ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒミレレライブの楽曲解説その1
2010年08月02日 (月) | 編集 |
花火綺麗でしたね~
という話はひとまず置いておいて・・・。
遅れた話題が醍醐味の僕の日記へようこそ


7月23日、24日、ヒミレレ始まって以来初、というか、僕個人的にも初の「ツアー」というものをやってみました。
ただ単に2日連続ライブということはなくはないですが、「ツアー」というのは、「別々の場所で同じようなことをする」ものだと思っています。
今回は津山と玉野。
ヒミレレにとってはどちらもホームであり、ライブなどをする機会もこの2箇所が多いですからね。
これに「岡山」「倉敷」あたりがあると完璧なんでしょうが、さすがに無理です、ただでさえ3人揃わないのに(笑)

元々は、津山でしかやるつもりではありませんでした。
でもこれを期に、もうしばらくは3人揃ってのライブは出来ないだろうなという思いはありました。
それなら玉野でもライブをしないといけないじゃろうと、僕個人は強く思っていました。
ところがそれは僕だけの思いだったのか、初めはそうでもないようなリアクション(笑)
なんとか説得して玉野でもしてもらえることになりました。
まさか2日連続になるとは思ってませんでしたが・・・。

そんなわけで全く同じ曲目で2日連続という初の試みとなったわけです

曲別に詳しく解説していこうと思います


ランチタイム
ヒミレレ初のオリジナルソング。
レレさん作詞作曲の、ノリのよい曲です。
ちょっとやる気の薄い、サラリーマンもしくはOLあたりの人が、現実逃避的にランチタイムに思いを馳せるという内容です
僕のギターは基本的にジャカジャカ。福田CADサービスのピックアップは、ジャカジャカ時の音質が特に素晴らしいのです
みつごろうさんのギターはジャカジャカもしますが、粒々と弾いてることが多いかな。
ウクレレはジャカジャカとリード。手には卵型マラカスを握ったままストロークしています。
歌は全員歌ってるかな。AメロBメロはユニゾンで、サビからは僕がハモリパートを歌います。
未だに完璧にはハモレない・・・
元々ピッチの正確さには難がありますのでわたくし・・・。
細かいことは置いておいて、とにかく笑顔でハツラツと歌うのがモットーです
大体ステージの最初に景気付けに歌われることがほとんどです。

愛の夢
元々はリスト作曲のクラシックです。
それをウクレレソロにアレンジしたものに、ギター2台が伴奏で加わりますので、ウクレレ1本だけでも実は成り立ちます。
僕のギターはカポ5で指弾き、みつごろうさんとレレさんはカポなしで演奏してます。
最初はしっとり、段々とガチャガチャしてきて、最後の方でちょっとタメた後、強めに演奏するという流れに勝手にしてます。
タメた後がキッチリ合うかどうかで良し悪しがきまってきます
あまりテクニカルなことが出来ない分、息を合わせることに注力しました。
体操で例えると、難度の低い技だけど、美しく演技する事を目指したという感じです。
体操が分からないと余計分かりにくい例えですね(笑)
今回は2回とも上手くいったと思います

Puff the magic dragon
ピーター・ポール&マリーという昔々のフォークグループの代表的な曲です。
せっかく3人いて、構成も一緒なんだから、是非やってみたいと思った曲です。
ほんとは他の曲もやりたいのですが。
みつごろうさんが英語を諦めたので、サビ以外は日本語訳詞です
これはこれで意味が伝わりやすくてよかったかもしれません。
サビでの3重唱、後半のマリーさんのコーラス、ラスト直前には、ささやくように歌い、ラストのサビでは大きな声で、という辺りを原曲に忠実に再現したつもりです
ギターは、みつごろうさんがカポなしのAで、僕はカポ2で指で弾いてます。
途中、ウクレレのオブリ?が入ってます。
たぶん今回一番のチャレンジソング。
でも結構上手くハモれてたと思います。
ワイワイクワイヤでの経験なんかも生きてるんだろうなあと思います。
何気にヒミレレ全員、クワイヤには参加してますからね!(全員同時には無いけど)


思ったほどガッツリ解説し過ぎて長くなってきたので、残りは次回に~
スポンサーサイト
ヒミレレライブの楽曲解説その2
2010年08月03日 (火) | 編集 |
誕生日祝いのメッセージ、メール、コメント、多数ありがとうございます
新しい歳でもよろしくお願いします


さて、ヒミレレ2Daysツアーの曲の解説の後半です


背中合わせの心
こちらもヒミレレオリジナル。
MCでは、タンポポが一番新しいと言ってたりしましたが、こっちの方が新しいです
僕が作詞、後にレレさんが作曲という合作第一弾。
正確には合作第一弾は「ここから永遠が」になるはずだったんですが、放置されてて、こっちの方が早く完成してしまいました
物凄い昭和歌謡チックな仕上がりになってて、通なかたには人気があります。
レレさんのリードボーカルに、僕の変なハモリ。

なんかね、せっかく二人以上いるのなら、ハモリやコーラスはなるべくどこかしらには入れるべきだという持論があるので。
リードウクレレ、ジャカジャカウクレレ。
僕のギターも基本的にはジャカジャカ。
みつごろうさんが低音を中心に、ベース的なフレーズを弾いてくれてます。
2番の後の間奏は唯一僕のリードギターですが、なかなか上達しないなあ
リードギターってなんであんなに難しいんでしょう?
なんでみんなあんなに簡単に弾けるの?
3フィンガーの方がはるかに簡単です。
たるの時は、レレさんのリードが、ちょっといつもと違ってるところがあって、「おっ!」と思いました


流星ワルツ
ふきのとうの曲です。シュンさんにより、イントロ部分がアート・ガーファンクルの「ひとりぼっちのメリー」と全く同じという事実が発覚しました
でもアート・ガーファンクルがふきのとうの曲をカバーしたという事実もあるらしく、どっちが引用したのか?というところまではわかりません。
そんなこともありますが、3拍子でなんとも美しいメロディラインのこの曲は、ふきのとうで一番好きだという声もよく聞きます。
僕もふきのとうの曲は結構聴いてますが、今のところ一番好きな曲と言っていいと思います
前々からずっと歌いたかったんですが、楽譜がネットに無かったので・・・。

耳コピも出来なくは無いような、シンプルなコード進行のはずなんですが、どうもめんどくさがりで・・・
ふきのとう全曲集を買ってからも結構経つのですが、やっとのことで公開となりました。
正確には5月にミュージシャンの集いで、ヒミッツとして先行公開してるんですけどね。
その時から、既にこの時のヒミレレ用として準備を始めてたんです。

僕がリードボーカル、みつごろうさんがハモリ、レレさんは、ウクレレでオブリとリード。途中トレモロなんかもしてます。
この曲はなんと言ってもリードボーカルがダメだとあとは何やってもダメな曲なので、一生懸命歌ってます。
ちょっと細かいところでピッチがイマイチなところがあるのが残念です
歌ってる最中はわかんないんですよねえ、困ったことに。
最後サビを2回繰り返すところの1回目は、少しだけ抑え目にして歌ってます、勝手に。


タンポポ
レレさん作詞作曲の爽やかな曲です。
最初にサビのメロディと歌詞が出来てて、それを聴いた時、クオリティ高いなあと僕は絶賛しました
でもそこから完成までは結構時間がかかったんですよね

僕は3フィンガーとコーラス。
CDと違う点として、リード部分がギターとウクレレでハモってます。
これは綺麗にきまってましたね~
CDよりは、若干テンポを落としてするように、最近はなってます。
僕のコーラスも、出来立ての頃は、結構張って歌ってましたが、最近では裏声でふにゃふにゃ柔らかく歌うようにしています。

3フィンガーで粒々弾いているので、みつごろうさんにはあんまり粒々しないように頼みました(笑)
珈琲館の時は、双方粒々弾いて、リズムがとっ散らかってしまったところがあったので、たるでの時には修正しました。
ちょっとみつごろうさんには退屈だったかもしれませんが、しっかりトレモロとかしててくれたから良かったかな。
3フィンガーは、つまづくと立て直すのが難しいので、集中力をきらすと危うい曲だったりします。


なんとなくなんとなく(ecで玉野のみ)
ザ・スパイダースの曲でお馴染みですが、つじあやのさんというウクレレ弾き語りの人がカバーしてるバージョンをレレさんがコピーして、ギターのアレンジを加えた形です(ややこしい
最近はあまり披露してませんが、ちょっと前までは、かなり演奏していたと思います。
ウクレレジャカジャカ、僕のギターで粒々弾いてます。
みつごろうさんは、マラカスをシャカシャカしてます。
イントロや間奏では、メロディも一緒に低音弦で弾いてますが、結構失敗することが多いです
聞かせどころは、途中の台詞でしょうかね。
ノリの良い曲なので、手拍子をいただけることが多いです。
ひょっとしたらアンコールをもらえるかも?と念の為に用意していた曲です


以上、全部で7曲。
今の自分達の出来るだけのことを詰め込めたと思います。
改めて、聴いてくれた皆さんに御礼申し上げます。
ありがとうございました!
遊ing UNO アーリーブラザーズ
2010年08月05日 (木) | 編集 |
7月31日(土)

玉野祭りでした。
あんまり踊りのほうは興味が薄いので、特に観にいったりすることも無いんですが、同じ日に市役所前の公園で、毎年「遊ing UNO」っていうステージイベントをやってて、そこは何回か観に行った事があります
去年は行かなかったのかな~?
前行った時と、レイアウトが変わってました。

この日も昼から夕方、夕方から夜と二部構成になっており、夕方にアリブラことアーリーブラザーズのステージがあるということで、観にいってきました。
ステージには真っ赤な衣装にキラキラネクタイ、サングラスを付けた悪そうな集団が闊歩しております。

20100731_アリブラ01

ステージ前に並べられた客席にはお馴染みのお顔がちらほら・・・

ステージが始まり、元気いっぱいステージ上で動き回りながら歌うARLYさん。

20100731_アリブラ02

それを確実な演奏で支える5人のバンドメンバー。
キーボード、ドラム、ベース、ギター×2。

20100731_アリブラ03

意外と大人しいステージングでしたが、とある瞬間にARLYさん、ステージ下へ!
「徘徊の帝王」の本領発揮です。

20100731_アリブラ04

20100731_アリブラ05

20100731_アリブラ06

20100731_アリブラ07

尾崎豊が乗り移った彼は、公園という広大なスペースを、縦横無尽に歩きながら歌います。
尾崎はこんなに徘徊はしないとは思いますが(笑)
観客の中に、これまた真っ赤なユニフォームの野球少年団の子供達がたくさん。

20100731_アリブラ08

まるでジャニーズJr.ならぬ、アリブラJr.のようでした

飛び交うシャボン玉攻撃(; ̄o ̄)y-oO○ フワフワ○ パーン!!*(/◎ox)/ウワッ!!
全盛期には、ステージ前からバンドメンバー目掛けて集中攻撃。
中には黒い衣装の、歳をとった少年も・・・。

20100731_アリブラ09

変なマスクをかけてみたりと、よくわからないバンドです。
でも実に楽しいです!
尾崎の楽曲で、こんな盛り上がり方するバンドは他にないでしょう(笑)

オリジナル曲も歌ってましたね!
今後もドシドシ歌って、定着させていってください。

この後も、いろいろと音楽ステージはありましたが、スケジュールの都合上、これ1組のみで早々と退散いたしました。
皆様お疲れ様でした!

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010731IngUNO#
「借りぐらしのアリエッティ」の感想をほぼネタバレなしで
2010年08月06日 (金) | 編集 |
アリエッティ

8月1日(日)

映画の日ということで、¥1000でした
しかし夏休み&日曜日&天気が良い、ということで、とんでもない人の数です
事前に座席予約をしていたので、問題ないのですが、自動発券機に10人以上並んでいるのは初めて見ました^^

さてこの借りぐらしのアリエッティですが、「の」が入っているくせに、宮崎駿監督作品ではないようです。
監督は米林宏昌という30代の若手らしいです。
宮崎駿は企画・脚本を担当ということで、全く関わりがないということもないようです。
その辺の情報は、観た後で知ったんですけどね。
音楽も久石譲ではなくセシル・コルベルという人のようです。
これは映画を観てて、久石さんの音楽性とは全然違ったケルト系のアコースティックな音楽だったため、違うんだろうなあとは思っていましたが。
これで宮崎作品かどうかを見分ける術は、音楽が久石譲かどうか、ということだけになってしまったかなあ^^


ストーリーに関しては言いますまい。
一陣のそよ風が吹いた後のような、爽やかさに包まれた映画でした。
派手ではないけど、じんわり来るような作品
音楽がとても良かったです

小人の話というのは、皆さんご存知だと思います。
人間にとっては小さいものでも、小人にとっては大きかったりと、そういう視点の違いによる面白さが随所に見られます。
ダンゴムシと絡むシーンではナウシカを、猫と絡むシーンではトトロを連想したりしました

動きや色合い、背景の描き込みなどは、さすがのジブリクオリティで、安心して観る事ができます。
効果音も自然な音色で、やけにリアルです。
俳優陣による声も問題なかったです。
アリエッティと人間の男の子(翔)ぐらいしか誰が声をあててるのか知らずにみたんですが、後で他の人達を知って、あーなるほど、言われてみれば確かに・・・という感じでした。
ポニョの時は最初にご丁寧にも誰が誰の声か、スーパーが出てしまうので、知ってから見ることになるのですが。
今回は一応名前は出ていましたが、誰が誰とまでは出てないようでした。
たぶんこっちのほうが正解でしょう

お話的に王蟲の大群は押し寄せないし、天空に城は無いし、ふわふわのお化けも出ないし、飛行船は飛ばされないし、空中戦は無いし、神殺しも無い、神隠しにもあわない、城が動いたりしないし城自体出てこない、大洪水も起こらないなど、派手さが無い分、手放しで皆にオススメできるとは言い難いですが、個人的にはとても良かったです
なんとも言えない、すーっとした気持ちになります。
ポニョの時のようにエンディングも唐突に終わらず、ちゃんと余韻に浸れます
主題歌も良いですね、音色と声と、なんという透明感。
作品の雰囲気と、とても良くマッチしてます。

というわけで、サントラCDをアマゾンでポチっとしてしまいました。
これがまた良いです
音の粒がキラキラしてる。
セシル・コルベルの歌声も凄く良いですね~。
良かったのでセシルの歌集もポチってしまいました
こちらはまだ届いていません。

人によって、やや評価がわかれるかも?・・・ナウシカやラピュタのように、スペクタクルなものを求めると、ちょっと物足らないかも。
耳をすませばとかが好きな人にはオススメできるかなあ。
歌のセッションシーンはありませんが(笑)
トトロほどのファンタジーさも無いかもしれません。
小人の時点で充分ファンタジーかもしれませんが
結構リアル系。そこがまたウリだとも思います。

というわけで、この夏の話題作、お時間のある方は是非ご覧になってくださいませ~

あ、コメントくださるかたは、ネタバレないように気をつけて下さいね
最近のポチ情報(カポ、靴)
2010年08月09日 (月) | 編集 |
相変わらずポチポチしておるわけですが、最近買ったものをご紹介

まずはギターに付けるカポタスト。

一口にカポと言っても、いろいろあります。
不思議なことに、カポごとに音が微妙に違ったり、弦のテンションが変わったりするんですよね。

カポに関してはいろいろ使ってみて最終的にこれに落ち着いてました。

SHUBBカポデラックス

SHUBBカポのデラックス!

普通のSHUBBカポと、いまいち違いは良く分かりませんが、なんとなくデラックスで
音、利便性、ともにいうことなし、きもちテンションが高めかなあ??ってぐらい。
ところが、先日白い方のゴムが取れてしまった^^
黒い方のなら、破損しても替えがきくんでしょうけど、白い方は、接着しないといけないので・・・。
両面テープや接着剤でつけてみたけどすぐ取れる。
金属とゴムを付ける用の接着剤でも使えば付くのかもしれないけど、この機会に新しいカポを買ってみようかなと。

別に買わずとも2つ3つぐらい代わりのカポは手元にあるんですが、ちょっと気に入らないのばかりなので・・・。

同じものを買っても良かったんですが、せっかくなので評判が良かった「NSカポ」というのを買いました。

NSカポ

ネジ式なので、ちょっと着脱が面倒だけど、軽くて音がいいらしい。

で、先日届きましたので、早速・・・確かに驚くほど軽い!
ネジを回して付けるのは少し面倒・・・でも思ったほどではない。
音を鳴らしてみるが、自然な感じ。テンションも高くならないので弾きやすい。
必要以上な大きさがないため、ほとんど演奏の邪魔にならない。
確かにこれは今までで一番いいものかも。
ネジ式でなければ最高だけど・・・まあ仕方ないかな。
というわけで、当分これでいきます


もう一つは靴。
足袋型健康シューズ「ラフィート」

ラフィート

足の先が足袋のように分かれているのが特徴で、歩いても疲れにくい作りになっているそうです。
最近ついにウォーキングを始めたので、そのために買いました
以前ラジオで紹介されてて、なんだかとても良さそうだったので・・・。
ウォーキング以外でも、普通に長時間歩いたりするような時には活躍しそうです。
靴なんてめったに買わないんですが、ここは奮発して・・・。

履いてみた感想、まず軽い!そして薄い?
地面の感触が足に伝わってきます
親指と他の指が分かれるところは、慣れないうちは違和感がありますが、路面を掴む感覚がありますので、歩行しやすいですね。
後は疲れにくさとかがよければ言うことなし。
履く時に普通の靴下だと、親指と人差し指の間にぐぐっと凹みを作らないといけないのがちょっとだけ手間ですが。
ちょっとビッタリなサイズのせいか、やや締め付ける感じはありますが、この辺はもうちょっと履いてたら馴染んでくるでしょうか。
まだちゃんとしたウォーキングでは履いていないので、実際に試してみるのが楽しみです。

真夏ですが、夜になると暑さはそうでもないようです。
まあ、しばらく歩くと汗だくにはなりますが、真昼の暑さに比べれば全然です。
ウォーキングは継続しないと意味ありませんから、これからもなるべく毎日歩こうと思います
岡山合同路上ライブ
2010年08月10日 (火) | 編集 |
8月7日(土)

夕方は某所で秘密練習でした
今回はカホンとコーラスでの参加です。
どこまでコーラスで絡めるかはこれからの頑張り次第ですが・・・良く分からない時はカホンに専念しますけど


そして夜は某岡山駅近く高島屋前、俗に言う「アキラゾーン」にて表町のイベントからそのままの勢いで流れてきた3組による合同路上ライブに参加してきました

20100807_路上01

3組とは、岡山エンターテイメントチャレンジ2009グランプリのLu-naのまゆさん、倉敷の熱き男、け~ちゃんこと松本圭介くん、そしてアキラくんです。

20100807_路上02

それぞれが代わる代わる適当に^^歌ったりコーラスしたりカホン叩いたり・・・。
け~ちゃんもカホンを持ってきていたので、たまにダブルカホンで^^
全く同じカホンだったけど、年季が違うのかセッティングなのか叩き方なのか、随分鳴り方が違うような気がしました。

僕は基本的にカホン、たま~に、コーラスぐらいの参加でしたが、やっぱりこうやってなんちゃってながら、パッと参加できるので、リズム楽器はいいですね。

20100807_路上03
(写真提供pote-10さん、ありがとう~

ギターだと譜面がないと全然からめん・・・。
僕も一応ミュージシャンの端くれなもんで、やっぱりじーっと聴くよりは、参加するほうが楽しいんですよね

観客もたくさん知った顔が・・・。
お久しぶりな方が多かったなあ。
あんまり路上ライブにも顔出さないし、最近はライブハウス等のライブもタイミングが合わなかったりで行けてなかったので。

別の場所では1-KEYくんも路上ライブをしていたので、そちらにもお邪魔してきました。

20100807_路上04
(写真提供pote-10さん、ありがとう~

ちょうどWe are the Worldを歌っていたところにカホンとコーラスで乱入
するとMoshaくんもちょうどやってきて乱入と、なんだか面白い展開になりました。
その後数曲ほど1-KEYくんの横でカホンを叩かせてもらい、1-KEYくんの路上ライブも終わったので、再びアキラゾーンへ。

予定通り23:30ぐらいまで一緒におりました。
オーラスは何故かゆずの夏色を一緒に歌って終了。
夜の風は涼しく、熱かったけどそんなに暑くなく、実に楽しい時間となりました

皆様お疲れ様でございました。
こんなカホンで良かったら、また叩かせてやって下さいませ


それから1-KEYくん、アキラくんのCDを聴きましたが、どちらも素晴らしい出来栄えで・・・。
ジャケットから音作りに関しても申し分ないレベルですね
特にアキラくんのはMulberryというバンドの音源ですが、音のバランスも音質もバッチリです!!
アマチュアのバンドの音源は、あんまり音質的に良くないのが多いですが、Mulberryは下手なメジャーバンドより音が良いですよ。
曲や演奏のクオリティも高い
1-KEYくんのもソロだけど、しっかりオケも作れてるし・・・。
曲もポップで良い感じです。
個人製作でもここまで作れるもんなんだなあ。
良かったら皆さんもお買い求めあれ~

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/201087#
お盆休みとライブのお知らせ
2010年08月11日 (水) | 編集 |
お盆休みのかたは明日ぐらいから休みでしょうか?
もうすでに絶賛連休中のかたもいますでしょうか?
いやいや、お盆?なにそれ??っていうかたもおられるかもしれません。

うちの会社は基本的にお盆休みというものは無いのですが、有休使って休めば?
という空気にはなります
仕事的にもそんなに忙しくはないので、12日、13日と、有休を使って休もう
と思います。
今年はまだ3日しか使ってませんので・・・。

さて、ライブのお知らせをしておきましょう


8月14日(土)19:00~
福山東教会「さだDAYナイト」
ということで、さだまさし限定のイベントに参加してきます。
順繰りに被り曲NGというルールのもと、○っさんの歌を歌っていきます。
ドボン曲があるだとか??
それを歌うと罰ゲームらしいです。
何をやらされるのかは謎です・・・。


8月21日(土)開演19:00~開場20:00
フォーク酒場たる(津山)「みほりょうすけ」さんワンマンライブのオープニン
グアクトをヒミレレが務めさせていただきます。
前売¥1500当日¥2000(ドリンク別)
rereさんと僕の2人バージョンです。
さだソングとフォークのスタンダード曲、オリジナルソングをやります。
これ以降2人バージョンでもヒミレレはしばらくライブ活動は休止ですので、是
非お越し下さいませ!


8月22日(日)16:00~
防風林(玉野)「ラストサンデー」(飲食代のみ)
みきさん(約30分)
☆MOTO☆さん&りょうこさん&ひら(約1時間半)
毎月恒例の防風林ライブに、カホン&コーラスのサポート的参加をします。
さてさて、どれだけ絡めるか・・・


この次の週には珈琲館もあるんでしょうけど、とりあえずこんなところで。
まだまだ暑い日が続きますが、体調崩さないように頑張りましょう~
水族館&玉野花火大会&津山ごんご祭花火大会
2010年08月16日 (月) | 編集 |
お盆休みはいかがでしたか?(休み無かったかたはごめんなさい)
僕は日曜日以外はほとんど呟いたりコメントしたりする暇もないぐらい忙しかったです。
・・・あんまり有効に時間を使えなかったということもありますが^^
充実したお盆休みでした。
福山東教会での「さだDAY Church Live」の模様も後日詳しく書こうと思いますが、今のところは写真だけ眺めていて下さい


8月1日(日)(うへ、半月も前・・・

玉野の花火大会へ行ってきました。
去年、岡山市の花火大会を初めて観ました。
花火大会を観たのがこの時およそ20年ぶり^^
去年は玉野の花火大会はトンネル工事の影響でありませんでした。
今年はあるようです。
それではということで久しぶりに・・・。
玉野の花火大会は20年ぶりぐらいですね。

その前にちょっと時間があったので、渋川の水族館に久しぶりに行ってみました。

20100801玉野水族館01

昔は井戸のようだった海亀くんゾーンも、今は普通のプールのようになってました。

20100801玉野水族館02

中も随分レイアウトが変わってるなあ。
こちらもたぶん20年ぶりぐらいなので(笑)
水族館モードでいろいろ撮影してみました
クリオネくんが綺麗に撮れて満足!

20100801玉野水族館03

1時間ぐらいしかいられなかったので、ちょっと急ぎ足でしたが、一通りは周れました。

20100801玉野水族館04

20100801玉野水族館05

20100801玉野水族館06

20100801玉野水族館07

2時間ぐらいだと調度いいかもしれません

さて、玉へ移動して・・・

玉の海沿いが完全に歩行者天国状態。

20100801玉野花火大会01

三井グラウンドが臨時駐車場になってて、そこからテクテク歩いていきます
だんだんと中心に向かうにつれ、物凄い人だかりに^^

屋台でフランクフルトとたこ焼き、それにカキ氷を買って、イトー呉服近辺が若干人の数が少なかったので、その辺に落ち着きました。
時間が来て上がる花火。

20100801玉野花火大会02

デカ!!

去年観た岡山の花火は、若干メイン会場から離れた場所からだったので。
こんなに近いとは思わなかった^^

すぐ後ろの辺りにいる女性2人組みが、「すご~い、きれ~!やばーいやばいやばいやばーい、来て良かった~、ほんとありがとう~、すごいね~、ほんと綺麗LEDみた~い!すご~い、やばいやばいやばい花火師すげ~!」
みたいな感じで、ほぼ全ての花火に対してコメントをしてて面白かったです

30分ぐらいで10分間の休憩。
その後第2部開始です。

残念ながら、休憩の間にその2人組みはどこかへ移動してしまったようでした

左右同時に斜めに上がった後、更にすぐ真ん中にも開いて、3つ同時にワイドに大きな花火が開くやつが凄い迫力でした。
一つ一つも大きいのに、一気に3つも!!
これは凄かった。

パラパラ連続で炸裂するのも盛り上がりますが、ドーーッンと大きいのが単発で上がるのもいいなあ。
音圧が凄いですね、やはり近くで観る花火は良い!!

20100801玉野花火大会03

そんな感じで玉野の花火、1時間で4千発、終了しました。
帰りもテクテク歩き、グラウンドから車を出すわけですが、これが大渋滞!
思った以上に渋滞でした。
もうちょっとマシかと思ってましたが・・・。
まあ、しょうがないですね~、綺麗だったので、よしとします。


さて、翌週。

8月8日(日)

津山ごんご祭りの花火大会。
6千発と、県下最大らしいので、一度観てみたいと常々思っておりましたが、行って来ました

吉井川?から上がる花火。
某所に車を停め、結構テクテク歩く
某書店近辺に、ちょっと広くなってる場所があったので、そこで鑑賞。
メイン会場からはやや離れてますが、思ったより近くで観れました!

20100808津山ごんご花火大会01

海に上がる玉野の花火とは少し違った川に上がる花火。
周りにいろいろなものが多いですね。
目の前には車の列^^

玉野の4千発に対して6千発!というほどの差は感じられませんでしたが、綺麗でした~
チョウチョ型の花火なんかもありました。
最後の最後、半ばヤケになったかのように連続でボンボン上がるところは凄かった。

20100808津山ごんご花火大会02

フィナーレはかなり派手でした~。

というわけで、一年で2箇所も花火大会に参加したのは初めてかなあ。
やっぱり良いですね
夜風も涼しく、とても快適でした。
今年はさすがにもういいかなあ。
また来年、綺麗な打ち上げ花火を観たいです

フォトアルバム(玉野)
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/201081#

フォトアルバム(津山)
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/201088#

※7月10日の心音ライブからmixiフォトアルバムにしかアップしてませんでしたが、picasaのほうにもアップしましたので、mixiに登録していないかたでもご覧いただけるようになりました。
さだDAY Church Live 福山東教会
2010年08月17日 (火) | 編集 |
8月14日(土)

福山東教会で、毎月行われている定期ライブ。
今月はお盆ということでお休み。
○っさんフリークが多いらしく、さだまさしの曲限定のライブイベントが開催されました

ルールは

1.他の人が歌った曲はダメ
2.順番は1巡するごとにくじ引きで決定
3.各巡の最初にドボン曲をそれぞれ書いておき、その曲を歌ったら罰ゲーム。さだソング以外の曲を歌う。

という面白いものとなっております。
僕らはみつごろうさんとレレさんと、ヒミレレ3人衆での参加(レレさんは観客です)

リハもそこそこに時間となりスタート。

※2巡目以降は、順番がまた変わるのですが、1巡目の順番で書いていきます。

トップバッター「池田」さん

20100814さだDAY01

いきなり暗譜です。
曲は「朝刊」

しっとりした声で綺麗に歌い上げて、素晴らしかったです。

2巡目は「パンプキンパイとシナモンティー」、3巡目は「セロ弾きのゴーシュ」でした。
僕のレパートリーと被りまくりですね(笑)
高い声までしっとりと綺麗に出てました


2番目は「ヒミッツ」です。

20100814さだDAY02
(レレさん撮影ありがとう!)

2人ということで、グレープの曲ばかりを。

「蝉時雨」です。
2分ほどで終了^^

この日はみつごろうさんが、自分のエレアコ(オベーション)で演奏しました。(いつものマーチンは借り物です)
教会での演奏は、物凄く音が響いて、最初は変な感じでしたが、段々慣れると良いものでした

2巡目は「追伸」、3巡目は「ほおずき」でした。
ぶっつけなので、過去に何回かやったことあるものを選曲。
さすがに精霊流し、無縁坂はやらなかったなあ。
無縁坂はドボン曲候補に上がってましたが・・・。


3番目はみきさん(伴奏はKAZUさん)

20100814さだDAY03

「風の篝火」1曲入魂!
まねき、珈琲館と経て、さだDAYに合わせてきました。
なんと、緊張されたとか
ギターの綺麗なイントロから始まり、しっとりと情感たっぷりに歌い上げてくれました。


4番目はKAZUさん

20100814さだDAY04

意外とメジャーどころの「案山子」を。
安定感がありますね。
意外とドボンではありませんでした^^
2巡目は最新アルバムから「方恋」をいち早く。
高音が響き渡って良い感じです
3巡目は「檸檬」でした
「案山子」以外は初めてKAZUさんバージョンを聴いたかなあ。
ギターはマイク撮りでした。
僕はPAを任されてドキドキでした(笑)


5番目は「Dee」さん「みわ姫」さんのユニット「風鈴」

20100814さだDAY05

三線とギターという組合せ。
他にもみわ姫さんは二胡も弾くようです。
「道化師のソネット」
歌ったのはみわ姫さんです。
高音の伸びが素晴らしく、響き渡ってました
2巡目「つゆのあとさき」、用意してきた「風の篝火」が先に歌われてしまったので、3巡目は「主人公」でした
こんなマニアックな曲が被るだなんて


6番目は牧師さま「しんちゃん」です。

20100814さだDAY06

見た感じお若いのに、一番マニアック・・・。
僕は1曲も知りませんでした(笑)
「水底の町」「玻璃草子」「銀杏散りやまず」
人前で歌うのは、とても久しぶりだとのことでしたが、高音まで素晴らしく出ておりました


7番目は「みこ」さん

20100814さだDAY07

こちらもマニアな選曲で「糸電話」
エレピの弾き語りでした。
メロディが飛んでしまったので、一緒に歌って下さいとのことでしたが、知らない曲でした(笑)
ピアノも良いですね
2巡目はじょゆうさんの伴奏で「雨やどり」

20100814さだDAY08

3巡目は「僕にまかせて下さい」でした。


8番目は「じょゆう」さん

20100814さだDAY09

終戦記念日の前日ということで、そういう歌を・・・「フレディもしくは三教街」うーん、名曲♪
教会の鐘の音がどうのこうのというフレーズも出てきますし、ピッタリですね。
キレがある声で、○っさんと同じキーで歌ってました。
「飛梅」「関白失脚」も良かったです。
関白失脚は、皆で「ガンバレ~」を歌いました


そんなわけで合計22曲。

20100814さだDAY10

マニアなものからスタンダードなものまで。
やっぱり全体的に見るとマニアな選曲ですね^^

1巡終わるごとにドボン曲を発表するのですが、結局ドボンになったのは1巡目の「朝刊」、3巡目の「ほおずき」の2曲だけでした。
結構いいところを突いてはきていますが、2巡目にドボン曲で出ていたのを3巡目に歌ってみたりと、あの手この手でうまくかわされたようです。

20100814さだDAY11

自ら歌う曲をドボン曲として書いたりする「自作自演」をした人はいなかったようです(笑)

罰ゲームとして○っさん以外の曲を歌います。
「朝刊」の池田さんは南こうせつの「オハイオの月」?だったかな?
「ほおずき」は僕らですね・・・
グレープ曲、完全に狙われてました(笑)
3巡目だったので、大トリになってしまった^^
困った時の「イムジン河」でした。


最後は皆で記念写真を。

20100814さだDAY12
(みこさん頂きました、ありがとうございます)

とても楽しいマニアな集会でした
KAZUさんPAお疲れ様でした。


この後は片付け、買出しの後、2階のしんちゃんルームで打ち上げです。
美味しい手料理もあり、皆でワイワイ飲み食いしました。
ギターがあったので、みつごろうさんやDeeさんがいろいろと演奏。
譜面もないのに、次から次にいろんな歌が飛び出す飛び出す。
皆もそれに合わせて歌う
コーラスの声のほうが大きいし(笑)
みんなマニアだなあ。
いやあ、それにしてもDeeさんギター上手だったなあ。
リードからなんからなんでもアリでしたね。
みつごろうさんもそれに対抗して・・・かどうかはわかりませんが(笑)
二人で次々弾いてくれました

そんな感じで、いつまででも続きそうな勢いでしたが、まあまあ、日付が変わるくらいにはボチボチ終わりましたかな。
岡山組のほうが遅くまでおりましたが^^

そんなわけでとても楽しいイベントとなりました。
みなさんお世話になりました、ありがとうございました!

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010814DAYChurchLive#
Ajobe(アジョビ)で遊びました
2010年08月19日 (木) | 編集 |
8月18日(水)

岡山の中央町にあるロックバー?「Ajobe(アジョビ)」に行ってきました
ゆめサウンドのくわっちさんが音響をプロデュースしたというお店です。

店内はカウンターがあって、テーブル席が2つ3つくらい?
割と空間は広いようです。
ステージがあって、所狭しとドラム、ギター、カホン、キーボードなどが置いてあります。

☆MOTO☆さん、りょうこさん、くわっちさんとご一緒に。
22日の防風林の予行演習、とまではいかなくても、そこでやる曲の半分くらいのミニライブをしました。
お客さんも数名いらしてて、あんまりワヤは出来ない雰囲気ですね^^
その前に僕もソロで5曲ほど・・・

○っさんの曲1
いちご白書をもう一度(バンバン)
初恋(村下孝蔵)
○っさんの曲2
またあえる日まで(ゆず)

を歌いました。
○っさんの曲2曲は、21日のたるで歌う曲なので、まだヒミツ(笑)

スタンディングでやりましたが、○っさんの曲以外は文字が小さいこともあってか、危ういというか、完全に歌詞がハミングしたところもありました
また視力が低下しているなあ・・・新しい眼鏡を作ろうかな。
ま、それを抜きにしても全体的にう~んな出来だったかな・・・
雰囲気にのまれて、フワフワしてしまったようです^^
ん~、緊張というのとはまたちょっと違うんですけど・・・集中力を欠いていたというかなんというか。
いやまあ、でもギターの音はとても良かったと思います・・・

それはそれとして。

3人でのステージです。

セットリストもネタバレになるので具体的にはいいませんが(笑)
サザンの曲とコブクロの曲を中心に6曲。

僕はカホンとコーラスで参加です。
サザンの曲って、改めて聴くと、結構コーラスやハモリが多いんですよね。
カホンを叩きながらのコーラスはなかなか難しいものがありますが、個人練習の成果もあったようで、まずまず合わせられたかな。
もちょっと練習すれば、もっと良くなりそうです

カホンは生音だったんですが、なかで聴いてる分にはちょうどよい音量でしたが、外には全然だったようで(笑)
もちょっと叩いてもいいようですね。
まあ、本番は22日ですから・・・。
いろいろ事前に課題が浮き彫りになって良かったです
3人でしたが、お互いの音も自分の音も良く聴こえてやりやすかったですよ。

結局コーラ1杯しか飲んでいないので¥500で済みました(笑)
あとは駐車場代ぐらいでしょうか。
早い時間は、チャージをとっていないらしいので、結構リーズナブルですよ。
新しい音楽の遊び場として、是非活用してみて下さい

僕らが終わってからは、ピアノインストバンド?の方々が演奏されたりしてました。

帰りには某所で行われてたカラオケ集団にちょっとだけご挨拶。
日付もボチボチ変わろうかというのに、まだまだ全然終わりそうも無い雰囲気に戦慄を感じながらおいとまいたしました^^
その節はお騒がせしました

さて、今日も某所で練習です。
頑張りますので、22日(日)16:00~、防風林に是非いらしてくださいね~
みほりょうすけさんワンマンライブ(OAヒミレレ)フォーク酒場たる
2010年08月24日 (火) | 編集 |
8月21日(土)

津山のフォーク酒場たるでライブでした

みほりょうすけさんというプロの弾き語リスト。
さだまさしさんから大いに影響を受けたミュージシャンということらしく、○っさんフリークの僕にお声がかかった。
あいにくみつごろうさんの都合はつかなかったので、二人でのヒミレレ、いわゆる「ヒレレ」もしくは「ヒラレレ」でのライブです。

みほりょうすけさんはこの日、イオン津山でのインストアライブもやってて、13、15、17時の3回というハードなもの。
その最初の時にお邪魔してみました。
偵察がてら(笑)

20100821みほりょうすけ01

ど~も~と元気よくステージでご挨拶
語り口調は○っさんを彷彿とさせる流暢なもので、歌も綺麗な声でしっとりと歌い上げてました

30分ほどのステージの後、ご挨拶。
とっても気さくな感じで安心しました。

この後本番前最後の練習をみっちり2時間ほど某カラオケボックスで行いました。
スタンディングでの練習で、足がもの凄く痛くなって、最後の方は息も絶え絶え・・・
これから本番だというのに

たるへ赴きリハをサクサクと。
リハの終わりがけにみほさんがお越しになりました。

リハチェンジ。
モニターのギターの音がどうのこうのとか、ボーカルをどうのこうのとか、歌ったりしながら的確に手早く指示。
うーん、さすがですね、僕はピックアップの音にはこだわるくせに、ステージ上での音作りに関してはよくわからんのんよなあ
大体お任せでオッケーになります(笑)

同じ○っさんフリークということで、何か一緒にやりましょうということになり、案山子とかやってみるが譜面の字が小さすぎてボロボロ(笑)
修ニ会も一緒に演奏するもこれまた譜面が・・・。
結局みほさんの伴奏で僕はボーカルに専念してのコラボということで^^

リハも終わり、お客さんも入り、開演時間となりました。

オープニングアクト「ヒミレレ」

20100821みほりょうすけ02
(撮影:9/24にたるで松本圭介くんとツーマンライブするはるかぜくん、どうもありがとう!)

今回は二人とも「立ち」です。
史上初!
こうしてみると、僕は背が結構高いですね。

セットリストは

線香花火(さだまさし)
タンポポ(オリジナル)
神様のくれた5分(さだまさし)
遠い世界に(五つの赤い風船)

以上、4曲で20分強ぐらいでした。

線香花火は七夕ライブの時にもやったように、レレさんのウクレレがところどころに効果的に入り、部分的にハモリを入れてもらってます
タンポポはいつも通り。
最後の最後にやや失敗しましたが、ご愛嬌^^
神様のくれた5分は「家族の肖像」というアルバムの曲です。
かなりマニアな1曲。
美しいギター演奏と、歌詞が特徴的な曲です。
ソロギター的なイントロ、間奏、エンディングで、怪我無く演奏できたのでよしとしましょう。
これもレレさんがウクレレでオブリ、ハモリを良い感じで入れてくれてます
遠い世界にはちょっとテンポが想定より早くなってしまいましたが、なんとかゴリ押しで^^
手拍子もおこって楽しく演奏できました。
跳ねるようなスリーフィンガーをしながらハモリを歌うのがなかなか困難です。


さて、なんとか僕等は終了。
みほりょうすけさんの登場です。

20100821みほりょうすけ03

ソロでのギター弾き語り。
年齢は30歳と僕より少し年下ですが、ほぼ同年代と言っていいでしょう。
小学生の頃に出会ったグレープの歌のせいでこんなことになったそうです
新潟の寒い冬、半袖半ズボンで朝の7:00、小学校の空き教室で壁に向かって「縁切寺~♪」などと練習していたのだとか^^
恐ろしい小学生ですね。

さて、この方の特徴は、とにかくよく喋ります!
○っさんと同じく落研出身らしく、語り口調も○っさんによく似てます。
トークと歌の割合が半々ぐらいでしょうかね(笑)
愉快な話と真面目な話をうまいこと織り交ぜながら、どんどん引き込んでいく話術は凄いとしか良いようがないです

歌のほうも、オリジナル曲を中心に、しっとりと聴かせてくれます。
○っさんに大きく影響を受けてるとは思いますが、もうちょっと爽やか路線でしょうか。
声質も○っさんよりは爽やか寄りな感じです。
綺麗なハイトーンボイスですね。

妹が結婚する時に書き下ろした「Message」という曲を、その時のエピソードも交えながら紹介。
披露宴当日、みなさんの号泣を誘ったそうですが、妹からは「MCも歌も長い」「これじゃあ売れない」とダメだしをくらったそうです(笑)

ギターの腕も素晴らしく、使っているのはYAMAHAのエレアコですが、6万円弱のわりにはとってもいい音でした。
最初からラインを意識して作られたもののようで、良い感じでしたよ!
そこらの高級ギターよりラインを通しての音は良かったです。
(当然生音はそこそこらしいですが^^)
僕のも負けてないと思いますが・・・でもあんまりイイネ!という声を聞かないのは何故でしょう?
個人的にはいつも「僕のギターのラインの音のほうがいいな、ふっふふ」と思ってるんですが、人それぞれの好みの問題かなあ。
ナチュラル過ぎるのかなあ。

2部構成となっており、2部で3曲歌ったところで僕を呼び込む約束となっておりました。
2部が始まってから1曲・・・2曲・・・MC・・・MC・・・長い(笑)・・・3曲・・・この時点で30分ぐらい経ってるし^^

軽快なMCとともにご紹介たまわり、歌わせていただきました。

20100821みほりょうすけ04

「修ニ会(しゅにえ)」
みほさんの伴奏が素晴らしい!
ズンズン低音効かせつつも、ところどころ小技も散りばめ、実に楽しく歌わせていただきました。
せっかくなのでもう1曲ということで・・・。
copi.さんから「縁切寺」とリクエスト。
パッと何も見ずに演奏するみほさん。
この人、生粋のマニアです・・・。
こちらも楽しく?歌わせてもらいました~。
みほさんありがとうございました!

この後1曲、そしてアンコールに1曲歌われてみほさんのステージも終了。
1時間半ほどの楽しいステージでした~。

終わってからも延々喋り続けるみほさん^^
結局閉店の2時までその口は止まることはありませんでした。
全国を歌いながら旅をしている真っ最中。
翌日は岩国だったそうで、宿泊は野宿が多いらしいです。
今は九州を回っているそうで、是非最後まで元気で歌いきってください

それにしても楽しい1日でした。
お疲れ様でした!

お越しくださった皆様、ほんとにありがとうございました。
機会をいただいたマスター、ママさんありがとうございました。
みほりょうすけさんありがとうございました。
レレさんもありがとう。
これでひとまず3人でも2人でも、ヒミレレのライブ活動はしばらくお休みとなります。
応援してくださった皆様、ありがとうございました
また時期が来ましたら、お目にかかれるかと思います。
あ、1曲だけとか、スポット的な形なら、普通にお目にかかることもあるかと思いますが^^

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010821#
防風林ラストサンデーライブ ~プロローグ~
2010年08月25日 (水) | 編集 |
8月の初旬、とある方から1本の電話
今度の防風林のラストサンデーに出演が決まったので、良かったらカホンとコーラスで参加しませんかと。

前日にたるでのライブもあるため、一瞬迷いましたが、サポート役だし、せっかくなのでお引き受けしました
それにしても1時間半の持ち時間。
僕みたいななんちゃってカホンとなんちゃってコーラスで、二人の演奏を邪魔してしまったら・・・


本番2週間前の土曜日。
某所での初練習。
サザンとコブクロをやるということしか聞いていなかったので、この日は特に適当な感じになってしまいましたね^^
りょうこさんの練習もまだ不十分で、新しい曲に関しては、あははは~な感じで(笑)
まあでもセットリストはハッキリしたのでこっから練習ですねえ

というわけで原曲を聴きつつコーラス、ハモリ、リズムパターンなどを研究・・・。
本物は、ドラムですから、完全に真似することはできんので、雰囲気だけ。
テクニックもありませんので、リズムキープを最優先に。
譜面にハモる箇所とかコーラスの箇所とかを書き込み、メモやらなんやら。
これだけでだいぶんマシになった^^

原曲を流しながら叩いて歌ったりしてましたが、そうしたらまあまあ出来てる気になるんですよねえ。
それにしても叩きながら歌うっていうのは、難しいですねえ!
まあ、足が無い分、ドラムよりは楽かもしれませんが・・・。

各々の練習結果を引っさげて、前哨戦、Ajobeミニライブ!

http://hirahimilele.blog16.fc2.com/blog-entry-805.html
↑コチラ参照

まあ変な汗をかいてしまう結果になったりしつつ・・・
まずまず出来たりしてるところもあったり。


翌日はくわっちさんの「納屋スタジオ」での練習。

とりあえず合わせてやってみて、それを聞いたくわっちさんの感想が「うーんなんか、それぞれじゃなあ
ということで、このユニットの名前は「ソレゾレ」じゃ、ということで(笑)
冗談で言ってたようですが、そのまま連呼してたらそういう話がすっかりできあがってましたねえ

ちと叩いたあと、カホンをもちょっと強く叩いた方が良いということで、叩き方を教えていただいたり。
結構強く叩くから、細かいニュアンスは出しにくくなりますね。
難しい3連符で叩きながらコーラスするようになったり・・・
血の滲むような特訓・・・でもないですが、それぞれが課題を持ち帰り、あとは自主練で。

りょうこさんと☆MOTO☆さんは、それからもう一回ぐらい合わせて練習したようでしたが、僕はもうあとは本番だけです。
残り少ない日数ですが、できるだけ練習しました~。

前日はたるでのヒミレレライブのため、練習は出来ず。
当日もなんだかすぐ時間が経つし、部屋は暑いしで練習できず・・・
さてさてどうなることやら?って感じで本番を迎えます。

アホみたいに長くなりそうなので、一旦中断
続きはまた次の日記で~^^
防風林ラストサンデーライブ ~本編~ みきさん&ソレゾレ(☆MOTO☆さん&りょうこさん&ひら)
2010年08月26日 (木) | 編集 |
8月22日(日)

宇野の玉野市役所の前の公園を挟んで向こう側のワンちゃん同伴オッケーの喫茶店「防風林」
第4日曜日はライブをやってます。
この日の出演者は、みきさんと、☆MOTO☆さん&りょうこさん&ひら(ソレゾレ)でした。

時間が近づくにつれ、徐々にお客さんも集まってきました。
オレオくんもご機嫌です


まずはみきさんからスタート

20100822防風林01

しばらくギターはお休みされてたようですが、このライブが決まってからはいつものように特訓されたようです。

得意の中島みゆきを。
みきさんのしっとりと艶っぽい歌声と、中島みゆきの世界観がピッタリハマりますね
正直、アルバムの曲が中心ということで、聴き馴染みの無い曲がほとんどでしたが(笑)中島みゆきは好きですし、演奏も歌もしっかりしているので、聴き入ってしまいますね
流れるようなMCも、さりげなく笑いを誘うコメントも楽しいですね。

20100822防風林02

玉野NSP倶楽部部長としては、NSPの曲もやらなければと、喫茶店にちなんで「週末」という曲を。
防風林って、みきさんが高校の時からあったんですね~。
当時、ちょっと高校生が入るには敷居が高いようなオシャレな雰囲気のお店だったようです。

そんな感じで最後も中島みゆきで〆でした。
僕からするとマニアな選曲でしたが、他のお客さんにとってはそうでもなかったようでした(笑)
あっという間に30分ほどのステージは終了。


次は僕たち「ソレゾレ」の出番です。

20100822防風林03
(たきさん写真ありがとう~

☆MOTO☆さんがボーカル、りょうこさんがピアノ(グランドピアノ!)、僕がカホン&コーラスです。
前半はサザンづくし

TSUNAMI
真夏の果実
涙のキッス
栞のテーマ
いとしのエリー
勝手にシンドバット

サザンの曲って、改めて聴くと、結構コーラスやハモリがあるんですよね。
桑田さんが自ら下でハモったり、ハラボーが上でハモったり、Uh~Ah~言ったり、ユニゾンしたり・・・。
それらをカホン叩きながらせっせとやってみました
裏声がちょっと安定しないんですが・・・まあまあ頑張ったかなあ。
生音なので、バランスが難しいというのもありつつ・・・。
あくまでもソレゾレが練習してきたものを出し合ってるだけなんですが、これまでの中では一番出来てたかなあ
栞のテーマの3連符は、やはりちょっと怪しかったかなあ
いとしのエリーでは最初の英語の部分の歌詞を書くのを忘れていて、☆MOTO☆さんに見せてもらいました^^
携帯にはメモしてたんですが、携帯も家に忘れてしまったという・・・

僕はまあ置いておいて、りょうこさんのピアノも、☆MOTO☆さんの軽快なお喋りも・・・いや、歌も、練習の時よりぐ~んとパワーアップ。

勝手にシンドバットでは、スローな出だしから途中でテンポアップする構成にアレンジ。
みんな「今何時!」って言ってくれて盛り上がりましたね~

20100822防風林04

後半はコブクロを中心に最近の歌を。

ただ・・・逢いたくて(EXILE)
はるか(オリジナル)
蒼く優しく(コブクロ)
桜(コブクロ)
永遠にともに(コブクロ)
ここにしか咲かない花(コブクロ)
奏(スキマスイッチ)
キセキ(GReeeeeN)

コブクロのハモリは、結構張り上げないといけないので、なかなかカホン叩きながらでは難しいものがありました^^
ただ・・・逢いたくては、結局ハモるところを見出せられ無かったので、唯一のカホン専念曲です。
奏では、すごーく控え目に一部ハモってます。
キセキは1オクターブ下でユニゾン(一部ハモリ)です。

永遠にともにの前には結婚記念日だという飛翔さんご夫婦に☆MOTO☆さんからプレゼント!
美味しいポン酢でした(笑)

90分間という長丁場で大変でしたが、とても楽しくやらせていただきました。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました!
素敵な場所を提供していただいて、ガルママさんありがとうございました。
お誘いくださった☆MOTO☆さん、素敵な演奏りょうこさん、ありがとうございました。
また「ソレゾレ」としてのステージはあるんでしょうか?
どうでしょうか。
バンドでも頑張りましょう!

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010822#
毎月恒例珈琲館ライブ
2010年08月30日 (月) | 編集 |
8月27日(金)

毎月恒例のTSUTAYA玉野店内珈琲館ライブでした

19:30から・・・セッティング開始、ぐらいの感じになってしまっているので、次回からは20:00~となりそうです

今回は4組?5組?の出演で、カホンが3台もあるという変なことになってました。

20100827珈琲館01

最初はKAZUさんでした。
カホンで☆MOTO☆さんがサポート。

20100827珈琲館02

ヒミレレの「ランチタイム」をカバーしてくれました
この曲は、男女混合でないと歌いにくい、レンジの幅が広い仕様になっているのですが、うまく折り合うキーを見つけてくれたようです。
マッタリとした気だる~い感じのリズムでカバーしてくれました。
その他、○っさんの片恋を。
イントロなどもバッチリでした
それからオリジナル曲を。
1曲は新曲で「結婚一直線」だそうです。
ノリのよい感じ、ポップで爽やかな楽曲でしたね。
良かったです!


次は僕でした。

20100827珈琲館03
(何も言わなくても撮影してくれたたきさんありがとう!)

この日は結構PAの音がよく聴こえました
ちょっとギターの音が、ペコペコしてたかな?うーむ、でもまあ、こんなもんか・・・。
それはいいとして・・・。
「夏」を中心に選曲したわけですが、よくわからないことしか喋らず、最後の方に初めてそのことを公表しました

結婚しようよ(吉田たくろう)
神様のくれた5分(さだまさし)
線香花火(さだまさし)
夏祭り(ゆず)
ふくろ(ゆず)
少年時代(井上陽水)

以上、6曲でした。
ゆずの楽曲が、短いので、いつもは5曲ぐらいですが6曲にしました。

結婚しようよは、単に結婚一直線に対抗して・・・。
人前で歌うのは初めてでした。
神様の~が初夏。
線香花火、夏祭り辺りが夏真っ盛り?というよりやや後半の雰囲気でしょうか。
ふくろは特に関係なく・・・少年時代は夏が過ぎ風あざみということで最後にしました。
夏がテーマの割には、TUBEのような勢いのある曲が皆無でしたね・・・。
初披露曲が多かった割にはまとまってたでしょうか
使いまわし曲はよく練習してましたしね。


あーやさんでした。

20100827珈琲館04

珈琲館ライブは初ですね。
くわっちさんがカホンでサポート

完全暗譜で臨む辺りは凄いなあ。
とくに歌詞とかをとちる場面も無かったですしね!
暗譜はどうしても1曲1曲時間がかかるので、レパートリーが少なくなるのがネックではあるんですけどね・・・。
僕が暗譜で歌える曲は北の国からを含めて3曲だけです!
そんなどうでもいい話はおいておいて・・・。
ライブ経験が少ないにしては堂々たるものだったと思います。
歌声もよく出てて、若干緊張感はあるものの、MCもちゃんとあって(途中は曲名の紹介だけでしたが最後にスピーチ的なものもありましたね)良かったと思います。
曲はヒステリックブルーを中心に・・・。なかなかコアなところですよね。
最後はオリジナル曲?良い曲でしたよね。
個人的には、カホンのくわっちさんの演奏にも注目しておりましたが、やはりなんかなんちゃってとは違うなあという感じでしょうか
ハギレがいいというか、なんというか。
カホンの音色もちょっと違う方向性の音で、コンガみたいな音色でした。
低音がよく鳴ってましたね。


スノードロップさんです。

20100827珈琲館05

ソロでの珈琲館は初めてでしょうか?
風来坊がどうのこうのという歌や、クラゲがプカプカどうのこうのいう歌を・・・(適当でスミマセン
どっちもオリジナル曲?
70年代フォークのような、しっとりとした曲調で、普通に完成度が高いから、オリジナルっぽくないんですよねえ。
スノーさんの歌声は、やさし~く、囁くように、耳に届きます
ギターも、派手にジャカジャカすることなく、わりとしっとりと弾きます。
途中、☆MOTO☆さんと僕のダブルカホンで参加させていただきました。
全く噛み合わないダブルカホンでしたが(笑)
面白かったです。
3曲しか用意していないといいながらも、なんやかんやで5~6曲は歌いましたでしょうか。
大塚まさじとか、コアな選曲です。
最後はお馴染みのオリジナル「心の風」を歌って終了。

20100827珈琲館06

最後はもう一度KAZUさんと☆MOTO☆さんが出てきて、僕もご一緒させてもらって、もう一度ランチタイムを^^
最後に☆MOTO☆さんがりんごの歌を歌って終了でした。
皆さんお疲れ様でございました。
お聴きくださった皆様、ありがとうございました

次回は9月24日(金)です。
僕は別件があって参加できませ~ん
申し訳ございませぬ。

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010827#
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。