ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BURNING KITCHEN ライブ
2008年11月07日 (金) | 編集 |
今更ながらですがあせあせ(飛び散る汗)先週の土曜日のライブレポです。

土曜日はデスペラードにBURNING KITCHENのライブを観にいきました。
マイミクぬまださんのバンドでするんるん

会場にはDJのn-styleさんが常駐して、場内のBGMなどを担当しています。



1番手はバニキチと、このイベントを企画した「Artificial Hallucination」ぴかぴか(新しい)



ウェーブ長髪に仮面と、異様ないでたちで、機材を操り、音楽を操ります。
ステージ横にあるディスプレイに、音楽に合わせてCGが流れるといった感じです。



音楽はトランス系なのかな?
それに合わせてステージで頭を回したりヘッドバンキングしたり^^
ステージの周りを悠然と歩いたりと、様々なパフォーマンスを繰り広げておりましたわーい(嬉しい顔)


2番手は「EACH COLOR」ぴかぴか(新しい)



若い3ピースバンド。
ドラムとベースとギターの男子です。
ジャンルは、パンクもしくはロックといったところかな。
ベースの人もギターの人も、どちらもメインボーカルを務めてました。
頑張ってる感じがして、良かったですねわーい(嬉しい顔)
これからもっともっと良くなっていくんじゃないでしょうか。


3番目は「もみじ」もみじぴかぴか(新しい)



女性フルート&ボーカル+男性ギター&牛です牡牛座
相変わらず精力的にライブを行っているようです。
岡山のライブハウスに観に行くとかなりの頻度で出てますわーい(嬉しい顔)



今回は、ボーカルのまおさんが、風邪をひいてて、しゃべりの声がガラガラでしたがあせあせ(飛び散る汗)
歌の方ではいつもと変わらない透き通ったパワフルな歌声を聴かせてくれました。
フルートの幻想的なリードが良いですねるんるん
更に、新曲も2曲披露。
これがまた素晴らしかった。
最後の曲は「ド」に主眼を置いた曲で、Cコードだけで出来てたんじゃないかなあ。
でも曲としてちゃんと出来てました。面白いアプローチですねわーい(嬉しい顔)

「もみじ」と言えば、おなじみの牛くんのトーク牡牛座ぴかぴか(新しい)



今回は、やや巻き気味でしたが^^それでもしっかりと会場を笑わせてくれましたウッシッシ
まおさんも含め、岡山弁丸出しの喋りが良いんだよなあわーい(嬉しい顔)

ここで遅れてゆかレレさんが到着走る人
いやあ、間に合って良かったね~わーい(嬉しい顔)


4番目は「ぶるぅす地獄少女」ぴかぴか(新しい)



テンガロンハットの濃い~お兄さんがメインボーカル。
周りを女性陣が固めて、ノリノリの曲で会場を盛り上げてくれましたグッド(上向き矢印)
コメコメコメコメ!とみんなで叫ぶ曲が盛り上がったなあウッシッシ
エレキギターを下げているけど、全く使わないボーカルの方・・・。
しかし最後の最後に弾き出しましたるんるんめっちゃ上手いしあせあせ(飛び散る汗)
いやあ、ニクイですなあむふっ


最後は「BURNING KITCHEN」ぴかぴか(新しい)



「こんばんは、ばあにんぐきっちんです。」とぬまださんのエラくゆるいトーンで始まりましたウッシッシ
が、演奏が始まると一変exclamation ×2
もうギター弾きまくりで、歌いまくりで、カッコイイ!手(グー)



このバンドは、最初にぬまださんが立ち上げて、以前に一人で孤独にライブしてるのを観たんですが^^
今はドラムとベースも加わって、3人編成。立派なバンドになっております。
それで、ぬまださんがギター&ボーカルを務めているのですが、歌を歌いながら、かなりギターも弾いてます。
歌いながらじゃあ難しそうなフレーズなんかも弾きこなしてます。
凄いなあぴかぴか(新しい)
間奏などでは、ここぞとばかりにギターソロ!るんるん
早弾きなんかもあったりと、いろんなパターンのフレーズを披露してくれました。



エフェクターのフットスイッチなんかも、演奏しながらや歌いながらバンバン切り替えて、忙しそう^^
良くあんなにいろんなことを一度に出来るもんだなあ。

演奏が終わった後のトークは、終始マッタリした低音のトーン^^
時に陽水みたいな喋り方になってたりしてましたウッシッシ
場内からは笑いが起こりますグッド(上向き矢印)
独特のこの雰囲気、ぬまださんワールドが炸裂してました。いやあ、おもしろかったわーい(嬉しい顔)
この演奏とトークのギャップがまた良いですねウッシッシ

ライブ終了後は、自主制作音源のCDを貰いましたCD
あんまり時間も無くて、ゆっくりお話出来なかったのが残念でしたがあせあせ(飛び散る汗)
CDも良く出来てます~指でOK
ボーナストラックにはおもしろソングも収録されてたし(笑)猫

BURNING KITCHEN最高ですね~わーい(嬉しい顔)
ますますのご活躍に期待しますぴかぴか(新しい)
ぬまださん、ありがと~!るんるん
スポンサーサイト
つじあやの 一番街イルカの広場ライブ
2008年11月08日 (土) | 編集 |
今更ながらですがあせあせ(飛び散る汗)今週の月曜日のライブレポです。

日曜日は岡山一番街のイルカの広場で、つじあやののライブがありました。
11月から、一番街がリニューアルオープンしたそうで、その記念のイベントだそうです。

開始は14:00からだったんですが、13:00過ぎぐらいには到着。
でも既にかなりの人!ふらふら
ステージ前に並べられてた椅子はもう埋まってしまってましたあせあせ(飛び散る汗)
仕方がないので、スタンディングでなるべく前の方の場所を確保し、開始まで待つことにしました。

13:00過ぎ頃に、一度リハーサルでつじあやのさん登場!わーい(嬉しい顔)
いやあ、この前テレビで観た人が目の前にいるって凄いねえほっとした顔(完全にミーハー)
かる~く一曲弾き語りした後、「14:00からお願いしま~す」と言って下がられました。

だいぶ待ってあせあせ(飛び散る汗)お時間となり、ステージにつじあやのさんが再び登場!わーい(嬉しい顔)
軽い挨拶のあと、オリジナルを弾き語り。
ウクレレの優しい音色と、つじさんの優しい歌声がマッチして、心地いい音を奏でまするんるんぴかぴか(新しい)
みんなじーっと黙って聴き入ってましたねほっとした顔

その後もカバー曲で松田聖子のスイートメモリーや、ユーミンのルージュの伝言などをるんるん
オリジナルではジブリの「猫の恩返し」のテーマ曲「風になる」や、めちゃイケで流れている曲などを歌ってくれましたわーい(嬉しい顔)
ハミングやビールの、CMでおなじみの曲を歌ってくれたり。
おっとりとした歌声(っていう表現も良くわからないけどあせあせ(飛び散る汗))っていうイメージだけど、実際聴くと張りがあって、綺麗な声でしたぴかぴか(新しい)
やっぱりプロは良いものもってるなあわーい(嬉しい顔)
30分ぐらいの短いステージで、あっという間だったんですが、良いもの聴かせてもらいました。
「なんとなくなんとなく」が聴けなかったのはちょっと残念でしたが^^
岡山は初めてだそうで、また来て欲しいですねわーい(嬉しい顔)

ライブ終わりにたきさんが見つけてくれて、一緒に帰りました車(セダン)
よっちやんも来てたそうですが、どこにいるかはわからなったですねたらーっ(汗)
そのぐらい人、人、人、でした。
たまたまたきさんは近くに陣取ってたから分かったんだそうなウッシッシ

そんな月曜日の午後でしたわーい(嬉しい顔)
石垣島スライドショーとグァムの風景
2008年11月09日 (日) | 編集 |
会社のTさんが、石垣島の写真を厳選して、スライドショーを作ってくれましたわーい(嬉しい顔)


携帯の方は、フォトアルバムで大量の写真を観るのもなかなか大変だから、こういうムービーの方が楽に観れるかもしれませんね。
石垣島出身の「夏川りみ」が歌う「涙そうそう」が良いですねるんるん
BEGINとどちらをチョイスするのか迷いそうですね^^

それから、もう一つ。
今年の2月に行ったグァムで撮った動画をまとめて一本に繋げたものをYOUTUBEにアップしました晴れ


前々からアップしようかなと思ってましたが、繋げると音がズレズレになったり変なことになってたりしたので保留にしてましたあせあせ(飛び散る汗)

良いソフトが見つかって、やっとアップした感じです。
ちなみに携帯の方は、MYTUBEで「グァム旅行の風景いろいろ」と検索してもらえたらヒットするかと思います。
適当に撮った短い動画を繋げただけですたらーっ(汗)
BGMは石垣島出身の「やなわらばー」で「風」ぴかぴか(新しい)
ちょっと手元に良い音源がなくて、カップリング曲という非常にマニアックな選曲となってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
三線とギターの女性デュオ。
ハーモニーが綺麗でするんるん

これから寒くなる季節ですね雪
しばし、南国気分を味わって下さいまし晴れ波ぴかぴか(新しい)スノボわーい(嬉しい顔)


さて、明日(日付変わって今日)はライブです。
地元玉野でのライブだけに、気合入れて頑張りたいと思います。

でも今日は1日寝倒してしまったなあ・・・。
夜寝れるか心配ですあせあせ(飛び散る汗)

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=36329290&comm_id=2360002

お暇な方はお出で下さい。
寒いから、服装には気を付けて下さいね。
玉野宇野港夢市場
2008年11月14日 (金) | 編集 |
11月9日(日)
宇野港でのフリマ&野外ライブ等のイベントに参加してきました。

久しぶりにソロでの出場。
でも、何故か飛び入り扱いで、15分の持ち時間しか無かったあせあせ(飛び散る汗)

出番は一番最初。
特攻隊長として、場を盛り下げるフォークソングを歌ってきましたるんるん

いちご白書をもう一度
加茂の流れに
秋桜

どれもこれもイマイチな出来だったあせあせ(飛び散る汗)
最近ちゃんとした弾き語りの練習が出来ていなかったと言い訳しておこう。
やっぱり自宅での控えめな練習だといかんですね。

ピックアップの音も、なんかイマイチだったような気が・・・。
良くも悪くも、生音に忠実な音過ぎたというか、もうちょっとパンチを聴かせた方が良かったのかな。
良かったのかな、とは言っても、こちらとしては特にイジリようがないんだけど^^

もうちょっとリバーブを利かせてもらった方が良かったのかも。
そんなことを思いました。
アルペジオ系が多かったしね。
ジャンジャカ鳴らすには、良かったのかもしれませんが・・・。

とまあ、反省点はかなり多かったライブでしたが、地元玉野で歌えたことには意義があったかなと思います。




会場はこんな感じで・・・

次は琴のアンサンブルでした。




聴き馴染みのある曲を多数。
ポニョとか。
凄くお上手で、琴の独特の音色で、ポップスとか面白いですね。
特に衝撃的だったのは、アリスの「チャンピオン」ぴかぴか(新しい)
琴でチャンピオン!なんかミスマッチで面白かったるんるん




直島生まれの玉野育ち、今は倉敷在住だそうです、大西てつじさん。
張りのあるボーカルと、確かなギターテクニック。
伸びのある高音も出て、実に落ち着いたステージ。
各地でかなりライブをされてるそうで、素晴らしいミュージシャンでした。

名前はちょくちょく拝見してましたが、初めて聴かせて貰いました。
たまげたバーガー(ビーフではなく魚の「ゲタ」のすり身を焼いたのが挟んであって美味しい)のテーマソング「たまげたバーガーの歌」を、マイミクのよっちやんのウクレレサポートで。
ノリノリでコミカルでシャレも利いてて良い歌でしたるんるん
よっちやんも、当日聴かされて初めて合わせたのに、しっかりと演奏されてましたわーい(嬉しい顔)




こちらは紙芝居のおばちゃん。
他にもたまげたバーガーの販売や、イベントの司会と、マルチに活躍してましたわーい(嬉しい顔)
暖かい雰囲気で、良い人だったなあ。
紙芝居も良い感じでしたわーい(嬉しい顔)




同じく飛び入り扱いとなったたかさん。
わざわざ半袖一枚になって、熱いライブを展開ウッシッシ
初めての玉野ライブ、楽しんでもらえたかな?
相変わらず面白いお喋りを展開してたね~ウッシッシ

たかさんの他に、しょうくん、ひょいくんもお友達と一緒に来てくれて、チームIT勢ぞろい!
いやあ、まさかしょうくん、ひょいくんに会えるとは。
来てくれてありがとう、こんな何も無い町に(笑)




キーボード演奏はブチさん。
なんと、僕が玉原の大池地区に住んでいた時の幼馴染であることが発覚ふらふら
実は何回かブチさんのライブは観た事あって、「ブチ」ってネーミングと、その風貌から、なんとなく、予感はしてたんだけど、向こうから話し掛けてくれて発覚しましたあせあせ(飛び散る汗)
兄の同級生ですウッシッシ
いやあ、驚いた^^




ニシナミユキさん。
芸文館では毎月のようにご一緒してましたが、実にお久しぶりでした^^
いやあ、今回もしっかり聴かせて頂きましたるんるん
村下孝蔵さんの「初恋」を歌いました。
久しぶりにニシナさんバージョン聴きましたが、やっぱり良いでするんるん
僕が歌ってもしっくり来ないですが・・・村下さんの曲は、難しいんですよね。
見事にカバーされてるニシナさんはさすがです!



今回は、それに、なんといっても、この手話の方との共演。
ニシナさんのオリジナル曲に合わせて、手話。
凄く良かったです。
歌詞を間違えたりしたみたいですけど^^
それをネタに笑いに変えてましたウッシッシ
手話分からない人にはわかんなかったです。




最後に登場は、オカリナとギターのインストユニット
(ユニット名、覚えてなくて申し訳ないです・・・)

ギターは持参したアンプをマイク撮りしてました。
ちょっと生音とは違った音作り。
その音色がオカリナの綺麗な高音と良くマッチしてました。
やっぱりいろいろ音作りも工夫しないといけないんですねぴかぴか(新しい)
奥が深い。

オカリナで弾く「無縁坂」はなかなか面白かったわーい(嬉しい顔)
他にもいろんな聴きなじみのある曲をたくさん聴かせてくれました。
いやあ、オカリナの音色って、癒されますね。

そんな感じで、このイベントも終了~。

玉野の割には盛り上がってたんじゃないかな(笑)
ちょっと寒かったけど・・・。

それから最初から最後までいてくれたたきさん、ありがとう!
よっちやんもありがとうございました。

他にもスタッフの方、お客さん、みなさんありがとうございましたぴかぴか(新しい)
これからも、盛り上がっていくイベントになれば良いですね。

僕はちょっと出直しじゃあせあせ(飛び散る汗)




さて、次は11月24日の津山モンレーヴライブ。
こちらもちょっと本格的な感じになってきたので、気合入れて練習しまするんるん


大西てつじさん with よっちやんで「たまげたバーガーの歌」

携帯の方は、MYTUBEで、「たまげたバーガー」で検索して頂けたら観れると思います。
久しぶりの再会
2008年11月16日 (日) | 編集 |
金曜日の夜はマイミクのsugar先生とお会いしてました。

先生に会うのは何年ぶりでしょうか・・・。
十年は経っていないとは思いますが、僕はまだ働く前だったので、相当前になると思いますあせあせ(飛び散る汗)

先生は今は静岡で暮らしているため、なかなかお会いする機会がなかったわけです。

今回は結婚式に出席されるために帰省するということで、声を掛けてくれました。

趣味が献血なので(笑)この日は午後に金沢で献血をしてから岡山まで来ると言う事で、超ロングドライブ!
なんと、1日で1000キロ走ったみたいです^^
ろくに睡眠もとらず、お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

当初の予定より数時間遅れての到着となってしまいましたが、ジョイフルにていろいろお話出来ました。

近況報告もありつつ、懐かしい地名やら人名やら・・・。
普段メガネをかけていた先生でしたが、この日はコンタクトレンズで、ちょっと違和感がありましたが^^以前と変わらない姿、変わらない口調とかが嬉しかったです。

相変わらず話題が豊富で、独自の面白い視点で語られるいろいろな話は聞いていて「へぇ~~」の連続でした。
短い時間でしたが、いろいろ話が出来て楽しかったですわーい(嬉しい顔)

静岡のお茶のお土産も頂きました。
帰ってから美味しく頂きました。
ありがとうございますぴかぴか(新しい)

懐かしい人に会うと、なんかいろいろ思い出しますね。
懐かしい単語が出てくると、何年振りに聞いた!?って感じで、盛り上がります。
なかなか会うことは出来ませんが、また笑って話が出きるように、これからもしっかり生きていこうと思いました。

お疲れのところ、sugar先生、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
またお会いできる日を楽しみにしていますぴかぴか(新しい)
REDBOXライブ ニシナミユキさん かぼす
2008年11月18日 (火) | 編集 |
日曜日は倉敷REDBOXに、ニシナミユキさんのライブを観に行って来ましたわーい(嬉しい顔)

ニシナさんはオープニングアクト的な位置づけで、この日のメインは「かぼす」というプロのユニット。

D'ERLANGER(デランジェ)というロックグループのボーカルのKYOさん、そのKYOさんが所属するもう一つのバンド「BUG」のギタリストのASAKIさんの二人ユニットです(合ってるかな?あせあせ(飛び散る汗)
BUGのアコースティック版といった位置づけでしょうか。
KYOさんのボーカル+ASAKIさんのギター+ハモリといった、いわゆるコブクロ的なスタイルです。

最初は「黒のカリスマ」(今は「セクシー&ダイナマイツに改名したらしいです^^)というロックバンドるんるん
ドラムがDVDという異色なバンドでした^^
演奏はしっかりしてましたが、ボーカルの方が、かなりのエンターテイナーで、会場に降りて走り回ったり、オモシロトークでかなり盛り上げました。
いやあ、面白かった!ウッシッシ
最後には、ちゃんと?ドラムセットにボーカルの方が座り、カッコ良いドラムソロを決めてました!指でOK
エネルギッシュなステージが終了。


2番手はニシナミユキさん。
一人で弾き語りです。
お客さんが、県外からの方が多く、かなりアウェイな感じだったみたいですが^^気合の入ったステージでした!手(グー)
やっぱり、さすが!でしたねわーい(嬉しい顔)
前のステージが異様な雰囲気でしたが^^ニシナさんが歌いだすと、すぐに空気感が変わったような気がしますぴかぴか(新しい)
ニシナミユキを初めて聴くには、この5曲だろう、という曲を厳選して歌ってくれました。
「月の光」は初めて聴きましたが、しっとり系の良い曲でした満月ぴかぴか(新しい)
しっとり系では他に「坂道」サッカー、個人的にニシナさんの中で1、2を争う好きな曲です。
「毒りんご」りんごではPOPで軽快な感じを、「花火」衝撃ではブルース系統で絶叫系のパワフルさを、「無期懲役」人影ではロックでカッコ良い感じを。
ニシナさんの魅力が存分に味わえる選曲でしたね。
初めて聴く人にも充分アピール出来たのではないでしょうか。
素晴らしいステージを魅せてくれました!るんるん


そしていよいよメインの「かぼす」の登場です。
ファンの方からの声援と拍手に迎えられて登場。
KYOさんのパワフルなボーカルにASAKIさんのハモリが加わり、厚みのある歌。
さすがプロと思わされるようなギターバッキングと、マッタリ目でおもしろいトークが魅力的でしたわーい(嬉しい顔)
やっぱり全体的に余裕が漂う感じですね。
初めての場所で、それなりに緊張はされてるかと思うんですが^^
音楽的には、アコースティックですが、ロックですね~手(グー)
たまにブルースチックな感じもあったりと、聴き応え満載なライブでした。
プロは凄い!ぴかぴか(新しい)

アンコールでは、東北訛りトークで、場内の笑いを誘います。
歌はバシっとカッコ良く決めて、トークはマッタリと^^
楽しませていただきました。
今度はバンドでも、是非来たいとのこと。
マッタリし過ぎたせいか、今度はバンドでリベンジとか言ってましたウッシッシ

たっぷりと歌とトークで楽しませてくれた「かぼす」のライブも惜しまれつつも終了。
オールスタンディングだったのがちょっとこたえましたがあせあせ(飛び散る汗)非常に楽しいライブでしたわーい(嬉しい顔)
ニシナさん、お疲れ様でした!
良いライブをありがとうございました
ぴかぴか(新しい)
大阪・・・そして津山
2008年11月24日 (月) | 編集 |
日付が変わって昨日は大阪に行ってきました。

詳しくはまた後日必要以上に詳しく書きますが、奥井亜紀さんのライブを観に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

それはもう、最高でした・・・泣き顔

日付が変わって今日は、津山のモンレーヴで、BGM的ヒミレレライブです。

これもまた後日詳しく書くと思いますが、頑張ってきまするんるん


マイミクさんの日記にも、いろいろコメントはしたいのですが、ちょっと時間が無くて、今書いても適当なコメントになってしまいそうなので、また落ち着いたら書かせてもらいますあせあせ(飛び散る汗)
津山モンレーヴ ヒミレレGライブ
2008年11月27日 (木) | 編集 |
24日(月)は、津山にあるストーンスパ&カフェダイニング「モンレーヴ」でヒミレレライブを行ってきました

その模様を必要以上に詳しく書きましたので、お時間のあるときにマッタリ読んでやってくださいまし

モンレーヴHP↓
http://www.monreve-net.biz/index.html

きっかけは、ここの常連さんである、ゆかレレさんとスタッフさんとの、会話の中から生まれたもの。
どこにきっかけがあるかわからない、面白いものです。
ゆかレレさんのサービス精神というか、人柄が呼び込んでくれたような、そんなライブです

さて、ライブ、とはいっても、通常のものとはちょっと毛色が違い、今回のイベントは、ボジュレーヌーボー解禁記念のイベントです。
メインはあくまでワインとお食事と、そこでお客さんがマッタリ楽しむそれぞれの時間。
そのお手伝いとして、僕らの音楽をBGMとして使ってもらうというコンセプトです。

お店側としても、こういうイベントは初めての試みだということで、アドバイザーの方を招いたりして、かなり本格的に取り組む姿勢となってました。
事前にお店で打ち合わせなんかもして、ちょっと本格的過ぎて、我々なんかでいいものかという不安もありました
22日は、たるでおなじみのスーパーユニット「ing mong」さん、23日は美作大学の音楽教授をされている岡田先生のオルガン演奏と、凄い方達を招いていたので、ますます不安が
でもお店のスタッフの方や、オーナーさんも、温和で気さくなとても良い方がただったのが良かったです。
それに、オーナーさんは、音楽の趣味を持っておられ、ある程度その辺りの理解もあり、お互い共通の知り合いなんかもいたりして(ing mongさんもそうです)和やかに話が出来たのは良かったです


そんな事もありつつ迎えた本番当日。
外はあいにく、朝からずっと止みそうに無い雨

直前練習をコッソリ済ませ、わざわざ僕らのライブを観るために、イベントチケットを購入して来てくれたTちゃんとよっちやんとも合流し(ありがとうございます!)、会場入り

演奏する場所はお店の入り口近辺。
今日は、僕らが一応メインで、合間合間にDJの方がBGMを流してくれることになってます。
前日に引き続き、岡田先生も来られ、更に、たるでお馴染みのウクレレマン(改め、レレG)師匠もご一緒

DJ陣の機材や、電子オルガンなど、所狭しとひしめいていて、場所のセッティングにかなり手間取りましたが、無事に音を出せるようになり、ちょろっと合わせて演奏してみたところ、音響のバランス的にはバッチリ!とのこと
前の2日間はアンプ等を通していたので、ちょっと大きいかなと感じておられたようです。
僕らはマイクも何も無しの生演奏&生歌です

レレG師匠も僕の横に座ってくれて、一緒に合わせて演奏してくれることになりました。
ウクレレ×2、ギター×2、なんてバランスの良い布陣だろう!
夢のコラボが実現です




BGM的な位置づけなので、MCは無し
適当なところで、なるべくモタモタしないように演奏を開始する感じです。
モタモタしてると、店内がシーンとしてしまうので^^
どうしてもチューニングやら、楽器交換したりする時間は、他の暇なメンバーが適当に音を鳴らしたりして繋ぐ感じです

第一部、ちょっと予定の18:00を過ぎてからの開始。


 1.小さい秋みつけた(ウクレレソロ、ギター伴奏添え)
 2.Fly me to the Moon(ウクレレソロ、ギター伴奏添え)
 3.素直になれなくて(ウクレレソロ、ギター伴奏添え)
 4.春風(Dreamシーサー/vo.ゆかレレさん)
 5.なんとなくなんとなく(ザ・スパイダース/vo.ゆかレレさん)
 6.なごり雪(かぐや姫/vo.ひら)
 7.木枯らしに抱かれて(小泉今日子/vo.ゆかレレさん)
 8.真夜中のギター(千賀かほる/vo.ゆかレレさん)


小さい秋みつけたでは、レレG師匠がハモリパートを演奏してくれ、もの凄く良い感じに!
これは感動ものでした
他もカポを使ったりしないといけないような曲以外は、積極的に参加してくれて、ハモリやコーラスも随所に入れてくれて、ゴージャスになりました。
凄く楽しく演奏できたなあ
マイクとかが無いので、緊張感も少なく、個人的には凄く落ち着いて、楽しく演奏できました。
お客さんも、意外と聴いててくれて、演奏が終わると拍手をしてくれたり・・・。
僕らの音楽を受け入れてくれて、とても嬉しく思います

内容も、練習よりうまいことできていたように思えます。
細かいミスは、やはりありますが、なんだかよくわからない雰囲気の中では良くやれたほうだと思います^^
特に今回気をつかった、全体でのバランス、ここはうまくいっていたみたいで、良かったです。
いやあ、それにしても4人での演奏、楽しいなあ
一人だと、楽しむ余裕が無いですから

MCも無いので、サクサクと曲は進んで、30分弱ぐらいで第一部終了。
DJの方々にバトンタッチし、僕らは2階の控え室でマッタリ。

出演者へドリンクのサービス
みつごろうさんとゆかレレさんはヌーボーを^^
僕はアイスコーヒーを頂きました

DJの方はとてもムーディーでオシャレな音楽をチョイスして流してくれていました。
これだけでも充分成立する

マッタリしていると、岡田先生がご来店です。
風邪をひいている中、駆けつけてくれました。

最後には、先生とコラボをすることになっていたので、簡単に打ち合わせ。
簡単に、とは言っても、先生から出てくる質問は、とても音楽的で僕らはタジタジ
いえ、そんな大したことしてませんから・・・
とりあえず、一部や二部で演奏する曲と同じものをチョイスしているので、僕らの演奏を聴いてもらいつつ、適当に合わせてもらうという形で落ち着きました。
はてさて、どうなるものやら楽しみです。


時間も経って、第二部のスタートです。
一部と同じくレレG師匠も一緒に。

後にコラボするためのサウンドチェックがてら、数曲、岡田先生も一緒に演奏してくれました。

第二部

 1.ランチタイム(ヒミレレ/vo.ゆかレレさん)
 2.小さな竹の橋で(ウクレレソロ、ギター伴奏添え+vo.レレG師匠)
 3.真珠貝の歌(ウクレレソロ、ギター伴奏添え)
 4.亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジシンガーズ/vo.ゆかレレさん with 岡田先生の電子オルガン)
 5.スマイル(ホフ・ディラン/vo.ひら)
 6.翼をください(赤い鳥/vo.ゆかレレさん with 岡田先生の電子オルガン)
 7.あのすばらしい愛をもう一度(ザ・フォーク・クルセダーズ/vo.ゆかレレさん)
 8.「いちご白書」をもう一度(バンバン/vo.ひら)
 9.遠い世界に(五つの赤い風船/vo.ゆかレレさん)

2~4と6、僕はクラシックギターで。
7と9は、初めてサムピックを使った3フィンガーで弾きました。

最初に電子オルガンの音が出た時に、「オッ!」みたいな変な音が出たので、笑いをこらえるのが大変でしたが
「小さな竹の橋で」では、レレG師匠が歌ってくれて、ゴージャスになりました。
他にもハモリやコーラスが増えて、凄く良い感じで、楽しく演奏できました

「いちご白書」をもう一度は、このライブをするきっかけになった、スタッフさんが好きな曲らしく、ゆかレレさんたっての希望で選曲したものです。
この日はそのスタッフさんは、日中に用事があるので、お休みを取っていたのですが、わざわざお客さんとして来てくれました。
ちょうど、いちご白書の用意をしている辺りで、その人も帰りかけていたのですが、ゆかレレさんが引き止めて^^聴いてもらえました
感激して泣いてくださいました
その時のゆかレレさんの興奮っぷりがちょっと面白かった
しっかり聴いて頂いて、ありがとうございました

第二部が終了し、今度は先生とバトンタッチ。
先生は、マイクでのMC有で、いろんな曲を演奏しました。
ジャジーな感じで、電子オルガンの音色が幻想的に響き渡って、心地よい空間を演出してました。

その間、僕らはまたマッタリしてたんですが、食事を出してくれるとのこと!
美味しいパスタを一人一品ずついただきました
上げ底ならぬ下げ底?
パッと見た感じ、少なそうに見えますが、結構ボリュームもあって、腹ペコを満たしてくれました。
味付けも美味しかった

この後、予定より時間がおしてしまったため、数曲の間、レレG師匠にステージをお任せして^^Tちゃんを家まで送り、再びお店に戻り、第三部の開始。

第三部は一度やった曲ですが、先生の電子オルガンとのコラボレーション。

「素直になれなくて」「なごり雪」「亜麻色の髪の乙女」「あの素晴らしい愛をもう一度」の4曲をしました。
オルガンの音がちょっと大きかった感がしましたが、楽しく一緒に演奏できました。
こういう一夜限りな感じ、楽しいですね。ミュージシャンの醍醐味って感じです
もっといろいろアドリブできれば、もっともっと楽しくなるんでしょうね。

その後は先生のリードで8ビート版「ジングルベル」
ズッタンズズタン、ズッタンズズタンノリノリなリズムで、先生はピアニカを操りノリノリで演奏。




かなり大きい音を出していたので、僕らもジャンジャカコードを鳴らしてセッション。
いやあ、楽しいですね~
レレG師匠も掛け声とか上げてノリノリです
「これはクセになりそう」との談です

最後の最後は、オーナーさんが作曲したという「あなたに会えて良かった」という曲を先生が演奏。
僕らも適当に参加
マイナー系の渋いメロディで、しっとりと締めました。
時間的には予定より1時間ほどオーバーする形で終了^^
でもスタッフさんも、オーナーさんも、みんな楽しんでもらえたみたいで良かったです

オーナーさんには、ちょっと最初に自分がイメージしてたのとは違った感じだったけど、これはこれでアットホームで凄く良かったと言ってもらえて嬉しかったです。
最初は「こりゃいけんわ~」って首をひねられるかもしれないという不安も少しあったりしましたが、みなさん笑顔の中、終えることが出来て、とても嬉しく思います

一緒してくれたみつごろうさん、レレG師匠、岡田先生、DJのみなさん、お客さん、Tちゃん、よっちやん、ありがとうございました
スタッフさん達も、いろんなおもてなし、ありがとうございました
なんとかイベントを台無しにせずに済みました

それから最後までこの長い文章に付き合ってくれた貴方、ありがとうございます^^

そしてなんといっても、今回はメインでいろいろ頑張ってくれたゆかレレさん、ありがとう。

また次回、出来たら良いな。


この後は、2周年記念イベントを開催中のたるに行ってプチ打ち上げ。
さすがに次の日が仕事のため、23:00~24:00ぐらいまでしかいれなかったけど、久々にどりしーの二人にも会えたし、皆と2周年を少しだけでもお祝い出来て良かったです

そんな感じで、盛りだくさんな連休最終日でした。
これでしばらくライブの予定は無しです~。

フォトアルバム
http://mixi.jp/view_album.pl?id=24382908&mode=photo
奥井亜紀ライブ in 江坂ミューズ(大阪)
2008年11月29日 (土) | 編集 |
モンレーヴヒミレレライブの前日。
この日は「奥井亜紀」さんのライブを観に、大阪まで出向いてきました。
あまり知られていないであろう人ですが、ゆかレレさんも偶然好きであることが判明し、今回一緒に行ける事になりました

その模様を、ライブの事に絞って書きます。
亜紀さんのことや、大阪でのその他の事は、別途、後日書きます。
じゃないと長すぎるし
ライブレポでも充分長いです、ご注意を^^


ライブ当日。
前日は、なんか落ち着かなくって、すぐには寝付けなかったけど、そのうち寝れました。
やっと亜紀さんに会える・・・。

ライブは17:30から。

ですが、大阪を堪能したいということもあって、11時頃には大阪に到着しておりました
ライブ開始までブラブラしましたが、その話はまたの機会として・・・。

会場は大阪の江坂ミューズという小さなライブハウス

小さいだけに、近くで観れます
ライブは、やっぱり近くで観れるのが一番だと思います

好きなアーティストだと、特殊な演出や、凝った仕掛けなんて必要ないです。
ただそこにいて、歌って、話してくれるだけで充分。
後はPAがある程度しっかりしていれば。

そういう意味では、江坂ミューズはこじんまりとしてて、バッチリでした

ファンクラブでの優先チケットの人には、前方を譲らざるを得ませんが^^一般販売分としてはかなり早目に入手していたため、早い番号でした。
中程よりやや後方あたりに座ることができ、そこからステージはかなり近い。
5~10メートルぐらいの距離でしょうか。
これなら亜紀さんの表情なんかも良く観えそうです

客層は同年代かそれより上の男性が多かったかな?
思ったより女性客が少なかったかなあ?
女性の方にこそオススメしたいんだけどなあ

あまりにも楽しみなため、落ち着かなくって、妙なテンションのまま開始を待つことになりました

遂に時間となり、サポートメンバーの西本明さん(ピアノ)と宮脇てつやさんが現れます。
いよいよ・・・しばらくして亜紀さんが満面の笑みで登場!
PV以外で動いている亜紀さんを観るの自体が初めてそれだけでもう感動!

ギター、キーボードが出す音色、CDと一緒
厳密に言えばもちろん違うんだろうけど・・・ようするに、かなり良い音です、特にギター!
CDより当然、もっと迫力があります。結構深めにリバーブが効いてるんだけど、生音感がなくなってないです。
いや、今回はギターは良いんです歌に集中

亜紀さんの透き通るような歌声
CDとこれまた同じ・・・いや、それ以上・・・。
綺麗なだけでなく、語りかけるような優しい感じもあり、また力強さもあり。
目の前で表情をクルクル変えながら楽しそうに歌っている亜紀さんを観ていると、自然と涙がこぼれた
意外と冷静かも?なんて予想は全くもって大外れ。
1曲目から完全にやられてしまいました

ひとつひとつの歌詞を語りかけるように、表情やしぐさも交えて表現していました。
そのお陰で、もう、ガンガン伝わってきて、涙は流れる一方です

ノリノリな感じの曲では、ピョンピョン、クルクル、飛び回り、実にキュートで楽しそう
歌は完璧!ライブではCDに比べてう~ん・・・な人もたまにいますが、亜紀さんに関しては、CDより遥かに素晴らしかった
もう終始、圧倒されっぱなし、涙も良い具合に流れ放題

この人の魅力はトークにもあり。
ラジオと変わらないノリで、いろいろ面白い話をしてくれました
先日岡山に行った時の話もしてくれました。

何曲か連続で歌って、合間に長めのトーク、といったスタイルでした。

歌った曲は、11月にリリースされた、「うたの素 弐巻」からほぼ全曲と、代表的な曲をいろいろと。
ほとんど知っている曲、思い入れの深い曲だらけ。

なかでも1stアルバムに収録されている「もう何にもいらない」を歌ってくれたのは、予想外で凄く嬉しかった。
僕が一番好きな曲

 ほんとうに欲しかったものはなんだったろう

 もう何にもいらない
 流れ星を探しに行く
 もう何にもいらない
 穏やかに全て愛している

ついついなんでもかんでも求めてしまいそうになる心を戒めてくれます。
亜紀さんの優しさだったり、前向きな姿勢だったり、いろんな想いが凝縮されているような気がする言葉です。

最近の曲の中では特に「アスパラガス」
イントロから既にヤバかった・・・
力強いピアノの旋律、高音のチャラチャチャン、チャラチャチャンっていう印象的なフレーズ
この曲はピアノのアレンジが素晴らしいです。

ピアノ(キーボード)を担当するのは西本明さんですが、この方はあの尾崎豊の「I LOVE YOU」のイントロを作った人だそうです
他にも尾崎の曲は何曲か編曲しておられる方です。後から知ったことですが^^

メロディも良いし、前向きな歌詞も良い

 限りある時間で私が出来ること
 ほんの少し顔あげてみる あなたがうつむく時も

真っ直ぐ上に向かって伸びているアスパラガスを見て、このタイトルにしたそうです
いろんなものに例えて表現するのがうまい亜紀さんらしいです。


あっという間に2時間以上経ち、終了。
本編最後の曲では泣きながら歌ってた。
「みんなの顔みてたらなんか泣けてきた~」
ひとりひとりに全力で歌を届けようとしてくれてるんだなあ。

そしてアンコール!

グッズの営業トークが冴え渡る
グッズも買いたかったなあ。

最後の最後に、おそらく皆特別な一曲であろう「Wind climbing ~風にあそばれて~」
大きな拍手に包まれながらステージを降りていきました。

はあ、終わってしまったか・・・

再び鳴り出すアンコール。
再び亜紀さんの登場!

キーボードの前に座ります。
新曲を弾き語りで披露。
いやあ、良かった

これでほんとうに終了。
2時間45分ぐらいのライブは、あっという間。
夢のような時間だった

いろんなアーティストのライブにいったけれども、ここまで入り込めたライブは初めてだったなあ。
やっぱり奥井亜紀さんは、僕にとってスペシャルな存在だと思いました。
こんな素晴らしいアーティストと出会えた事に感謝

この後、サイン会とかもあったんだけど、なんだか充分満たされた感じだったし、時間的なこともあるので、すぐに会場を後にしました。
ライブはデビュー15周年記念で、「15FESTA」というタイトル。
そのタイトルにちなんで、グリコのイチゴポッキーを全員にプレゼントしてくれました

ライブ後はしばらく放心状態で・・・
なんだかため息しかでませんでした^^

いやあ、ほんとに来て良かった!
ほんとに・・・僕が行くまで歌い続けてくれてた奥井亜紀さんに感謝
一緒に行ってくれたゆかレレさんにも感謝

ありがとう、その一言に尽きる。

今度からは、もっと積極的にライブに行こうと思います。
次はサイン会にも参加して、亜紀さんとお話したいなあ
FF1
2008年11月29日 (土) | 編集 |
2年ぶりぐらいに真面目にゲームをしてます。
まあ、昔やったやつだけど・・・。

ファイナルファンタジーの1が、携帯アプリであったので、それをやってます。
最近の携帯は凄いねえ。
グラフィックも綺麗だねえ。

でも内容は昔とほぼ一緒。
ちょっと簡単になってたりするのかな?

でも宿屋に泊まらないとセーブができません。
「ちゅうだん」はできるけど、再会したらそのデータは消えてしまうので、全滅すれば、また宿屋でセーブしたところからやり直しです。

今日、30分ぐらいやろうと思い、ダンジョンを進んでいき、ボスも倒し、後は戻るだけだったんですが、いい具合に消耗していって、ポーションも底を付き、ちょっと心配だけど、なんとか戻れそうな感じだったわけです。

でもあともうちょっとのところで、麻痺させてくる敵の大群に遭遇し、主力が麻痺させられっぱなしで徐々にHPも減っていき・・・一人倒れ、また一人倒れ・・・あと一人で瀕死のところで逃げ出すことに成功したんですが、すぐ次の敵にやられてしまいましたがまん顔

なんだかんだで、1時間ぐらいしてて、レベルも上がって、良い感じだったのに・・・。はあ・・・。
ドラクエだったら、お金が半分になるだけで済んだんだけどなあ。

ちょっとショックでしたふらふら
1時間を無駄にしてしまった・・・。
はあ。切ないなあ。
この感覚久しぶりだなあ^^
すごく嫌がく~(落胆した顔)

まあ、懲りずにまた、ボチボチやっていこうかな。
しかし、切ないなあバッド(下向き矢印)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。