで)「今でしょ!」


日本に馴染み過ぎ 笑

少々の衝撃では割れない頑丈で美しいガラス。

27_201506271238009bd.jpg

記念に欲しかった気もしましたが、スルー♪

何人かはアクセサリーを買ってたみたいです。

この後1時間ちょっとの自由時間。

特にあてもないので^^
リアルト橋という名所を目指していきます。

ちょっと歩いたら着いた模様。

28_20150627123759cd6.jpg

観光客でにぎわっています。

イタリアと言えばジェラート!
ドキドキしながらお店で注文。

「トゥー、プリーズ、リモーネ、and、これ!」

とか言うて、レモンとミルクと1個ずつ、いただこうとしたけど。

29_20150627123758e2e.jpg

ダブルで乗っけられてしまいました。
まあいいや^^
2ユーロと、ジェラートだけはどこも高くない。
コーラは3ユーロぐらいしたりするけど・・・。

美味しかったです!

その後は適当に散策。
ウロウロウロ・・・。

目に映る景色が全て素敵。

30.jpg

ゴンドラに乗ってる人を、今度は僕等が上から観たり。

31_20150627124947502.jpg

ほどなくして集合時間になりました。

続く。
コメント
この記事へのコメント
見るものすべてが日本と違う!
見るもの全てに歴史を感じさせられますね。
まるで童話の物語のなかのよう
2015/06/28(Sun) 21:30 | URL  | ぽてと #hmvlNA82[ 編集]
ぽてとさん
ほんとそうですよね。どこを切り取っても美しいです。子供の頃から知っている、絵本や、ゲームや、アニメの中の世界みたいでした。
そこで普通に暮らしているっていうのも凄いです(゜-゜)
2015/06/29(Mon) 23:37 | URL  | ひら #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。