ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木下大サーカス
2010年07月01日 (木) | 編集 |
木下大サーカスを観て来ました

子供の頃、いつも岡山に来てて、テントがあって、その頃はそんなに興味もなかったように思います。
少しはあったかもしれませんが・・・うちの両親も興味が無かったようで、まったく連れて行ってくれませんでした。
まあ、こっちから頼んだことも無かったように思いますが。

そんなぐらいな存在だったんですが、今年も木下大サーカスが岡山にやって来る!
なんだか数年ぶりらしいです。
毎年というわけでもなかったようです。
それはいいとして、木下大サーカス、どうやら「世界三大サーカス」のひとつに数えられているようで、しかも本拠地は岡山だそうではないですか!
今までまったく知りませんでした・・・

その事実を知ってから、なんだか妙に気になり、そういえばサーカスなんて生まれて一度も観た事ないよなあと思い、無性に行きたくなりました。
それで今回見にいってきたわけです!
どうせ見るならええ席を・・・というわけで、リングサイドA席を購入。
入場前売券¥2500プラス指定席リングサイドA席¥2000です。

北長瀬に張られたテント!

201006木下大サーカス01

入り口!!

201006木下大サーカス02

こっから先は撮影禁止だったので写真はありません^^


A席はほんとにええ席で、物凄くステージが近いです

時間となり場内が暗くなる。
照明がグルグル。星が飛び交うよう

第一部は主に人間によるアクロバット系の演目。
信じられないバランス感覚だったり、物凄い高さで有り得ないような動きやら・・・。
見てるだけでハラハラ・・・手に汗握ります。
場内からも要所要所で悲鳴や歓声が聞こえます^^

合間合間にはピエロの2人組みが楽しいコント?を繰り広げてくれます。
なんだろうなあ、この雰囲気。
楽し過ぎる・・・楽し過ぎて泣けてくる・・・
ネタ自体はベタなものが多いんだけど。

第一部後半にはシマウマ4頭が会場をグールグル
綺麗に並んで。
時々フォーメーションを変えながら・・・。
最後は火のついた枠をくぐる。
実によく訓練されてます。
あれ?一番内側のは枠の横を通ってますが・・・

そして大きなキリンの登場!
動物園で観た時より、遥かに近い距離だし、檻もないので、大きさがよりわかります。
すぐ前の席のチビッコがえさやり役になったので、ほんとに目の前でエサを食べる姿が観れました!
デッカイ!!

更に象の登場です。
これまた巨大。
台の上にちょっと窮屈そうだけど綺麗に乗ります。
そっからなんと二本足で立ち上がる!
その瞬間にバケツをひっくり返したようなおしっこをジャバーッと(笑)
想定内なんでしょう、係員が手早く粉とかモップで拭き取ります。
さらに圧巻なのは、立ち上がってこっちに向かって2本足で歩いてくる!!
凄い迫力でした~

それから空中大車輪?
2つのわっかがバーの先に対称に付いてて、真ん中を軸に縦にグルグル回ります。
その中に男性が2人入って、歩く姿勢を維持しながらグールグル。
恐ろしいことに、途中からわっかを飛び出し、外側に立てってグールグル。
上から下に来る時に、すとーんと落ちるような形になるため、その度にワーっと悲鳴があがってました^^

第一部はこんなところだったでしょうか・・・。

10分ほどの休憩を挟みます。
その間、ステージと客席の間には、ものものしい檻がセッティングされていきます。

第二部は猛獣ショーから。
ライガー、ライオン、トラ、計10頭ほどが一人の猛獣使いの指示のもと、規則正しい動きをします。
各自待機する台があって、そこに大人しく乗ってます。
たまに吼えたり、イライラしてたり・・・。
猛獣使いの人はムチや棒を使って指示を出します。
言うこと聞かないと棒で叩いたりしてました。
でも猛獣ですから、本気で反撃されたらイチコロです
緊張感がありましたが、なんとか無事に飛んだり綺麗に並んだり・・・。
たった一人で見事に手なづけてました。凄かったです。
檻があるとはいえ、目の前にライオンがいるのは迫力ありました。
ダルそうに従っている様は、なんか可愛らしかったけど

この後もピエロのコントやら、リズム系のヌンチャクのようなものを操る芸があったり。
盛り沢山、そして退屈させないよう工夫されてますね。
準備に時間がかかるような時はピエロが楽しませてくれて。
ところどころにユーモアの要素があったり。
演者?は外国人が結構多かったです。
世界中から猛者を集めているのでしょうか。


目玉が続きます。
バイクショー!
ドーム上の金網を360度、バイクが走りまわる!
1台から2台に増え・・・ぶつかりそうに見えてハラハラする・・・。
2台から3台に・・・!!
これは今回から初のようです。3台は。
さらにぶつかりそうに見えてハラハラドキドキ・・・。
無事に見事な走りを見せてくれました!

空中ブランコ。
ネットを張ってあるとはいえ、かなりの高さ。
下から見上げる形になります
空中ブランコだけは、上の方の席の方が観やすいかも。
空中ブランコ用のピエロが別にいて、そいつが飛ぶ時だけ効果音が発生するようです^^
テレビとかでは観た事ありますが、生で観るとほんとに凄い!
見事なもんです。
最後は一人ずつネットに向かってダイブ!!
ちょっとドキっとします。
やっぱり空中ブランコは、サーカスの花形ですね~

最後はこれまでの出演者総出でダンス。
いやあ、ほんとに素晴らしかった。
感動で涙出そうでした!
子供に見せるのもいいのでしょうが、むしろ大人の方が楽しめるような気がしました^^
せっかく観るなら、ちょっと高いですが、A席B席辺りで観た方がいいでしょう。
まだ観た事無い方は是非!
8月31日までやっているそうです。
スポンサーサイト
珈琲館ライブ
2010年07月05日 (月) | 編集 |
6月25日(金)

毎月恒例の珈琲館ライブです。


☆MOTO☆さん&KAZUさん

20100625珈琲館01

☆MOTO☆さんが歌ってKAZUさんがギター演奏。
KAZUさんのソロ弾き語り、の流れでした。
☆MOTO☆さんは絢香の三日月などを
KAZUさんは喜納昌吉の花などを
3曲ずつだったでしょうか?
割とサクサクっと終わってしまいました
コミカルなノリの二人の掛け合いが楽しい


ひら

20100625珈琲館02
(写真を撮ってもらうのを忘れてしまいましたので先月のです)

巨女(ゆず)
やさしさに包まれたなら(ユーミン)
療養所(さだまさし)
チェリー(スピッツ)

4曲とちょっと少ないですが、準備する間も無かったので、こんぐらいにしておきました。
いやはや、ゆずやさだソングはたくさんあるけど、他はなかなかないですね
「巨女」は、コーヒーを飲みにどうのこうのいう歌詞なので、珈琲館ライブにはちょうどよいかなと、前から思っていた曲でした
「やさつつ」は魔女の宅急便で使われてましたね。幅広い世代に知られている曲かと思います。
「療養所」と書いてサナトリウムと読みます。結構好きな曲ですが、なかなか歌う機会もないので、この際歌ってみました。
悲しいんだか深いのだか優しいのだかよくわからない内容ですが、泣ける歌です。
「チェリー」は爽やかな曲ですね、春に歌いたい曲です
MCでこういうことを言えばいいんですが、あの場に座るとこっぱずかしくなってろくなことが喋れません


古市くん

20100625珈琲館03

児島の妖精古市君もほとんどレギュラーみたいになってきましたね
相変わらずのオール暗譜に立ちスタイルはカッコよろしいです。
オリジナル曲を5曲ほど。
ハーモニカがいいです。
ワールドカップの曲をふられてましたが、ちょっと厳しいとの事(笑)
お金なんて・・・はタイトル覚えた。
他は・・・タイトルは覚えてませんが、曲は段々覚えてきましたよ。
世界の中心でどうのこうのは歌わなかったかな・・・。
独特の世界観で歌い上げてくれました


さっきーさん&高橋さん

20100625珈琲館04

情感たっぷりに歌い上げるさっきーさん。
張りとキレのある歌声はさすがです
ギターの奏法も独特のフィンガースタイルで、メリハリのある演奏。
高橋さんのリードギターがサポートで入ります。
完全にアドリブでしたが、サラっとあわせられるのは凄いですね。
イムジン河や森山直太郎のさくらなどなど。
タメが特徴的かな。
高橋さんもオリジナル曲の弾き語りを披露してくれました。

20100625珈琲館05

最後は酒と泪と男と女。
良かったです!

時間があまったので、最後にもう一曲、卒業写真を。
しっとりと良い感じでございました

という感じでございました。
次回は7月23日(金)
いよいよヒミレレの登場予定でございます。
よろしくお願いいたします!

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010625#
第11回シーサイドミニライブ「夏祭り、線香花火」
2010年07月06日 (火) | 編集 |
6月26日(土)

某所で初心者ライブの第2回目が行われたこの日、学生時代の友人と先生でプチ同窓会
普通の飲み会とも言います・・・
当初はキャンプやすもも狩りという案もありましたが、結局普通の飲み会でした。
しかし楽しく盛り上がりましたよ~。
最終的には皆でラウンドワンへ行って、その後はおさぼー宅で雑魚寝・・・

お昼頃に解散


6月27日(日)

第11回シーサイドミニライブ「夏祭り、線香花火」

夏本番には少し早い梅雨真っ盛りですが、シーサイドハウスでは「夏祭り、線香花火」をテーマにミニライブが行われました。


玉野NSP倶楽部

20100627線香花火01
(しまくこたんさん、頼むのを忘れていたにも関わらず撮影してくれててありがとうございます!)

2ヶ月前ぐらいから準備してたでしょうか?
今回は新曲を2曲、取り揃えてきました。
3曲目まではたきさんのEWIも有りです

線香花火(みつごろうさん)
面影橋(みきさん)
夕暮れ時はさみしそう(シュンさん)
漁火(ひら)
さようなら(ひら)

というラインナップ。
線香花火と漁火(いさりび)が新曲でした。
そこそこ準備期間もあったし、2回+当日に全体練習も出来たこともあって、なかなかまとまっていたんじゃないかと・・・。
個人的にはちょっと歌詞の間違いなどありましたが、集中して歌えたかなあ
コーラスやハモリがある中で歌うのは楽しいですね(歌の内容は悲しいですが^^)
衣装もそれぞれ夏仕様。
僕は着たことも無い甚平というか作務衣というかやきとり屋の衣装をイトゴで\980で購入して着ました
履物を買い忘れたので裸足なんです。
みきさんは浴衣。
シュンさんは洋風?アロハ?
みつごろうさんは夏休みの少年?バミューダ?
たきさんは普通(笑)
バラバラですが、それぞれ衣装も頑張りました


しまこくたんさん(しまごろう)

20100627線香花火02

しまこくたんさんも日本の夏っぽい衣装。
曲は吉田拓郎づくしで・・・。

御伽草子
たどり着いたらいつも雨降り
恋歌
言葉

拓郎の歌は、和を感じますねえ
最後2曲はみつごろうさんを加えて、しまごろう^^

20100627線香花火03

課題曲?のせんこう花火と夏休み。
開始前にちょろっと合わせた程度だったようですが、うまくいったようです。
ちょっとみつごろうさんのリードギターが聴こえにくかったですが^^
良いコンビでしたね!

KAZUさん

20100627線香花火04

眼鏡をかけて、○っさんスタイルです。
課題曲?の線香花火、良い感じです
流れを聞いてませんでしたが、次はどうやら僕の出番のようです。
呼び込まれてステージへ・・・。

20100627線香花火05
(写真提供たきさんありがとう!)

僕のボーカル、KAZUさんの伴奏でパンプキンパイとシナモンティを。
卵型マラカス♪"Φ( ̄▽ ̄Φ)シャンシャン(Φ ̄▽ ̄)Φ"♪「シャッシャッ」に気をとられすぎて、歌詞が飛びましたが楽しく歌えました
この後オリジナル曲、高満洋子さんのモリコウタを挟みつつ・・・ゲスト2人目は本物の高満洋子さんです!


高満洋子さん

20100627線香花火06

たまたま実家に帰ったときにブログを観て、ここでライブがあるというのを知ったようで、来てくれました
玉野出身で、今は東京を拠点に活動されてるプロのシンガーソングライターです。
NSP倶楽部が終わった時に客席の中におられてご挨拶はしたんですが、実はその時は高満さんだと認識できず、普通に「ど~も~」みたいな感じで接してしまいました
まさかいらっしゃるとは思わないので・・・。
ん~?高満さんに似た人じゃなあぐらいの認識でした(笑)
幕末娘さんの無茶振りにより2曲の予定が3曲に
からだをあらう、妄黙のカラス、日を紡ぐ。
やっぱり凄いなあ、声に力がありすぎる
妄黙のカラスは、何回聴いても鳥肌が立ちます。
ビックリのサプライズゲストでした!

高満さんの後はKAZUさんが今度はピアノで一曲。

20100627線香花火07

半袖という曲を歌いました。


☆MOTO☆さん

最後は☆MOTO☆さん。
KAZUさんのギター伴奏で長淵剛の「夏祭り」

20100627線香花火08

3フィンガーがカッコ良いですね~
そしてサプライズでハッピーバースデイ幕末娘さん!

20100627線香花火09

皆で歌ってお祝いです
粋な演出ですね~。
そして浴衣姿のりょうこさんがピアノで「真夏の果実」「キセキ」

20100627線香花火10

りょうこさんの帯がほどけてしまうというハプニングがあったりしましたが、素敵なピアノ伴奏とともに熱唱でした
次はまた僕です。出過ぎでスイマセン

20100627線香花火11
(こちらも写真提供たきさんです。ありがとう)

カラオケで勝手にシンドバットとミスチルのHANABIでコーラス役。
勝手にシンドバットはあんまり歌うところもないので、賑やかし程度でしたが、HANABIは結構長いこと下でハモるので大変でした。
なんとかモゲモゲにはならずにすんだようです。
フリ付きでした。もう一回もういっか~い
最後はアンコールとなり(仕込みという噂も・・・)チューブのああ夏休みでノリノリのうちに終了!

いやあ、実に楽しい&サプライズ満載なライブになりました。
皆さん蒸し暑い中ありがとうございました!

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010627#
天野滋トリビュートナイト フォーク酒場たる
2010年07月07日 (水) | 編集 |
7月1日はNSPの天野滋さんの命日です。
毎年この日はトリビュートイベントを津山のフォーク酒場たるでは行っています。
平日はなかなか遠方からは難しいのですが、今年は3日の土曜日にしていただけたお陰で玉野NSP倶楽部こぞって参加してまいりました
途中ブラッディーマリーさんも加わり、総勢5名で押しかけました

20:00前に到着した頃は、お馴染みのcopi.さん、k@zuさん、fukudaさんといった常連さん、それからrereさんも。
遠方からつばきさん、supeさんも。
県南チームのほうが人数的には上回りました(笑)

BGMもNSP
1stアルバムだそうです(僕はビギナーなので詳しくはわかりません)

最初は県北組、copi.さんとk@zuさんのコンビ。

20100703天野滋トリビュート01

高校生の時以来の再結成だそうです^^

「雨は似合わない」、「春はもうすぐ」、「さようなら」の3曲を。
早くも玉野NSP倶楽部のレパートリーと全曲被りです(笑)

NSPはハモリが美しい曲が多いのですが、二人のハーモニーが綺麗でした
レパートリー曲なので、当然一緒にハモってました
リードギターも入って良い感じです。
ギターも高級ギブソン&マーチンです。

そして我らが玉野NSP倶楽部。

20100703天野滋トリビュート02

この前シーサイドでやった曲から
「面影橋」、「線香花火」、「漁火」
「白い椅子の陰」は普段シュンさんがメインなのですが、僕が何故かメインボーカルを・・・。
みきさんは最初の曲だけ歌って、後は客席から鑑賞してました(笑)

この後はfukudaさんがソロで歌ったり、みつごろうさんが加わったり、copi.さん&みつごろうさんだったり、みつごろうさんソロだったり・・・。

20100703天野滋トリビュート03

20100703天野滋トリビュート04

20100703天野滋トリビュート05

20100703天野滋トリビュート06

入れ替わり立ち代り、次々とNSPの曲を。
マニアックになると全然知らない曲ばかり。
シュンさんと二人で???でしたが(笑)

いろいろあった後、再び玉野NSP倶楽部。

20100703天野滋トリビュート07

「あせ」、「夕暮れ時は寂しそう」などを・・・。
残りは「さようなら」ぐらいしかレパートリーが無くなった為、僕はカホンに逃げたり。

20100703天野滋トリビュート08

この後もほとんど絶え間なく(みつごろうさんが繋ぎと称して暴走モード)ステージで誰かしらが演奏している感じで・・・。
最後は「さようなら」を歌いました。

玉野NSP倶楽部はギターをみんな置いてきたので、copi.さんとk@zuさんのギターをお借りしました
お二人とも高級ギターを惜しみなく使わせていただいてありがとうございました。
copi.さんのギブソンSJ-200はズンズン低音が響いていいですね。
k@zuさんのマーチンはHD-28だそうです。

そんなこんなで楽しい時間はあっという間で、ボチボチお帰りです
帰りもワイワイでしたので、長い道のりも短く感じましたよ。

皆様お疲れ様でした!
とても楽しい1日になりました。
NSPの素晴らしい音楽を、頑張って後世に歌い継いでいきましょう
そしてまた、皆でたるにも遊びにいきましょう。

フォトアルバム(rereさんたくさん撮ってくれてありがとう!)
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/201073NSP#

新しいカメラ「PowerShotS90」のデビューイベントでした。
簡単に今まで以上の質の写真が撮れてしまいます。
ブレないし、ピントもちゃんとあってるし・・・。
今までどんだけ苦労してたんだろう


フォーク酒場たるのブログ(この日に歌われた曲が全部書いてあります!!)
http://acoustic.blog.ocn.ne.jp/taru/2010/07/post_f693.html
七夕ライブ フォーク酒場たる
2010年07月08日 (木) | 編集 |
7月4日(日)

毎年行われているイベントで、男女ペアユニットによる限定ライブです。
今年は4組が参加。
僕はrereさんとのコンビで、「ヒミレレ」として出演です

七夕ということで、rereさんは浴衣で、僕は甚平で。
持ち時間は25分。順番はトップでした。

20100704たる七夕ライブ01
(写真撮影よっちやん、ありがとうございます!)

タンポポ(オリジナル)
メロンパンのうた(ゆっぴ)
線香花火(さだまさし)
ここから永遠が(オリジナル)

タンポポは特に説明もいらないかな
CDよりは若干テンポ落としてます。
3フィンガーもなんとかとっちらからずに出来ました。
2曲目の「メロンパンのうた」は、ゆっぴという女の子が9歳の時に作詞作曲、CDデビューした曲です。
それを三十路で歌う・・・非常に勇気のある行動
演奏は3フィンガーの渋さが光るものなので、頑張って3フィンガーしました。
この曲だけrereさん立ちでした。

20100704たる七夕ライブ02

僕がメインの曲、さだまさしの「線香花火」
この曲は基本的にはひとりでたんたんと歌われてますが、無理やりウクレレとハモリを。
なかなか綺麗に仕上がったと思います。
「ここから永遠が」は、みつごろうさん作詞、rereさん作曲の新曲です。
本邦初公開
90%ぐらいは2~3年前ぐらいに既に出来ていて、残りが出来ずに放置されてました(笑)
実はランチタイムよりも早くに90%は出来ていました。
3拍子のウエディングソングになっております。
ランチタイムみたいに僕とrereさんのツインボーカル風??
なんとかやりきりました。
MCでは大阪で買った「消えない花火」を使ってみたり・・・。

20100704たる七夕ライブ03

20100704たる七夕ライブ04

時間はピッタリ25分!!


心音~こころね~

20100704たる七夕ライブ05

岡山市からの参加だそうです。
若いユニット。
結成自体は4月にしたばっかりとのこと^^
オリジナル曲と、カバーではドリカムの未来予想図IIを。
女性ボーカルに男性のギター伴奏のユニットですが、ボーカルも凄く上手いです
とても丁寧に歌っている印象ですね。
ギターの伴奏も、ただジャカジャカしているだけではなく、いろいろやってる感じで素晴らしい。
何より音色が素晴らしい(笑)
非常に自然なラインの音作りをしてました。
オリジナル曲やフライヤーなども用意していたり、しっかりしてますね!
とても素晴らしかったです
また10日にもたるでライブするそうなので、是非観にいきましょう。
その時にはオリジナルのCDも完成して販売するそうです。


即席ジルベルト

20100704たる七夕ライブ06

いつもはクミコジルベルトとして活動されてますが、この日はギター担当が違ってる即席ユニットなので、即席ジルベルトだそうです^^
ボサノヴァの曲を得意としております。
クミコさんは浴衣姿で良いですね
途中、扇子を持って日本舞踊チックな「舞」も披露してくれました。

20100704たる七夕ライブ07

和とボサのミスマッチングが面白いですね。
曲は「イパネマの娘」などのボッサスタンダードナンバーを中心に。
最後は長渕剛の「順子」をボッサアレンジで。
この曲はクミコさんもギター弾いてました。

20100704たる七夕ライブ08

フォークソングもすっごくオシャレに聴こえますね~。
ボサノヴァを歌うには、感情を込めては駄目なんだそうです。


T's BOX

20100704たる七夕ライブ09

常連さんの卵ご飯さんと春待手紙さんのコンビ。
TはたくろうのT。
BOXは山崎ハコを指します。

ひょっこりひょうたん島(2番から替え歌)
七夕様(童謡)~星空(風)のメドレー
御伽草子(たくろう)
ビートル(山崎ハコ)

などを。
いきなりひょっこりひょうたん島、しかも替え歌で楽しい展開です
T's BOXのテーマソングなんだそうです。
ボサノバからいきなりこのギャップの凄さ・・・(笑)
MCでもおおいに笑わせてもらいました。
でも歌はキッチリハモリもあったり、リードギターもあったりと良い感じに仕上げてます
とても楽しませていただきました。

浴衣姿だったりと、衣装も楽しいライブになりましたので、いろいろ写真を撮ったり・・・。
最後は皆で記念撮影!

20100704たる七夕ライブ10

楽しいライブになりました。

皆さんどうもありがとうございました
また是非ご一緒しましょう。
たるでは7月24日(土)サーズデイジャンボリーでヒミレレも出演です。
またよろしくお願いします。

フォトアルバム(ライブ後のよっちやんのパホーマンス写真もあります)
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/201074#

フォーク酒場たるのブログ(集合写真や全セットリストが載ってます)
http://acoustic.blog.ocn.ne.jp/taru/2010/07/2010_a673.html
PowerShotS90(デジカメの話)
2010年07月09日 (金) | 編集 |
さて、イベントレポ日記は全てアップし終えました。
レポ日記以外の日記を久々にアップ
いや、ある意味これもレポ日記か・・・

キヤノンのコンパクトデジカメ「PowerShotS90」を購入しました

powershots90.jpg

それまでは見た目重視で金色の綺麗なIXY DIGITAL L4を使っていました。

IXIL4.jpg

初めて買ったデジカメなんですよ~。意外とそれまでは写真なんて撮る必要ないぐらいに思ってましたから^^

買ったのは3年近く前にもなるんだなあ。こういう時に日記は便利ですね。

http://hirahimilele.blog16.fc2.com/blog-entry-195.html

人様の書いた紹介記事
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/09/4944.html

これ以上見た目が良いデジカメは未だに出会ったことありません。
それぐらいデザインは素晴らしいのですが、そこに全精力を注ぎすぎているせいか、当時の同じくらいの価格帯のデジカメの中でも、画質・性能面では見劣りするものでした
それでもなんとか設定をいじくりたおしたり、多めに枚数撮ったりして頑張ってきましたが、いい加減しんどくなってきたので新しいデジカメを買おうかなと調べてみました。

僕の主なデジカメの用途は、圧倒的にライブ写真が多いです。
ライブ写真は、室内でちょっと暗い。
尚且つ被写体は動く。
場合によっては無理な姿勢で撮らなければならない。
などなど、なかなか綺麗な写真を撮るには難易度が高いのです。
フラッシュを炊く事はなるべくしたくないし・・・。
ということで、見た目を度外視して、暗くてもブレにくいカメラを探してみることにしました。

それですぐ目に留まったのがキヤノンの「PowerShotS90」

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/Canon-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-Power-Shot-PSS90/dp/B002LZU2DW/ref=pd_bxgy_e_text_b

キヤノン
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s90/index.html

いろんなブログなどで使用した感想や、実際に撮った写真を載せてたりしますが、みんな基本的にベタ褒め。
見た目はあんまり好みじゃありませんけどね・・・
カメラっぽいですけど^^
僕はメタルメタルでキンキラしたのが好きなので(笑)
デジタル一眼はちょっとモノモノしくなるのが嫌だったので、コンパクトデジカメの範囲で探してたんですが、デジタル一眼に迫るほどの写真が撮れるとの事。

それから一番決め手になったのは「ローライトモード」というISO12800という驚異的な高感度で撮影できるモード。
これだけ高感度でもザラザラとしたノイズが写真に乗っからず、綺麗に撮れてます。
これだけ高感度なら、ライブで動きの激しい人でも、ブレずに撮れるのでは。
値段も¥28000弱とお手頃。
SDカードで使いまわせるし・・・ということでこうなったら誰も止められん・・・もう店頭で見るまでも無く即「ポチ」!!

数日で家に届き、7月3日のNSPトリビュートナイトの時に初めて実戦投入しましたが、うーん、なんとも・・・AUTOとかで簡単に今まで以上の写真が撮れてしまいます!
くっきりした画質だし、ほとんどブレません。
今までアップの写真は、喋ってる時や、マイクに向かって歌ってる時など、動きが固定される時ぐらいになんとか五分五分撮れるかどうか??ぐらいだったのが、ゆ~らゆらリズムに乗って動いている最中でもピタッ!!とブレずに撮れてしまいます(多少ブレる時もあります)
もう楽です!格段に楽!!
しかも綺麗!格段に綺麗!!
アップした写真を観て貰えればわかると思います。
もっさり感が無くなってます。

まだちょっと細かい機能を把握しておりませんので、ほぼオート任せなんですが、それでも綺麗に撮れます。
素晴らしい!
液晶画面も大きくて見やすいし・・・今までのは小さくて、その画面で見たら綺麗に見えるのに、帰ってパソコンに取り込んだら実はブレブレだった・・・なんてのがしょっちゅうでしたから

前のも動画はなかなか綺麗に撮れるので、動画用として活躍してもらおうかなあ。

というわけで、これからはPowerShotS90くんに活躍してもらいますので、よろしくお願いします
アコースティックナイト~心の奏~ フォーク酒場たる
2010年07月14日 (水) | 編集 |
7月10日(土)

フォーク酒場たるのライブを観てきました。
心音~こころね~という男女ユニットと、「奥野和憲と北村将吾」のジョイントライブです。
心音は、七夕ライブで一緒に出場しました。
「奥野和憲と北村将吾」は大阪から遥々参加です。


心音の二人が最初のようです。
岡山市に済んでるようなので、ちょっと遠いですね
あ、僕のほうが遠いですね

20100710たるアコースティックナイト01

オリジナル曲とカバー曲を半々ぐらいの割合で。
ややオリジナルが多いぐらいでしょうか。
ボーカルはtakaさん。
しっかりした発声で、高音も綺麗に伸びてビブラートも効いてて上手いです
ギターはhiroさん。
元々エレキの人らしいんですが、アコギを弾いてみたら良かったらしく、それ以来弾いているのだそうです。
うすーいエレアコ?ですが、アコギらしい良いラインの音でした
やっぱりパリパリ感が無いほうがいい。
ストロークだったり、指弾きだったり・・・ただジャカジャカと単調に弾くだけではなく、いろいろとやってました。
指弾きする時にピックを口にくわえるのが良いですね

カバー曲は、ルージュの伝言(ユーミン)、世界中の誰よりきっと(中山美穂&WANDS)、空に唄えば(175R)の3曲を。
聴き馴染みのないオリジナル曲を延々聴くより、知っている曲があると聴き易さはアップしますね。
この辺は人それぞれだと思いますが・・・。

コピーじゃなく、カバーでした。
結構みんな安易に「カバー」っていう人多いですが、ちゃんとカバーするのって難しいんですよね・・・コピーも難しいですけど。
コピーにもカバーにもなっていないってのもいろんな人の聴いてて結構多いですけどね
心音はしっかりカバーしてたと思います。
ゆったりめな優しいアレンジになってました。
選曲も良いですね

オリジナル曲も爽やかな感じで聴きやすかったかなと思います。
まあ、オリジナル曲なので、1回や2回聴いただけではなかなかわかりませんけどね
後半はカホンも入ってリズミカルに♪

20100710たるアコースティックナイト02

二人とも上手ですが、まだ結成してから半年も経っていないので、これからもっとユニットとしてよくなっていくのではないでしょうか。
また聴かせて欲しいと思います
45分ほどで終了。


しばらく休憩のあと、2組目「奥野和憲と北村将吾」の二人です。

20100710たるアコースティックナイト03

先ほど心音の後半からカホンで参加していた北村将吾さんがパーカッションとコーラス。
奥野和憲さんがボーカル&アコギです。
大阪の人間ということで、トークは完全に関西のノリですね
必ずツッコミが入ります(笑)
北村さんがツッコミ役で、奥野さんがボケですね。

曲は全曲オリジナル。
シンプルで分かり易い曲が多かったです。
フォークソングが好きなようで、そのこともあって割とフォークソングに近い雰囲気だったように思います
コーラスやハモリが付いてとても良かったです

最後は全員でステージに。

20100710たるアコースティックナイト04

「白色ヘッドフォン」という曲を皆で。
ノリの良い曲なので、たくさんの手拍子の中盛り上がりました

アットホームな雰囲気の中、楽しいライブになりました。
また是非聴かせて欲しいです。
お疲れ様でした!

フォトアルバム(カメラが新しくなったもんだから、いろいろライブと関係無い写真もあります
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010710#
ヒミレレライブのお知らせ
2010年07月20日 (火) | 編集 |
ヒミレレ初の「ツアー」2days


【1日目】
7月23日(金)19:30~22:00(ヒミレレの出番は21:00過ぎぐらいからのトリになります)
珈琲館玉野店(TSUTAYA玉野店内)
チャージ料なし、要お茶代等、駐車場あり(珈琲館利用の場合、駐車券を機械に通すと3時間まで無料)
簡易PAによる、生音に近い感じのライブになります。
他の出演者、順番等は未定・・・。


紆余曲折あり、のらりくらりと地味にやっております、ひら&みつごろう&rereの3人ユニット「ヒミレレ」
玉野と津山という遠距離ユニットゆえ、なかなか3人揃うのは困難です
休みの日もバラバラだったりするので、ますます困難。

そんなヒミレレのライブを観るのも非常に困難。
たいがい津山でのライブになりますので、県南組は困難ですね

というわけで、今回はrereさんに無理を言って、玉野でもライブしてもらえるように頑張ってもらいました
県南の方々、特に玉野近郊にお住まいの方々はいらしていただけたらと思います。
玉野に限らず、岡山・倉敷・他の方々も、津山はさすがに・・・という方々は、是非よろしくお願いします
3人揃うのは非常に困難なので、3人揃ってのヒミレレライブは、これが最後になる可能性が高いです。
もし次があったとしても、何年後とかそんな話になると思いますので、お見逃しなく・・・。

3人揃うと言ってますが、実はこの日みつごろうさんは仕事の日なので、タイミングが悪ければ揃わないかもしれません
その際はご了承下さい。
揃ってなくても大丈夫なアレンジにしてますが、揃った方がより良い感じになるような曲は、なるべく後ろのほうでやるとかギリギリまであがいてみようとは思ってます


【2日目】
7月24日(土)19:00開場、20:00開演(ヒミレレの出番は最初です)
津山市フォーク酒場たる、サーズデイジャンボリー
チャージ料なし、要飲食料、駐車場なし(お近くのコインパーキングまたは秘密の場所に停めて下さい)
http://acoustic.blog.ocn.ne.jp/taru/2010/06/2live_9984.html
(2年前の写真ですので、僕が大変スリムに見えます

サーズデイ企画の若手音楽仲間によるジョイントライブ。
ヒミレレ以外にも、注目の若手を中心にいろんな人々がライブをします。
楽しい空間になること間違いなし!
いつもお世話になっている、津山の「フォーク酒場たる」にて。
この日はよっぽどのことが無い限りは3人揃ってお届けできますので、こちらに来れるのであれば、こちらの方がオススメかもしれません。
両方来ていただいても良いですが、やる曲はどっちも一緒です^^
オリジナル3曲+ウクレレメインのインスト1曲+3拍子の和フォーク1曲+男2人女1人組の混声洋フォーク1曲の全6曲でお送りいたします!

というわけで、初の2日連続ヒミレレライブ!
繰り返しますが、これで最後かも。最後でなくとも次はおそらく数年後になると思います。
お誘い合わせの上、ご来場、よろしくお願いします!


あ、ヒミレレのCDも何枚か持っていきますので、まだ貰ってない方ありましたら貰ってやって下さいね。
今あるのを配りきったらちょうど100枚ぐらいです。
今回のライブでは、このCDに収録してある曲は全部やりますよ~
ではでは、金曜日か土曜日にお会いしましょう!
高満洋子さん/R・O・M・Aライブ デスペラード
2010年07月21日 (水) | 編集 |
こちらもよろしくお願いします
【ヒミレレライブのお知らせ】7月23日(金)玉野珈琲館、24日(土)津山フォーク酒場たる
http://hirahimilele.blog16.fc2.com/blog-entry-789.html


7月16日(金)

20100716高満洋子ライブ

高満洋子さんのライブを観にデスペラードに行って来ました。
デスペには高満さんのライブ以外ではほとんど行かないなあ・・・
場所的には安い駐車場からも近いし行き易いです。

今回はR・O・M・Aというバンドとのジョイントでした。
以前も一度同じ組合せで観た事あります。

最初は高満さんソロでの弾き語り。
電子ピアノでの弾き語りです。
ピアノの弾き語りとしては、かなりレベルは高いと思います
歌のクオリティも、演奏のクオリティも、高いレベルで融合してます。
ピアノの弾き語りをする人は、是非一度観ることをオススメします。
玉野出身ということを抜きに考えても素晴らしいシンガーソングライターだと思います

歌声の特徴としては透き通るような透明感のある声質で、伸びやかな感じでしょうか。
ファルセットの伸びが素晴らしいですね
曲調はどこか和のテイストのある楽曲が多いかな。
拍子がコロコロ変わるような変則的なものや、歌詞がスキャット的な造語だったりするような変化球的な曲もあります。
基本的にはメロディアスで誰の耳にも聴きやすい楽曲が多いと思います
着物を着てライブする時も多いですが、この日は洋服でした。

MCもマッタリとしていながら、結構面白いことを言うので、ちょいちょい笑わせてもらいます
今回は途中で、R・O・M・Aの阿部さん(ベース)と一緒に一曲やりました。
地下の秘密基地のようなスタジオの話とか、「てろてろ」が有名な矢野絢子(じゅんこ)さんの話とか、いろいろな話をしてくれました。

今回は宅録でCDを制作し、販売していました。
CD-Rを販売するのはどうだろう?と思っていままでしなかったようですが、あまりにも音源化している曲と、持ち歌の数に開きがありすぎるため、今後は定期的に作っていこうかなとのことでした。

1時間弱ほどでステージは終了。


R・O・M・Aの登場です。
R・O・M・Aは、昔山下達郎らと「シュガー・ベイブ」という伝説のバンドを一緒にやっていた松村邦男さん(ギター&ボーカル)と、うじきつよしの「子供ばんど」(デビュー前)などに所属していた阿部OHJIさんが中心のバンドです。

他の編成は毎回変わるのかもしれませんが・・・。
ドラムと電子ヴァイオリンとスティールパンの5人編成でした。
前回はテルミンがいたりしました^^

歌は阿部さんか松村さんが歌います。
厚みのあるコーラスがあったりします。
曲の内容は、身の回りのとるに足らない事を歌ってるのが多いでしょうか
なんとも力の抜けるような内容です。
好きに作った曲を好きにやってるという感じがします。
しかし演奏技術は物凄く高いですね
リズム、グルーヴ感、素晴らしいですね。
玄人ウケしそうなバンドです^^
いぶし銀というか・・・。
電子ヴァイオリンはいろいろエフェクトを変えたりして良い雰囲気を出してました。
ヴァイオリンが入ると、なんだか曲が上品になりますね^^
スティールパンも生で観たのは初めてのような気がします。
なんとも陽気な音がしますよね~。

後半は高満さんもコーラスとして加わり、更に厚みの増したコーラスを聴かせてくれました。

アンコールではザ・ピーナッツの「恋のバカンス」を高満さんのリードボーカルで。
中域の声を張って歌う高満さんも素晴らしい~。
楽しいステージでした。

終わってからはCDを買ったり、少し高満さんともお話したり。
また是非玉野でも歌って下さいね~。
金曜日の夜にしてはちょっとお客さんが少なくてもったいなかったかなあ
次回は皆さんも行きましょう!
カラパラっと踊ってまねかれて
2010年07月23日 (金) | 編集 |
いよいよ今日・明日ですよ~
参加表明して下さってる皆さんありがとうございます。
参加出来なくても応援して下さる皆さんの声もとてもありがたく思ってます
【ヒミレレライブのお知らせ】7月23日(金)玉野珈琲館、24日(土)津山フォーク酒場たる
http://hirahimilele.blog16.fc2.com/blog-entry-789.html



7月17日(土)

この日は朝から朝まで(笑)1日なんやかんやしておりました。

朝から藤崎のKARAPARAにて、ヒミレレライブに向けてのウクレレピックアップ取り付け&サウンドチェック&練習。
いやあ、しかし日中は安いですね。
フリータイムでも600円でした
福田CADサービスの貼り付け式のピックアップをウクレレにペタっと。
プリアンプが剥き出しなので、ちょっと見栄えはよくありませんが、音はほとんど生音と一緒!
頑張ってアンプも持っていったけど、カラパラはフォーンジャックがそのまま機械に挿せたため、店の機材で音出し出来ました^^

一通り練習を終え、次はシネマタウン岡南へ。
踊る大捜査線3を観る。
レギュラー放送時から観ている身としては、見逃すわけにはいきません。
かなり良かったなあ~。
詳しくは書きませんが、やっぱり面白いです!
が、レビューとかを見ると酷評の多いこと。
ふーむ…c(゜^ ゜ ;)

で、終わってから玉野のまねき猫に移動し、「皆でワイワイ、まねきでカラオケ&生ライブ」という探り探りな企画に参加。
(PA機材や楽器をカラオケ屋に持ち込んで、カラオケも生ライブも出来る的な企画)

2号室という、カラオケをするには充分広い部屋に通されましたが、パーティールームじゃないの?と思い一応Pルーム使用の可否は問うてみたけどその時は断られた^^
KAZUさん、foggyさんが来られ、機材を汗だくになりながら搬入&設置
機材をセッティングすると、広い2号室でも狭く感じる・・・。
かなり部屋のレイアウトもイジくり倒してボチボチはじめる?という雰囲気になっていた頃にPルーム使用の許可が!

調度人数も集まってきた頃だったので皆で大移動。
Pルームはアホみたいに広い・・・。

20100717まねきPルーム

楽にセッティングできます。
機材はキーボードまであるという豪華仕様。

そこからはかわるがわる弾き語り形式でライブしたり、カラオケの人はカラオケしたりとそれなりに順繰りにまわっていきました。
僕は基本的に弾き語りでゆずや○っさんを。
くわっちさんがカホン叩いてくれて楽しかった。
弾き語りでは難しいので、1曲カラオケで防人の詩を^^
それから元々やろうとしてたけど誰もやらなかった「カラオケをバックに流しながら合わせて弾き語りシリーズ」をゆずの「いつか」でやってみました。
途中ちょっとズレたりしましたが^^これはこれでアリだなと・・・
結局これをやったのは僕とKAZUさんだけで2曲だけでしたけど。

KAZUさんの伴奏で「つゆのあとさき」「天までとどけ」なんかも歌わせてもらいました。
foggyさんボーカルでふきのとうの「風来坊」の伴奏をしたり。

キーボード生弾き語りあり、カラオケあり、EWIあり、カホンあり、いろいろバラエティに富んでました。
広いし、お菓子もたくさん持ち込んで、飲み物はドリンクバーで飲み放題で。

ざっくばらんな集まりなので、そんな肩肘張らなくても歌ったり出来るし、楽しく盛り上がりました
僕は☆MOTO☆さんが持ってきてくれたカホンをたくさん叩かせてもらいました
手が痛くなった^^
カホン楽しいなあ~、というわけで、実は先日買ってしまいました(笑)
今日珈琲館に持っていきます(笑)
いや、前々からずっと欲しかったんですよ・・・。

時間も深夜になり、一人、また一人と脱落・・・
3時の時点でも結構残ってましたが^^
最終的にはどどっと引き揚げて、残りは3名だけに。
まあ、そうなってからすぐ終了でしたが、最終的に帰ったら4時半ぐらいじゃったかなあ^^
久しぶりに明るくなってから眠りました
さすがに疲れた^^
でも楽しかったです。
またやりましょう~
参加した皆さん、お疲れ様でした。
池崎浩士 立体映画館「雨に唄えば」フォーク酒場たる
2010年07月26日 (月) | 編集 |
23日、24日、ヒミレレのライブにお越しくださったかた、応援してくれた方、ありがとうございました。
大きな怪我もする事無く、無事に終えることが出来ました。
レポ日記はおってアップするとして、まだ書いていないものから順次アップしていきます。



7月18日(日)

この日は各地でライブがあり、どこも魅力的だったのですが、早い段階でお約束していたのでこちらに行って来ました。

いけざきさんは過去2回、ライブを観てますが、一人芝居や落語と、ギター弾き語りを織り交ぜてやるという変わったスタイルです。
これが面白くて、いつも楽しませてもらってますが、今回は「立体映画館」
滋賀県出身で東京在住の池崎さん。

20100718_池崎さん01

滋賀県には映画館が無いということで、代わりに立体映画館をやろうと思ったとか。
津山にも映画館がないので、親近感が沸くと言ってました。

立体映画館、元になるのは「雨に唄えば」
僕は原作しらないので、ストーリー等はわからないのですが、それでも問題なく楽しめましたよ!
だいぶアレンジが加わってた模様です(笑)

うーん、なんでしょうか、この魅力は。
基本的に一人芝居で話は展開していくのですが、キャラクターというか、喋り方というか、それが独特で引き込まれます

20100718_池崎さん02

割とアドリブも効いてて、ちょっとした地元ネタなんかも織り交ぜて、こちらを笑わせてくれます。
話の流れから、歌に移っていきます。

20100718_池崎さん03

場面場面に合わせた歌を歌うので、イメージがわきやすい。
オリジナル曲なんですが、聴きやすいですね。
歌だけでも充分聴かせられるだけのクオリティを持ってます
奥田民生や、ゆずや、ミスチルを彷彿とさせるようなパワフルで、ハイトーンかつ力強い歌声。

芝居も細かいところなんかはその都度変わって行ったりするんでしょうけど、よくこれだけ長い構成や曲や歌詞を覚えてられるもんだ・・・。

今回は更に衣装もいろいろ着替えて凝ってましたね。
作業着、ヘルメット、スーツ、傘、ワイシャツ、ネクタイ、帽子、・・・眼鏡も2種類ぐらいあったかな?
交通整理をしている時、腕章にもちゃんと「津山交通」と書いてあったりと芸が細かい(笑)

20100718_池崎さん04

場面転換の時にはステージの端で生着替え。

20100718_池崎さん05

何故か電気を一回消して、着替える前にまた付ける^^
普通着替えたりする時は暗くするんじゃ・・・?
サービスの一環でしょうか(笑)

芝居の中でいろんな芸を見せてくれます。
一番わかりやすいのではパントマイム系でしょうか。
それからボイスパーカッションでドラムの音をやってました。
他には早口で長い文句を噛まずに最後まで言い倒す的なやつ。
最初は大失敗で笑わせてくれました
それから落語の技で蕎麦をすするやつ。
これはまだ未完成だったようです(笑)
それぞれの出来栄えは、専門でやってる人ほどのキレ味はないにしろ、いろんなものを取り入れ、よりよくしていこうとしているのが見受けられて良いですね。

そして後半唐突におとずれる傘一回転の大技!

20100718_池崎さん06

開いた傘を縦に回して柄の部分をキャッチするという難しい技です。

緊張の中、ブワッと回しましたが・・・回り過ぎて掴みそこね、なんとかかんとか柄じゃないところを掴んだという結果になってしまいました
しかしもう一度、後にある場面で無理やり傘回しを差し込み、今度は見事成功!!
劇的な展開で、このライブ一番の盛り上がりとなりました

ストーリーはクライマックス。
最後はちょっと泣きそうになった・・・
また歌が良いんだよなあ~。
無理じゃない、やってもいないのに無理かどうかなんてわからない、挑戦しよう!というメッセージが込められていたように思いました。

20100718_池崎さん07

20100718_池崎さん08

ほんとに良いライブ?を見せてもらいました。
また見せて欲しいと思います。
まだ見たこと無い方は、是非今度また観ましょうね~、楽しいですよ!


フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010718#

本家たるのブログ
http://acoustic.blog.ocn.ne.jp/taru/2010/07/live_2082.html
ヒミレレ練習→ホットライン→カホン
2010年07月27日 (火) | 編集 |
ヒミレレライブレポは、この次の日記になります。
お待ちくださいね~


7月19日(日)

うみの日で休みです。
子どもの頃は意味の無い祝日でしたが、社会人になってからは凄く貴重な祝日となってます

さて、この日は朝からまねき猫でヒミレレ3人揃っての練習でした。
3人での練習は、曲目決めてからはここへ来るまでに、何ヶ月も前に一回合わせただけ。
それも2回も当日にダメになったりと・・・下手すればぶっつけ本番で珈琲館?とか不安いっぱいでした
1回だけの練習で本番というのもどうかと思いますが^^
それぞれ個人練習や、2人練習などはしてた(はず)。

実際に合わせてみると、思ったよりはまとまってたかな。
割と真面目に、充実した練習が出来たと思います。
お昼過ぎには練習終了!
早い!(笑)

そこからイオン倉敷へ移動
11月にORiONで共演した「はるかぜ」くんが島村楽器のホットラインというイベントに出場するそうなので、応援に行ってきました。

この日の出場者は4組だそうです。
はるかぜくんの前に、中学生のなんちゃらくんが弾き語り(名前忘れました・・・)

20100719ホットライン01

斉藤和義が好きだという渋い中学生(笑)
アコギで弾き語りをした後、なんちゃらファルコン?(ごめんなさいエレキ系さっぱり)という白と金の高そうなエレキ?で弾き語り。

20100719ホットライン02

ん~、中学生の癖に高級ギターだなんて生意気な・・・とかなんとかちょっと思ったとか思わないとか
実力の程は・・・うーむ、全てにおいてまだまだでしょうが、中学生でこれだけ出来れば・・・。
今後の伸びに期待ですね

2番手ははるかぜくんです。
いつもの赤いシャツに帽子姿。

20100719ホットライン03

ハモニカとギターの弾き語りです。
MCもサクサク喋ってて、以前よりぐっとよくなってたと思いますよ
歌は19に強く影響を受けており、歌う曲はオリジナルです。
ハモニカが吹けるのは良いですね。
ファルセットを多用する歌い方が特徴。
ややピッチコントロールが甘いのが難点ですが、以前よりはかなり良くなってると思います。
だいぶ場慣れしてきたんでしょうね。
という感じであっという間に終了(1組2曲ずつぐらいですからね)

ライブの模様が録音されてて、その出来によって、次のステップに進めるかどうかが決まるそうです。
毎年はるかぜくんはトライしてますが、まだ予選を勝ち抜いたことが無いので、次に進めると良いですね

残りの2組はスルーして・・・カホンをポコポコ見てみたり・・・。
3万円代のぐらいしかいいのが無かったので、ちょっとスルー。

岡山まで遠回りして、長谷川楽器によってみることにしました。
ここは国産カホンメーカーで定評のあるらしい濱崎商会のカホンを取り扱っているらしいので。

いろいろ叩いてみましたところ、濱崎商会の置いてあるやつは、ちょっと高い3万円以上するのと、2万弱のは好きな音色じゃなかった^^
たぶん他のタイプだと普通の音のもあるんでしょうけど、取り寄せするのも面倒。
ARCOというこれも国産メーカーでは評判の良いらしいメーカーの2万弱のがなかなか好きな音だったので、それを買うことにしました。
1万7000円、SW-50という初心者には扱いやすいモデルだそうです。
前々からずーっとカホンは欲しいと思ってたんだけど、いつもちょっと高いなあって買い渋ってたんです

最近☆MOTO☆さんやくわっちさんのカホンを叩かせてもらって、いいな~っていう思いが再燃してきていたので、勢いで買いました。
久々にポチっとじゃなく、現物をちゃんと見て買い物したような気がします

さてさて、これで気軽にみんなとセッションしたりして楽しめます。
ギターだと、アドリブスキルが無さ過ぎて全然セッション出来ませんからね・・・。
リズム楽器のスキルは、全くゼロで、なんちゃってカホンですが、それでもそれなりにセッションは出来ますからね
たぶん、この「それなりに」から次のステップに行くのが難しいのでしょうけど^^
路上なんかにも持っていきますので、一緒に遊んで下さいね~。
毎月恒例珈琲館ライブ(ヒミレレツアー初日)
2010年07月28日 (水) | 編集 |
7月23日(金)

毎月恒例の玉野珈琲館ライブ。

今回はヒミレレが出場です。
ヒミレレ2daysツアー玉野・津山の第1日目です。


まずはKAZUさんと☆MOTO☆さんの交流会チームが、三日月や、祇園会、Birthdayなどを歌いました。

20100723_珈琲館01

相変わらず二人の掛け合いがおもしろいですね。
ちょっと少なめかな?というぐらいで終了。
マニアなさだソングが良いですね。
今日は僕がさだソング歌わない分、他の人が頑張ってくれました(笑)


続いて児島の妖精、すっかり珈琲館のレギュラーと化してる古市くんです

20100723_珈琲館02

お金なんて、ぐらいしかタイトルが覚えられない・・・。
4曲ほど全てオリジナルソングで、何回か聴いてきたのでだいぶ覚えてはきました。
1曲聴いたこと無い曲があったなあ、サッカーがどうのこうのとか。
独特な声と、間と、ハーモニカがいいですね。
こちらもちょっと少なめで終了。


再び交流会チームが登場し、☆MOTO☆さんの歌で長渕の「ろくなもんじゃねえ」を。
僕もせっかくカホンを持ってきているのだからと、横で叩かせてもらいました。

20100723_珈琲館03

続いてKAZUさんオリジナルの「雨とアジサイ」を。
☆MOTO☆さんと僕のダブルカホンで(笑)

20100723_珈琲館04

ダブルになったからといって、効果的な叩き方がよくわかりませんでしたが
良い曲ですよね~


仕事終わりのみきさんが駆け付けてくださり、KAZUさんと○っさんの「風の篝火」を。
一曲入魂。

20100723_珈琲館05

しっとりと良い感じでございます
ギターのイントロや間奏もいいですね!


さて、ラストはヒミレレです。
みつごろうさんも無事に合流し、3人揃ってのステージ。

20100723_珈琲館06

なかなか3人揃うのも難しく、合同練習すらままならない状況なので、このライブも具体的に曲とか決めてからも3ヶ月以上は経ってますかね・・・
当初はフォーク酒場たるのイベントに参加する方向で話を進めて言っていたのですが、たるだと玉野の人達がいくのは難しいでしょうということで、半ば強引に珈琲館ライブに盛り込んでもらいました。
その甲斐もあって、たくさん観に来ていただけました
忙しい中を無理して来てくださったり、ほんとに感謝します!

さて、曲目は

ランチタイム(オリジナル)
愛の夢(インスト・リスト)
Puff(PP&M)
背中合わせの心(オリジナル)
流星ワルツ(ふきのとう)
タンポポ(オリジナル)
ec:なんとなくなんとなく(ザ・スパイダース)

以上、6曲+1曲でした。

今回楽器は全てライン出力。(うちギター1本はKAZUさんのをお借りして)
マイクは2本で、メインとコーラスで1本、残りは生声という編成でした。

20100723_珈琲館07

思ったより緊張してしまいましたが、それなりに練習はしてきたつもりなので、なんとかまとまった内容だったと思います。
ヒミレレとしての持ち味は出せたかなあと思います。
今回の目玉としては、やはりPP&MのPuffですかね~。
男2人に女1人と同じ編成なので、3重唱を頑張りました。
他の曲は2人でもあまり違和感の無いアレンジだったりするわけですが、この曲は3人じゃないとキマリませんね。
歌詞は一部日本語でしたが
他の曲はまたまとめて別の日記にしようかなあ。

そんな感じで40分ほど、ちょっと長くて恐縮ですが、楽しく過ごせました。
たくさんの人に生ヒミレレを観てもらえて良かったです。
ありがとうございました!

次回は8月27日(金)です。
よろしくお願いします。

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010723#
第2回サーズデイジャンボリー フォーク酒場たる(ヒミレレツアーファイナル)
2010年07月29日 (木) | 編集 |
7月24日(土)

ヒミレレ2Daysツアー玉野・津山のファイナル!!

いつもお世話になっている津山のフォーク酒場たる。
ここの常連さん若手バンドの「サーズデイ」企画による第2回サーズデイジャンボリーにヒミレレも参加させてもらいました

早めに津山入りし、直前の練習。
前日の珈琲館の結果もフィードバックしつつ、最終確認です。
練習も終盤に差し掛かった頃、物凄い雷雨が・・・
車に乗るまでのわずかな時間だけでビショビショになりました
凄い夕立でした~。

リハがあるのでたる入りした時には、かなりの小降りになっていて良かったです。
リハは滞りなく進み・・・と思ったけど、どうもウクレレの音が出たり出なかったり・・・
ピックアップの接触が悪いのか、電池が切れかけなのか。
プリアンプ部はむき出しで、ウクレレ本体にテープで貼り付けただけのものですからねえ。
ちょっと不安を残してのリハ終了。

19:00頃に全員のリハも終了。
しばらく談笑した後、時間となりステージへ。

サーズデイ国米さんからの紹介を受け、ジャンボリースタートです!

20100724_サーズデイジャンボリー01

颯爽と一曲目、というところでしたが、ウクレレの音が生音です^^
ちょちょっといじったら音が出ました。
うーん、不安・・・。

セットリストは前日と一緒です。

ランチライム(オリジナル)
愛の夢(インスト・リスト)
Puff(PP&M)
背中合わせの心(オリジナル)
流星ワルツ(ふきのとう)
タンポポ(オリジナル)

愛の夢の時にもウクレレの音が最初出てませんでした
ちょっと休むと消えるの??
Puffなんか、ウクレレはずーっと弾いてるわけではなく、ちょこちょこ弾く感じなので、途中から出なくなるのでは?という不安がありましたが、それ以降は無事にずっと鳴ってくれました。
鳴るとさながら生音の良い音なんですが、ちょっと今後は使用を考え直さないといかんなあ。

20100724_サーズデイジャンボリー02

しっかりリハしてバランスとって・・・という環境なので、音響的には珈琲館より良かったでしょう。
ステージの中からもそんな気がしました。
それにしても僕のギターのピックアップの音は良い・・・

大きな怪我無く全曲終了。
昨日よりは落ち着いてたかな?
前日にライブしてるし、この日は事前に練習も出来てるし。

30分をちょっと過ぎるぐらいで終了。
ちょっといらんこと喋り過ぎたかな


2番手は最年少、高校生の「まゆり」ちゃんです。

20100724_サーズデイジャンボリー03

YUIや阿部真央をスタンディングで堂々と弾き語り。
YUIは好きなので、結構聴いてるはずなんだけど、新し過ぎて知らん曲だった^^
他はなんとなく聴いたことある曲でした。
若手らしく、初々しさが見えるステージですが、しっかりとMCも挟んで堂々としたものです。
いやあ、でもこんな若い時から人前で歌うって、凄いですよね。
僕なんてアホなことばっかりして過ごしてた年頃です。
3曲ほどで終了!


3番手は「坂手」くん。

20100724_サーズデイジャンボリー04

帽子と眼鏡がトレードマークで、最近になってたるに通い詰めているようです^^
凄く綺麗な声をしてます。
しっとりと歌い上げるような曲にピッタリですね。
ハナミズキ、明日晴れるかな、糸の3曲を。
オープンステージなどでは何回も歌ってますが、ライブという形では初めてのようで、結構緊張していたようです


4番手は「いけだぁ」くん

20100724_サーズデイジャンボリー05

ぢょに組のメンバーとしても有名ですが、ソロでもテクニカルなギターさばきを魅せてくれました。
拓郎の旅の宿、そして山崎まさよしの「パンを焼く」・・・この時のギターテクが凄かったなあ。よく歌いながらあんなに左手が動くもんだ
山崎まさよしが好きな人は、みんなギターがうまいですねえ・・・。
最後は福山雅治の「HELLO」。
世代的にもドストライクなので凄く盛り上がりました


最後はもちろん「サーズデイ」

20100724_サーズデイジャンボリー06

同級生四人組のアコースティックバンドなのですが、4人揃うことが結構稀なユニットです。
この日は見事全員揃って、完全版サーズデイのステージを見せてくれました。
アコギ2本、カホン、ベース、時にハモニカという編成です。
サーズデイはなんといってもオリジナル曲の完成度が高いのです!
曲作りのセンスがいいんだろうなあ。
ところどころハモリやユニゾンなんかもあり、しっかりと味付けもされてます。
最後に歌った一番の代表曲「サービス残業II」は、いつ聴いてもなんともいえない気持ちになります。
5曲ほどの後、最後はアンコールで上を向いて歩こうを皆で歌って終了。
とても楽しいイベントになりました

普段はフォークソング世代の人達で盛り上がることが多いのですが、たまにはこんな感じで、若手中心のライブも楽しいですね。
そんな中にヒミレレも加えてもらって嬉しかったです。
ランチタイムで始まり、サービス残業、そして上を向いて歩く・・・と、ストーリー的にも良い感じでした(笑)


サーズデイの皆さん、楽しい企画をありがとうございました!
また、共演者の皆さんも、素晴らしい演奏をありがとうございました。
遠くから近くからお越しくださったかた、ありがとうございました。
ほんとに嬉しかったです
たきさん、写真撮影ありがとう!
たるのマスター、ママさん、いつもありがとうございます。
またよろしくお願いします


次回は8月21日(土)
みほりょうすけさんというプロのミュージシャンのオープニングアクトをヒミレレ(ヒレレ)で務めさせていただきます。
みほりょうすけさんは、さだまさしさんに影響を大きく受けてらっしゃるようで、カバーして結構ライブとかでも歌ってるらしいです。
その関係で、マスターが僕に声をかけて下さいました。
なので、2曲ぐらいはさだソングを歌おうと思ってます。
お暇な方はどうぞお誘い合わせの上よろしくお願いいたします。
この後は、ヒミレレほどではないにしろ、ヒレレもちょっとしばらくライブからは遠ざかることになると思います(1曲とかオープンステージとか、ざっくばらんな感じのステージはあるとは思いますが)
どうぞお見逃し無く!!


フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/114354144149170074955/2010724#

本家たるのブログ
http://acoustic.blog.ocn.ne.jp/taru/2010/07/2_002b.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。