ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンゴダイエット
2006年11月01日 (水) | 編集 |

リンゴを食べるとダイエット効果があると聞き、今週から毎日リンゴを食べている。
脂肪の吸収を押さえてくれるのだとか。
しかし、人からなんとなく聞いた情報なので、少し調べてみた。
結果、2種類のリンゴダイエット法が見つかった。

↓普通にリンゴを食べるダイエット↓
http://dietblog.livedoor.biz/archives/50130958.html

↓3日間リンゴしか食べないダイエット↓
http://kuchikomi.nifty.com/diet/cs/catalog/th_625/catalog_00055_1.htm

どちらもそれなりに根拠があるみたいだけど、3日間リンゴしか食べないっていうのは、なんか一時的な効果しかないような気がするのでやめておく。

この1ヶ月ぐらいで、運動したり食事に気をつけてみたりして、結構効果が現れている。
この上リンゴパワーで更に効果がアップしてくれることに期待しよう。

ちなみに先日「シナノスイート」という品種のリンゴを買ってみた。
「フジ」などに比べて、値段が2倍ぐらいしたんだけど、さすがに高いだけあって、みずみずしくて甘かった!
でも別にダイエット効果は変わらないと思うので、安い「フジ」をメインに買おうと思う。
効果があったらまた報告します!
スポンサーサイト
飲み会(最近多いな)&天津飯
2006年11月03日 (金) | 編集 |
今日は会社の人々&協力会社の方との飲み会であった。
場所はいつもの通り岡山駅前。
「連」というお店。
今日は11人と、少し多めの人数だったが、ここのお店は個室があったので、他のお客さんの声とか一切聞こえず、中々良かった。
でも料理はいまいちだったかな?
いまいちは少し言い過ぎだが、鶏の唐揚がコースに含まれていなかったので、マイナスである。

それにしても、ここ1ヶ月ぐらい、食事の量をやや控えめに心がけているせいか、満腹になるのが早くなったような気がする。
ましてや、飲み屋のコース料理は、間を置いて出てくるため、満腹感も倍増だ。
でもこれもいい兆候なのだろう。
満腹になるのが早ければ、我慢することなく、食事の量を控えることができるだろう。

ちなみに話は変わって、今日のお昼ご飯は、「みんみん」という中華料理屋に行き、天津飯の大盛を頼んだのだが、お店の人が誤って普通盛を作ってしまった。
丁重に謝って頂いたので、嫌な気持ちは全くしなかったのだが(というか自分はあまりこういうことを気にしない)「大盛なんか頼むなよ!」と誰かに言われているような気がして、少し複雑な気持ちだった。
食べてみると普通盛で充分だった。
会計の際に、店員さんに「お腹いっぱいになりました?」と申し訳なさそうに尋ねられたので、「大丈夫ですよー」と答えておいた。
これだけ気を使って貰って、逆にこちらが恐縮してしまうぐらいだった。
入社してからちょくちょく行っているお気に入りの店だけど、ますます気に入ったかな。
また今度、天津飯大盛に挑戦してみようと思う。
(ただ単に大盛にするとどれぐらいになるのか、見てみたいだけだったりする)
のんびり
2006年11月03日 (金) | 編集 |
今日は久しぶりに、どこへも出かけずに1日を過ごした。
NHKドラマ「川、いつか海へ」がBSハイビジョン5.1chサラウンドで再放送されていたので、6時間かけて一挙に観た。
しっとりと感動できた。
今日は起きるのが不本意にも12時を過ぎてしまったので、あっという間に今の時間になってしまった。
もう少しいろいろする予定だったんだけどなあ。
明日はもう少し早起きして、何かしらしようと思う。
短いけど以上!
シンデレラマン
2006年11月05日 (日) | 編集 |


今日はWOWOWで放送された映画「シンデレラマン」を観た。
監督:ロンハワード
代表作はバックドラフトやアポロ13、ダヴィンチコード等。
主演:ラッセルクロウ。
代表作はグラディエーター、インサイダー、LAコンフィデンシャル等。
ラッセルクロウの妻役:レニーゼルウィガー
代表作はブリジットジョーンズの日記、ザ・エージェント、コールドマウンテン等

上の面子だけを見て、内容を全然知らずに観たんだけど、1930年代のアメリカ大恐慌時代に実在したボクサーの話だった。
一度引退したボクサーが、復活し、次々と強敵を倒し、「シンデレラマン」となっていく様が描かれているわけだが、その辺の雑草魂のようなところが、「ロッキー」を彷彿させる。
が、こちらは一応実話が元になっているらしいので、現実的な感じがした。
最近中々映画を観る時間がなかったのだけど、久しぶりに観るとやっぱりいいもんだ。
たまに観た映画が駄作だったらがっかりするところだけど、今回は中々良かったので満足。
まだ何作か録画したまま観ていないのがあるけど、そのうち観ようと思う。
内容とは関係ないが、なんかたまにラッセルクロウが井上純に見えてしまうことがあるのは自分だけだろうか。
あとジョントラボルタは渡辺正行に少し似ていると思う。

ちなみに、今日ギターの練習をしていると、弦がバッツン!!と切れてしまった。
ニュー弦を買わなければ・・・。
練習できない。
やっぱり予備で1セット置いといたほうがいいと思った。
【今週のギター】壁?
2006年11月06日 (月) | 編集 |
先週は毎日2時間ずつぐらい、土曜日にはカラパラで5時間(もちろん休憩をはさみつつだけど)の練習ができた。
毎日の練習メニューは、「連呼」と「地下街」を最初に弾いて、後は適当に弾けそう?と思う曲をチョイスして弾いていみる。
元気がある時はちょっとむずかしめの曲に手を出してみる。
しばらく弾いて、アルペジオの練習曲として「ガソリンスタンド」を何回通りか弾く。
仕上げに「連呼」「地下街」をもう1回弾く。
といった感じでやっている。

ある程度慣れてきたのか、初見でもそれっぽく弾けたりすることもあり、うまくはなっているような気はする。
が、以前のように、毎日上達が実感出来るほどじゃあなくなった。
あいかわらずBmやFなどで失敗する時はあるし、Dmなんかもやや苦手なような気がする。
それから1曲通してノーミスで終えられることがあんまりないんだなー。
ぼちぼち譜面をちゃんと見ながら、1曲1曲練習していったほうがいいんだろうか?
このままだらだらやっても、現状維持にしかならないような気がしてきた。
今週はちょっと一つ一つ細かいことを気にしながら練習してみようかな。

昨日練習中に弦が切れたので、買わないと練習できないと思い、岡山県の楽器屋を調べてみた。
すると西大寺に1軒あることがわかった。
しかもたまに昼食を買ったりするサークルKの近く(西大寺駅の近く)ということが発覚した。
そこは7時に閉まってしまうらしかったので、会社を定時で引き上げ、買いに行った。
タカミネのLIGHT GAUGE TL-3
3セット入ってて¥1260。
お店の人がお勧めとのことだったので、素直にこれを購入した。
早速帰って張ってみる。
色のことをすっかり忘れていたが、自分の好きな金色弦だったので大満足!
張り替え作業は2回目なので、少し慣れたかな。
張り終えて弾いてみると、結構良い感じに音が良くなった。
1ヶ月ガンガン練習したので、だいぶ弦も消耗してたのだろう。
3セットなので、後2セット予備ができたことになる。
いつ切れてもすぐ換えれるので、心置きなく練習できる。

さて、今週は、曲とかではなく、基礎練に力を入れようかな。
「連呼」「地下街」は弾くけど。
地道に地道に!
音楽歴
2006年11月08日 (水) | 編集 |

今日は、自分の音楽歴について書いておこうと思う。

元々自分は、音楽は好きだったように思う。
学校の音楽の授業も嫌いではなかったし(何度も何度も繰り返し練習させられるのは嫌だったけど)成績も結構良かった。
その時割とまじめに取り組んでいたので、音符の種類や休符の種類なんかも分かる。
学校でこの辺はちゃんと習っているのだ。

記憶をさかのぼると、小さい頃の「曲」や「歌」という存在は、童謡であったり、戦隊モノの主題歌であったり、藤子アニメの主題歌であったり、ポンキッキやみんなのうたで歌われる歌であったり。
子供の頃は、ヒットチャートに載るような曲はほとんど聴いた覚えがない。
かすかに記憶にあるのはさだまさしのグループである「グレープ」の「無縁坂」や「聖霊流し」、自分が「勉」のせいだろうか、「やまぐちさんちのツトムくん」もレコードがあったと思う。
その後レコードは次第に衰退して行く。
と同時に、自分がタンスの上からプレイヤーを落として壊してしまい、我が家からレコードは姿を消した・・・。

レコードと入れ替わりのタイミングかどうかは記憶が定かではないが、我が家は「ラジカセ」を購入した。
2つカセットが入れることができ、ダビングが出来るタイプである。
でも音楽カセットを買うことはなく、普通におしゃべりを録音したり、みんなのうたの「ありがとう、さようなら」を幼い妹が歌っているのを録音したり、テレビ番組を録音したりといった使い方ばかりしていた。

ちょうどその頃我が家には「ファミコン」があった。
自分は今でもゲームはするが(ここ1ヶ月程何もしていないが)当時は今以上に夢中になって遊んでいた。
(最終的には親に本体を隠されて、強制的にできなくなったりもした)
ゲームには音楽がある。
自分はその音楽を良く口ずさんだりしていた。
「♪ティリッティッティティッティッッティー」のように。
そのうちお気に入りのゲームの音楽をラジカセに録音してじっくり聴いたりするようになった。
当時は生録音なので、よく母親の声や、外の雑音が混ざったりして失敗することもあったが、なんとか録音しては聴いていた。
ちまたでは結構CDが普及しつつあったのだが、我が家はまだしばらく「ラジカセ」1本で過ごすことになる。
確かCDラジカセを我が家が購入したのは、自分が小6か中1ぐらいの時だったと思う。

書き出したら思いのほか長くなってきたので、続きはまた明日!
続・音楽歴
2006年11月08日 (水) | 編集 |

昨日の続きです。

ラジカセにファミコンの音楽を録音して聴いていた、というところから。
その延長として、我が家には妹のエレクトーンがあったので、それを使って、ファミコンの曲を耳コピし、弾いたりしていた。
主旋律だけだと割と耳コピできていたのだが、両手を使って和音を奏でたりするのはできなかった。
友人にできる奴がいたので、そいつに教えて貰って、何曲かは両手で弾けたりできるようになった。
ちなみにその時身に付けたのは「ドラゴンクエスト2:ほこらの曲」「ドラゴンクエスト3:ほこらの曲」「新鬼ヶ島:第2章の夜の曲」。
たぶん今でも弾けるんじゃあないんかなー。

そんなこんなしているうちに、世間から少し遅れたが、我が家にもCDプレイヤーがやってきた。
カセット付きのCDラジカセ。
張り切って兄貴は「リンドバーグ」の「I MISS YOU」を購入。
だが自分は何を買ったらいいのかわからなかったので何も買わなかった!
そしてレンタルCDの存在を知る。
最初に借りていたのは、ゲームのサントラやアニメのサントラばかり。
歌のないインストゥルメンタルばっかり。
でもサントラというのは、いろんな場面で使われる曲が一緒くたに詰め込まれているので、ジャンルの幅は広い。
今思うと、この頃いろんなジャンルの曲に触れていたから、今でも様々なジャンルの曲に興味があるような気がする。
今も映画のサントラ等を聴くのは好きである。

ヒットチャートに載るような曲を聴きだしたのは、中3ぐらいからかなー。
兄貴の買った「リンドバーグ」が思いの他良かったり、テレビドラマの主題歌を聴いて「良い曲だ!」と思ったり。
最初に買ったCDは、「ZARD」の「負けないで」
この曲は良かった!未だに好きである。
この頃から、土曜の深夜に「カウントダウンTV」の放送が始まった。
毎週それを観ていると、ヒットチャートの情報が入ってくるので、よさげな曲をピックアップして、レンタルしてはカセットに録音して聴いていた。
この頃よく聴いたのは、「リンドバーグ」「ZARD」「福山雅治」「WANDS」「ミスチル」「とんねるず」などなど、基本的にシングル曲。
今でもそうだけど、基本的に「曲」で決める。
(ある程度は人でも決めるが・・・)
アルバムはほとんど買っていない。
意外と外しているのは「サザン」「ドリームズカムトゥルー」「B'z」「X-JAPAN」
でも、カウントダウンTVを毎週観ていたので、このあたりのシングル曲はサビだけならほとんど分かる。
この頃から「J-POP」をメインとするスタンスが確立されたように思う。
洋楽を聴き出すと、J-POP離れを起こす人がいるが、自分は未だにJ-POPは外せない存在だ。

この頃洋楽は全然聴いていない。
洋楽を聴くようになるのは高校3年ぐらいからである。
終わりが中々見えてこないので今日はここまで。
明日完結を目指します^^
音楽歴3
2006年11月10日 (金) | 編集 |

完結編!のつもりで書きます。

中3~高3ぐらいまでは、そんな感じでJ-POPばっかり。
でも、あんまり一人(1グループ)のアーティストに注目して聴く(アルバムを集めたりとか)ということはしなかった。
金銭的な問題もあったかもしれない。
高3の時に、自分の心のアーティスト「奥井亜紀」の曲に出会うことになるが、あまり知られていないので多くは語らないでいよう。

音楽的に広がったのは、高3ぐらいからかな。
「Mr.BIG」のベストアルバムのCMを観て、「なんかええなー」と思い、衝動的に買ってみて聴いてみると、殊のほか良かった。
ハードロックに興味を持つ。
そしてマイミクの「のり」や「ごう」の影響、またプロレスの影響もあったかもしれないが、へヴィーメタルを聴きだす。
「インペリテリ」「ハロウィン」「ジューダスプリースト」「ストラトヴァリウス」「メタリカ」「ロイヤルハント」等など・・・。
この頃同時に「クィーン」も聴く。
他には「ハーレムスキャーレム」「フェアウォーニング」「エクストリーム」「デフレパード」
この頃が、自分の中の洋楽全盛時代かな。
今はあまり積極的には聴いていない(決して嫌いになったわけじゃあない)
もちろん、J-POPも並行して聴いていた。

そんな折、一つ自分の中の核になるアーティストが登場する。
「ゆず」
初めて、アルバムからカップリングから全曲聴きたい!と思った男性アーティストだと思う。
ゆずに関しては、以前日記に書いたので↓、省略する。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=210641881&owner_id=2784012

2000年辺りは、自分の中でのアーティスト当たり年。
「矢井田瞳」「鬼束ちひろ」「LOVE PSYCHEDELICO」が登場する。
全て女性アーティストだが、全曲聴きたくなる存在だ。
「鬼束ちひろ」についても以前の日記に書いたので、詳しくは↓を参照して欲しいと思う。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=217978753&owner_id=2784012

他のアーティストについてもおいおい書こうと思う。

最近では「YUI」「アンジェラアキ」も全曲聴きたくなるようなアーティストだ。
この辺りもおいおい紹介しようと思う。
(それにしても女性ばっかりだな・・・)

今は、そういうお気に入りのアーティストの曲、ヒットチャート等で気に入った曲をメインとし、たまに気が向いたらヘヴィメタやハードロックを聴いたり、映画やゲームのサントラを聴いたり、葉加瀬太郎のバイオリンの演奏を聴いたり、T-スクウェアを聴いたり、ヒーリングサウンド?を聴いたり、ジャズっぽいのを聴いたりと、いろんなジャンルの音楽を聴いている。
でも最終的に思いっきり歌いながら聴ける「ゆず」であったり「ミスチル」であったりに戻ってくることが多い。

結局何が言いたかったかというと、自分は一度好きになったものは、基本的に嫌いになったりしない。
なので、好きなものが増えていく一方で、時間が足らなくなる一方だということである。
これからも、時間があれば、なるべく多くの曲を聴き、お気に入りをどんどん増やしていきたい。
と同時に、お気に入りアーティストをもっと深く聴きこみたい!
以上!

--------------- お知らせ --------------

明日から社員旅行で韓国へ行って来ます。
そのため、日曜の夜まで、mixiの更新ができませんのでご了承下さい。
頂いたコメントに対するレス、日記へのコメント等は帰ってからまとめてします!
大韓民国
2006年11月14日 (火) | 編集 |



先週の10日~12日の2泊3日でソウルに旅行に行ってきた(社員旅行)
詳しくは後日書くので、今回はプレ日記。
写真いっぱい撮ってきたけど、3つまでしか一度にアップできないので、厳選してお送りします。

1枚目:初日に観光で訪れた大統領のお住まい(ホワイトハウスのようなもの)
背景に映っている山が、王子ヶ岳を連想させるような雰囲気であった。

2枚目:2日目に訪れたNソウルタワーから見下ろしたソウル市街。
こうしてみると、大都会であることが良く分かる。
韓国は非常にマンションが多いらしい。
一戸建ての物件は中々売れないのだとか。

3枚目:初日に観光で訪れた景福宮。
昔の王様が住んでいたお宮で、世界遺産に登録されている。
しかし夜には電飾でデコレートされるという異様な建物である。
日本ではライトアップはしても、こういう歴史的な建造物に電飾をほどこすというのには抵抗があると思う。
この辺りが「わびさび」の差なのかもしれない。

短いけど、今日は以上です。
韓国の「食」
2006年11月15日 (水) | 編集 |



今日は韓国の「食」についてレポートする。

初日、一食目:石焼きビビンバ(写真左)
白いご飯にいろいろ野菜がのっていて、玉子、コチュジャンを混ぜて食べる。
コチュジャンはケチャップのような味の後、辛さがくるという印象。
それなりにおいしかったが、コチュジャンではなく塩コショウか醤油で頂くともっとおいしそうだった^^

初日、2食目:焼き肉(写真真ん中-骨つきカルビ、写真右-ロース)
夕食は焼き肉。
こちらのスタイルでは、主に「サンチュ」というレタスのような野菜に、肉を包んで食べる。
肉には味がつけてあり、お好みでコチュジャン、タレ等を更につける。
コチュジャンをつけなければ全く辛くなく、逆に甘いぐらい。
サンチュに巻くので、コチュジャンをつけても、辛さが抑えられ、おいしかった。
写真の状態からお店の人が、チョキチョキとはさみで程良い大きさに切ってくれる。
なので、思ったより量は多かった。
一緒に出てきたキムチは辛い!
味の方は、普段キムチを食べないので、おいしいかどうかは良く分からなかった(自分はキムチ自体が苦手なので、日本のより辛いなということしか分からなかった)
韓国の人は、焼き肉と一緒にご飯を食べたりしないらしい。
どう考えてもご飯に合う味付けなんだけどなあ。
最後の方で、何故か味噌汁が出てきた。
具はネギのみのシンプルなものだったが、意外といいダシが出ていておいしかった。

初日、3食目:屋台でチヂミと揚げ餃子(写真無し)
初日の夜、梨泰院(イテウォン)という町の屋台でチヂミと焼き餃子を食べた。
椅子があるいわゆるサラリーマンがぶらっと寄る様な庶民的な屋台。
チヂミはお好み焼きのようなものとの認識があったのだが、それ以外にも様々な物を焼いてくれて、思いのほか豪勢だった。
野菜や魚などに、チヂミの生地をつけて、鉄板で焼く。
見た目は少してんぷらのような感じ。
食感も外はカリッとしていておいしい。
油で揚げないからヘルシー。
タレも甘辛い程度で、辛くなく、とてもおいしかった。
餃子も揚げたてで、チヂミのタレが良く合いおいしかった。
庶民用のお店なので安かったし、今回の中で一番のヒットだったかもしれない。
雰囲気もいい。
外だったし、ビールだったのですごく寒かったが・・・。

2日目、朝:ホテルでの朝食(バイキング)
特に韓国的な要素はなし。
普通においしく、いっぱい食べた。

2日目、昼:COEXショッピングモール内のヌードルバーにて、韓国風皿うどん(写真なし)
何も決めていなかったので、近場で済ませた。
韓国に皿うどんがあるのに驚いたが、辛かったのに更に驚いた。
青唐辛子を食べると一気に辛くなった。
それなりにおいしかったけど、やっぱり皿うどんは甘いほうがいいなあ。
あと、海老は殻を剥いててほしかった^^

2日目、夜:サムゲタン(雛鳥の中にいろんな具やご飯をつめて、じっくり煮込んだもの)
ここは事前に調べていて、是非いってみたかった店。
明洞(ミョンドン:東京の渋谷のようなところ)にある。
じっくり煮込まれているので、スープにいいダシがでているし、肉もホロホロに柔らかくなっているし、辛くなくって優しい味だった。
結構歩いて疲れていたのと、この日は寒かったので、体に染み渡る様な感じでとてもおいしかった。
まるごと鳥が入っているため、骨がそのまま。
そのため、骨をよけて食べるのが結構めんどくさい。
蟹を食べているようなイメージ。
でもおいしかったので、すべて食べきった。
高麗人参やナツメグなど、体にいい食材が使われているので、健康的にもよさそうだ。
この店で出されたキムチの中に、にんにくのキムチがあった。
ニンニクも苦手なんだけど、せっかくなので1個頂いてみた。
辛さが半端じゃなかった。
鼻にツーンと来るわけでもなく、あとから汗が吹き出るわけでもなく、ただただ舌が痛くなる。
第3の辛さなのか??
しばらく口の中がにんにくの嫌な味が残ってしまった。
少し後悔。

2日目、夜:お菓子(コンビニで買ったもの)
海外旅行で結構楽しみにしているのは、スーパーやコンビニで普通に売っているものを見たり買ったりすること。
韓国は日本のものが多く、文字がハングルになっているだけだったり、そんなに差はなかったかな。
いろいろスナック菓子を食べてみたが、とりわけて変な味のものはなかった。
ジュース類は、異様なオレンジ色のファンタオレンジらしきものと、真っ黄っ黄のファンタレモンさしきものがあったが、飲むのは遠慮した。
普通に緑茶を飲んだ。
それにしても、久しぶりにお菓子を食べた。おいしかった。

3日目、朝:ホテルでの朝食(バイキング)
前日と同じ。
この日は前日よりシリアルを多めに食べた。
普通においしい。

3日目、昼:マクドナルドでプルコギバーガー
ガイドブックに載っていたので、食べてみた。
ほぼテリヤキバーガーと同じだった^^
肉がそのまま入っているのかと思っていたが、普通のハンガーグ状になっていた。
味はテリヤキバーガー以外のなにものでもなかった。
コーラも一緒。ポテトも一緒。
日本と一緒過ぎて、失敗だった。
どうせならバーガーキングとかいう店にすれば良かった^^

韓国で食べた物は以上。
総括すると、自分にはあまりあっていないかなーという印象。
キムチが苦手な時点で薄々は感じていたけれど。
でも決してまずくて食えないものはなかった。
台湾の時は独特の香草の匂いがだめだったけど、そういうのはなかった。
辛いのも苦手じゃないけど、味が分からなくなるので、あんまりなんでもかんでもというのは・・・。
韓国のりは程良く塩辛くておいしいんだけどなあ。
でも普段食べられない物をいろいろ食べて、面白かった。
ほんとはまだ食べたいものとかあったんだけど(チムタクという肉料理とか)、それはまたの機会にしようと思う。

明日は観たもの、行った場所などについて書こうと思う。
(しばらくは韓国ネタをひっぱります)
サイトシーン ソウル
2006年11月15日 (水) | 編集 |



今日は韓国で観たもの、行った場所について書こうと思う。

初日は2日前の日記に書いた通り、昼はツアーの観光。
大統領の住み処と世界遺産の景福宮。
その後夜は梨泰院(イテウォン)という町に行った。(自由行動)
良く分からなくて、ホテルから割と近いというだけで選んだんだけど、凄く欧米人が多かった^^
あとで分かったんだが、近くに米軍基地や大使館などがあって、欧米人向けに発展している町だったらしい。
ガラが悪い連中ばかりなのか?と少し不安になったが、子連れの韓国人や、子供単独行動なども見受けられ、たぶん安全なんだろうと安心した。
いろいろお店を見て回るつもりで来たのだが、ほとんどの店は閉まっていた^^
どうやら昼に来た方が良かったらしい。
それでもスーパーが開いていたので、いろいろ見て回った。
韓国のりとかも普通に安く売ってあった。
お土産屋さんで買うよりは、こっちの方が安いだろうと思い、海苔を購入。
店内の雰囲気なんかは日本のスーパーと同じような感じかな。
小さめの店だったので、田井の生協やニシナのような印象を受けた。
その後奥地へ入っていくにつれて、下町のような庶民的な雰囲気になっていった。
大衆的な飲み屋なんかが結構あり、韓国人らしき人々で賑わっていた。
どこか入りたかったんだけど、うまく注文とかできるかどうかわからなかったので、ことごとくするーしてしまった。
どうも気持ちが完全に「アウェー」になっているため、思うように行動できないことが多い。
散々回ったあげくにたどり着いたのが昨日の日記に書いたチヂミを食べた屋台。
立ち寄った理由は、店の並ぶ一角の終点辺りだったのと、「いらっしゃいませ~」と呼び止められたから。
そこのおばちゃんは、決して日本語がしゃべれるわけではなかったけど、簡単なあいさつや金額の数え方なんかは知っているようであった。
(味の方は昨日の日記を参照して下さい)
結構苦し紛れに訪れた町だったけど、予想外に良かった。
人もそんなに多いわけではなかったし。
もう少し店が開いてたらなお良かったんだけど・・・。

それにしても、韓国はタクシー代が安い。
日本の4分の1か5分の1程度かな。
数人で割ると一人あたり数百円程度で結構移動できるため、自分のグループはすべて移動はタクシーで行った。
地下鉄とかバスとかハングルパニックになると思ったので。
運転は荒いが快適だった。
こちらではバイクの規制が緩いのか、ノーヘル二人乗りがいたし、歩道を普通に走っているのもいたし、信じられないほどのカーペットを後ろに積んで走っているのもいた。
道路も6車線ぐらいあるところもあるし、車の量もものすごく多いし、とてもじゃないが運転はできないなと思った。

2日目はCOEXショッピングモール内にある水族館へ。
ここは最後にトンネル状の水槽があるので、結構楽しみにしていた。
いろんな魚が見れて満足。
ただ説明書きがハングルでしか書いていないのが多かったので、良く分からないこともあった。
中盤あたりから、結構大型の魚なんかがいて、迫力があった。
クリオネやウーパールーパーもいた。
ここでは韓国キッズが多いに楽しんでいたようだ。
水槽に駆け寄ってはなんかしゃべったり、写真をとったり、盛り上がっていた。
たまに日本キッズも見かけた。
こちらも楽しんでいたようである。
自分はもともと買い物目的の旅行はしたくない主義なので、こういう風にまったりと魚を眺められて結構面白かったと思う。
トンネル状の水槽は思っていたよりも魚が上を通過しなかったので、期待している程ではなかった^^

ここまでで2日目の午前中は終了。
次回に続きます。
ソウル市内をぶら~り
2006年11月17日 (金) | 編集 |



前回からの続き

2日目の午後は、Nソウルタワーへ行った。
東京タワーのようなところで、ふもとからはケーブルカー(ロープウェイ)が出ていて、それに揺られてタワーまでいく。
強者は歩いて登る。
ものすごい人で、ケーブルカーもさながら満員電車状態。
ゆったりと登っていきながら景色を楽しもうと思っていたが、ぎゅうぎゅうでそれどころではなかった。
上から見下ろす景色はさぞかしきれいだろうと思っていた通り、ソウル市内を一望できるなかなかいい眺めであった。
事前に夜景よりも、日中の方が地形や建物が良く分かっておもしろいという情報を入手していたのだが、その通りだと思った。
夜景も確かにきれいなんだが、あまり実感が沸かないからなあ。
遠くに見える山や、空や、川、街並みなどがとても良く見えた。
結構天気も良かったので、遠くまでかすまずに見えた。

少し日が落ちかけたころに移動し、南大門市場へ。
ここはいろんな露天や商店が立ち並ぶ通りがいくつもあって、ものすごい人でごった返していた。
正直人が多すぎて落ち着いて商品を観る事ができない。
途中、海苔屋などが、日本語でがんがん声をかけて来る。
とりあえず「No Thank You」と連呼しつつかわす。
奥へ進むほど値段が段々安くなっていった気がした^^
結局一緒に行っていた同期と後輩が海苔を購入。
自分はスーパーで先に買っていたのでスルー。

その後、明洞(ミョンドン)のサムゲタン屋へ。
近くだったので徒歩での移動。
地図を見つつ行くのだが、方向が分かりにくい。
携帯電話に付いている「簡易方位磁針」が初めて役に立った。
それから、電話は使えないが、テレビ(アナログ)は映った。
どうやら放送形式は同じのようである。
時計がわりに持ち歩いていたが、意外と役に立ってくれた。

なんとか見つけてサムゲタンを食す。
(詳細は火曜日の日記を参照)

その足で一路ヒルトンホテルのカジノへ。
同期がスロットに飲まれていくのを見守った^^
スロット自体のレートは日本と同じぐらい。
でもゲーム性やエンタテイメント性が低いので、日本でスロットやったほうが面白いとの事。
ルーレットやブラックジャックなんかもあったが、あたふたしそうなのでやらなかった。
結局雰囲気だけを味わってホテルへ帰還。
その日はUNOなどをしながらまったり過ごした。(意外と盛り上がった)

最終日は明洞(ミョンドン)へ。
デパ地下でいろいろ食料品などを見て回る。
ごま油なんかがおいしいらしい。
手持ちのお金も残り少なかったので何も買わず。
前日はサムゲタン屋しか見ていないので、改めていろいろな店を見て回った。
基本的に若者向けの町なので、外国の店が多い。
あんまり韓国らしさを味わえずに終了。
特に買いたいものもなかった。

一通り終えてみての感想だけど、やっぱりこういう都市に旅行に来ても、あんまり「その国らしい場所」ってないなあと思った。
買い物をメインにすればいろいろあるのだろうけど。
「冬のソナタ」や「チャングムの誓い」を観ていれば、ロケ地をめぐったりできたのだろうけど、いかんせん観ていない。
観ている映画も「JSA」や「ブラザーフッド」「猟奇的な彼女」「シュリ」など、ロケ地をめぐるには少々難易度が高いものばかりだったので、その線はあきらめた。
それなりに楽しめたとは思うが、海外旅行はいろいろ疲れる。
来年はまったりと国内旅行(できれば北海道)がいいなあ。
まったりと
2006年11月17日 (金) | 編集 |
明日は久々にまったりと休める1日になりそうだ。
やっと時間から開放されてギターが練習できる。
韓国旅行から今日まで、出張だったりとなかなかギターの練習をする時間が取れなかった。

ところで、今日はみつごろうさんの会社で合同練習を行った。
方向音痴がかなり発揮されて、なかなか辿り着けなかったが。
もっと事前にしっかりきいておかないといけないと思った。
久しぶりにちゃんと歌いながら練習をした。
ギターはみつごろうさんがバッチリ弾いてくださるので、僕の失敗もなんとかごまかせそうである。
(ほんとは失敗しないように練習しないといけない!)
いい練習場所を提供して頂いてありがとうございます。
今日の合同練習で課題もできたので、じっくり練習していきたい。

話は変わって、明日はいよいよ「東京タワー」のドラマが放送される。
以前放送直前に極楽トンボの山本さんの不祥事により、無期延期となってしまった作品だ。
原作は読んでいないが、かなり評判がいいようなので、ドラマを観てみようと思っている。
ドラマがよければ原作も読むかも。
(その前にガンダムの小説を読んでしまわないといけないんだけどなあ・・・。)
とにかく明日が楽しみ。
東京タワー
2006年11月18日 (土) | 編集 |

今日はドラマの「東京タワー オカンとボクとときどきオトン」を観た。
先の読めない展開も無いし、派手なシーンもない。
北海道出身の大泉洋が博多弁をしゃべるという違和感を初めは感じながら観たんだけど、物凄く泣いた。
故郷から離れて東京で暮らしている人が観るともっとやばいだろうな。
最近ほんとにドラマや映画で泣くことが多い。
(もともと結構泣く方だけど)
なんか来週の阿部寛と黒木瞳のドラマも予告を観て凄く観たくなってしまった。
要チェックです。

話が変わって、今日のお昼は韓国で買ったインスタントラーメン(袋の奴)を食べてみた。
麺は日本のと同じような感じ。
スープは色が白くて、パッと見た感じとんこつラーメンだけど、味はにんにくみたいな変な香りが一瞬し、あとはちょっとしょっぱい味がするあまりおいしくないものだった^^
あと2種類残っているが、どうなんだろう?
やっぱりインスタントラーメンは、イトメンのチャンポン麺が自分の中ではチャンピオンである。
地デジに向けて&【今週のギター】境界線
2006年11月21日 (火) | 編集 |

今日、家の郵便受けに、今週の金曜日に地デジ用にアンテナの工事を行う旨を知らせる紙が入ってあった。
うちは共同アンテナでVHFしか受信していないため、今のところ地デジ未対応であった。
なので、自分でアンテナ換えたり、はたまたケーブルTVにするかしないといけないのかなーと思っていたが、ちゃんと地区でやってくれるのだそうだ。
もう少し対応が遅かったら、無駄な出費をしていたかもしれない。
でもこれで今週末から地デジの美しい画質でテレビが観られる。
今週末が楽しみだ。

さて、今週のギターであるが、先週みつごろうさんの合同練習で出された課題曲を練習している。
一つは「連呼」
この曲は最初っからギターを弾く時は必ず弾くようにしている曲なのだが、一部ぎこちないところがあるので、そこの改善。
でも今のところ良く分からない。
今度CDを聴きながらやってみようかな。

もう一つは「境界線」という曲。
この曲は、あまり得意でない「A」が頻繁に出てくる曲で、Cm#とかFm#とかあんまり出てこないバレーコードが出てくるので、今まで避けていた曲だ。
コードの展開も、今まで練習した曲と随分違うので、結構難しい。
ストロークのリズムもちょっと苦手。
でもどうにもならない程ではないと思うので、頑張って練習中。
この曲が普通に弾けるようになれば、1つレベルアップするはずだ。

もう一つは「ウソっぱち」という曲。
この曲は、コード自体はそれ程難しくない。
今までやってきた曲より少し難しい程度である。
が、ストロークが結構早めなので、途中でピックが手から離れていってしまう。
余計な力を抜いて弾けるよう練習中。
もしくはごまかしつつ弾けるよう練習中。

もう一つは「栄光の架け橋」
この曲は、勝手に難しいと思い込んでいたのだが、GオンCとかGオンBとかの「オン~」を無視すると、意外と簡単なコードばかりなのが分かった。
けどコードチェンジが結構頻繁なので、それなりに練習する必要はある。
それからこの曲は荘厳さや重厚さが要求されるので、それっぽく弾けるように練習中。

と、今のところこのような状況。
上記の課題が全てクリアされると、2つ3つレベルアップできるはずなので、コツコツやっていこうと思う。
再び東京タワーの話
2006年11月21日 (火) | 編集 |
土曜日にドラマ「東京タワー」を観て、とても感動したのはいいのだけど、月9ドラマにもなるらしい。
しかもその時の「ボク」こと主人公は「速水もこみち」だそうだ。
さらに映画版東京タワーでは「オダギリジョー」になるらしい。
いろいろ発展していくのは喜ばしいことなのかもしれないが、出演者が変わってしまうというのはどうも自分の好みではない。
(決してもこみちやジョーが嫌いなわけではない)
自分の中で「ボク」は完全に「大泉洋」になってしまっており、「オカン」は完全に「田中裕子」になってしまっている。
(本当は原作者の「リリー・フランキー」なんだろうけど)
小説からドラマや、ドラマから小説などの場合、問題ないとは思うけど、出演者が変わってしまうというのは受け入れがたいなあ。
まだ観ていない人が観る分にはいいんだろうけど・・・。
同じ理由で「いま会いにいきます」もドラマ版は観ていない。
「サトラレ」や「世界の中心で愛をさけぶ」もドラマは観ていない。
今後もこういう展開はたびたびあるのだろうけど、できれば同じ人でやって欲しいと、わがままな願いを書いてみた。
(何年も経った後にリメイク、というのはいいと思っている)
体重計
2006年11月23日 (木) | 編集 |
今日アマゾンに注文していたデジタル体重計が届いた。
今の家にある体重計では、おおまかな値しかわからないので、きっちり量って日々の変遷を記録していこうと思い購入した。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000BHLSNU/sr=8-1/qid=1164207399/ref=sr_1_1/503-2521318-8770360?ie=UTF8&s=electronics

こいつは一緒に体脂肪の測定もしてくれるので、更に詳細な状態を知ることができるだろう。

早速量ってみた。
ちなみに2ヶ月ちょっと前の健康診断時に量った体重は90kgジャスト。
さて、現段階の体重は・・・。
夕食前は83.9kg、夕食3時間後は85.3kg
健康診断の時は空腹時に量ったものなので、6kgぐらい減っていると考えていいだろう。
無理な食事制限をしているわけでもなく(ある程度気を使ってヘルシーかつ少な目にはしているが)運動による減量なので、順調であるといっていいと思う。
あと1ヶ月で約束の再検査。
この分だと良い結果が期待できる。
血圧の方も10~20ぐらい下がっているので、問題ないだろう。
この調子でコツコツ落として、来年の健康診断までには75kgぐらいになってたらいいな。
昼の眠たさや
2006年11月24日 (金) | 編集 |
最近どうも昼間に眠気が襲ってくる。
仕事中もなんだが(仕事中はなんとか凌ぐ)休みの日はもっと強めの眠気が来る。
今日も昼、サッカーをテレビで観ながら眠ってしまった。
サッカーを観てると眠たくなることが多い。
一度眠くなってしまうと復活するのは困難だ。
せっかくの時間が1~2時間消費されてしまうのでもったいないのだが、どうにもこうにも・・・。
休みの前の日は結構睡眠はとっているんだけどなー。
転寝して(うたたねって漢字でこう書くの初めて知った)風邪を引きやすい季節になってきたので、うかつに眠らないよう、もしくはいつ寝てもいい状態にしておく等して気をつけたいと思う。
ゆずゆず、デジデジ、ファジファジ
2006年11月25日 (土) | 編集 |
先日デジタル体重計を購入。
そして今日はうちら集落の共同アンテナ工事日。
今日から我が家も地上デジタル放送が受信できる!
早速設定をしてみたが、受信レベルが低くて全然受信できない(0ではなくなっていたようであるが)
なんか他にもやらねばならんことがあるんかなーとがっかりしつつ、駄目元でケーブルテレビのチャンネルも含めてスキャンしてみた。
するとケーブルテレビのチャンネルで見事に受信成功。
どうやらうちらの集落はケーブルテレビのチャンネル帯を使って発信しているらしい。
そんなのお知らせの紙に書いてなかったのに・・・。
でもまあ、無事に受信できて感激である。
ちなみに受信設定をしたのは、録画機のほう。
テレビの地デジ受信機はケーブルテレビのチャンネルはアナログしか対応していなかった。
なので録画機を通してしか地デジは観られない模様。
自分の録画機は地デジダブル録画対応なので、なんとかなりそうだが、こんなんでいいんだろうか?
いろいろ問題がありそうだなあ。
しかもNHK(教育じゃないほう)は受信レベルが低いのか受信できなかった。
一番受信できないといけない局じゃないのかな。

ところで、明日はTSUTAYAで15:00~ゆず好きの二人組みがライブを行います。
かなりの猛者なのだけど、まだ本気のライブは観たことがないのですごく楽しみ。
ゆず好き、ギター好き、ハモニカ好きは是非聴きに来てください。
夜は喫茶店防風林にてライブがあるし、明日はなにかとイベントが多い日である。

ところで、以前サッカーチーム「ファジアーノ岡山」のことを日記に書いたのだが、中国リーグを見事優勝して、今日からはるばる島原でJFL昇格へ向けての決勝大会の予選リーグを戦っている。
今日、明日、明後日と3連戦をこなし、グループ優勝すれば決勝トーナメントに勝ちあがれるらしい。
そして今日は見事に神戸のチームに勝利したようだ。
この調子でどんどん勝ち進んで欲しい!
そしてJFLへ昇格して欲しいものである。
ライブ、ライブ
2006年11月26日 (日) | 編集 |
今日はTSUTAYAでライブ、その後防風林でライブと2本立てであった。
TSUTAYAライブでは「空風」の本気が初めて観られるので、とても楽しみにしていた。
オリジナル2曲以外は全てゆず一色!
6年路上で鍛えた腕前はさすがの一言。
二人の息もあってて、演奏&歌とも素晴らしかった。
非常に楽しそうに演奏&歌っているのが印象的であった。
やっぱり音楽は楽しみながらやらないと駄目だなー。
とても勉強になったし、いいものを観させて&聴かせて頂いた。
お二人に少しでも近づけるよう練習だ!

その後防風林のライブへ。
今回はDTM&キーボードソロアーティストの「BUCHI」さん、ピアノ&アコギ&ベースの「MOTHERLEE」の2組。
元々自分はゲームミュージックから音楽に入ったようなものなので、DTMの電子サウンドは結構好きである。
完全にインストゥルメンタルで、あらかじめ作曲orアレンジしている曲を流しつつ、キーボードの生演奏が入る。
水戸黄門の主題歌がカッコよくアレンジされていたのに驚いた^^
「MOTHERLEE」は女性ボーカル&ピアノに男性ベースと男性アコギの3人編成。
全てオリジナル曲を披露してたけど、ボーカル異様にうまかった^^
プロの方なのかなー。
間近で素晴らしい歌声を聴けて満足。
やっぱりライブはいいな。
バンザイ玉野主催の防風林定期ライブも今回が最後となるそうだ。
今後は不定期での開催となるらしい。
玉野で本格的なライブをじっくり観られる貴重な場所なので、不定期でも続けて欲しい。
たきさんお疲れ様!

午前中に数時間ギターを練習したにも関わらず、帰って更に練習してしまった。
いい音楽を聴いて、なんかできそうな気になっていたけど、実際弾いてみるといまいちだなあ。
とにかく練習!練習!
明日も練習しよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。