ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixi強化週間
2006年08月22日 (火) | 編集 |
8月も終盤を迎えて、暑さも残暑と言われるようになる時期にもかかわらず
最新の日記が「ワールカップ三昧」は無いだろう、ということで
ちょっとこまめに更新しようかと思っとります。
いろいろmixiをまわっているうちに、懐かしい方が結構前からmixiに登録していることも発覚したし。

というわけで、さすがに今日は遅いので、明日辺りから、いごいごしていくつもりです。
スポンサーサイト
新たなマイミクシー紹介(mixi強化週間実施中)
2006年08月23日 (水) | 編集 |
昨日の日記にも書いた通り、こまめに更新していこうと思っております。

昨日久々にmixiを徘徊していて、玉野のコミュニティがあったので、一通り読んでみた。
非常にローカルな話題が展開されており、地元に住み続けている自分にとっては
大変懐かしく、興味深い内容だった。
なんか、玉野市内をぶらぶらしてみたくなった。
最近、超運動不足なので、自転車でも買って(現在我が家には自転車がない)
玉野市内のいろいろな場所にサイクリングがてら行って
写真にでも収めてみたくなった。
10年ぐらいの間でも、結構変化があるようなので
無くなってしまう店とか、建物とか
写真にしておいたほうが良いかなとか思ってみたり。

自転車を買うにしても、せっかくなので、前々からほしいと思っていた
折りたたんで車に積めるタイプのがいいかな~って思っている。
でもそれなりの値段しそうな気がする。
ところで自転車ってどこで買えばいいんだろう?
ホームセンターが安いのかな?
自転車屋さんに行くのもなんとなく気が引ける。
DAIKI(旧DIK)にでも行ってみよう。

しかし、自分はめんどくさがりなので、
継続してやっていけるかどうかは甚だ疑問である。


昨日、数少ないマイミクシーに新たに2人が加わった。
sugar先生とごうである。

sugar先生は俺が高校の時の塾の先生だった。
授業の時間以外でもいろいろな話をしたり
いろんなところにドライブに連れて行ってもらったりして
非常にお世話になった方である。
昨日不意に発見してしまい、一人でテンションが上がってしまっていた。
最後にお会いしてから何年が経つだろう?
mixiでの再会となりました。
日記を何日分か拝見したが、勉強になること、考えさせられること
濃いー話題が多かった。ゆっくり読んでいきます。
「献血」という単語が良く出てきます。
(献血といえばsugar先生。変わってない!)
これからもよろしくお願いします。

ごうは玉野のコミュニティにこっそり参加していたようで
俺が何気なくメンバーを眺めていたら発見。
最初は同級生のごう君かと思ったけど
E.Tとクイーンのジャケットの写真で気づいた。
彼とは1学年違うのだが、高校の塾で仲良くなった。
自分と同じsugar先生に教えてもらっていたことが最初のきっかけだったように思う。
彼の母親は教師であり、中学校時代、俺の国語の先生だった。
また、それより少し前、先生をしていない間、彼の家では
英語の塾をやっていて、そこに俺は通っていた。
月謝\2000という恐ろしくリーズナブルな塾だった。
というふうに、なにかと縁のある人である。
数年前まではほんまによう一緒に遊んだ。
最近はごぶさたしております。
近々ついに結婚することになったそうです。
お幸せに!これからもよろしく!

最後にもう一人、何ヶ月か前にマイミクに加わった、かったんを紹介しておこう。
(紹介文をまだ書いておらず、すまぬ)
彼も同じ塾生であり、小学生からの親友である。
よー遊んだ!
彼とは高校時代、毎日うどんを一緒に食べた仲である。
えびが刺さった仲である。
笑えることが好きで、いつも貪欲に新たな笑いを
探す姿勢には頭が下がる。
そして、え~奴なのである。
この前久々に遊んだ時に
一丁目からニュータウンに引越したことが発覚。
同じ投票区になってしまった。
玉野在住チームとして、これからもよろしく!

文章を書く(まだまだmixi強化週間実施中)
2006年08月24日 (木) | 編集 |
今日は、よーけ人の日記を読んだ。
気づけばもうこんな時間。
自分の日記を書いておかねば。mixi強化週間実施中!

みんな自分なりに見たもの、感じたこと、起こったことなどを綴った文章を読むのはおもしろい。
その時その時にいろんなことを考え、頑張って生活しているのがわかった。
大いに刺激を受けた。

俺は文章を書くのが苦手である。
とくに簡潔にまとめるというのが不得意だ。

張り切って何か書こうと思うと、ついついだらだらとながーい文章になりがちだし、短くまとめようとすると言葉足らずになってしまう。

でも物書きでもなんでもないので、まーええかーと思っている。
これからも、まーええかー文章で、日々思ったことを書いていこうと思う。

明日は福山市に出張。
出張ではあるが、別に献血はしません(笑)
最近、福山市の顧客の仕事をしているので、ちょくちょく行く機会が多い。
どうか、めんどくさい事にならないように。
福山出張(またまたmixi強化週間実施中)
2006年08月24日 (木) | 編集 |
今日は、福山市に出張で赴いた。
出張の内容は、近々先方で作業を行うことになるため
端末等を持っていき、設置することだ。
プリンタが重くて、暑くて汗だくになったが、
特に問題は無く、昼過ぎには作業を終えて会社に帰った。

今回は上司の車でいった。
最近新車に買い換えたばかりである。
それほど高級車ではないのだが、最近の車はすごいと思った。
バックモニターもついているし、エアコンは運転席と助手席別々に調節できるし
ライトは自動で点灯・消灯するし、リモコン操作で車体の下がボーっと光るし
ステアリングリモコンはついているし、リアルタイムで燃費計算表示できるし
ナビ・レーダー・ETCもついている。
(オプションで付けないといけないものもあるだろうけど)
そしてエンジン音が静かだし、加速も良い。
惜しいのは、タイヤの騒音が少し大きく感じられたこと。
(この辺りはデジタイヤとかに変えると変わるのかも)
俺のヴィッツとは比べ物にもならないが、音質と燃費だけは勝っていた。
(当たり前であるが)
何年後かには、もっと良い車を買おうと思っている。(ヴィッツは限界まで乗る気である)
ちょっと気になっているのはハイブリッド。プリウス。
地球に優しく、燃費が良い、というより、自分としては
なんとなく「静かそう」というのが、主な理由。
実際乗ったことはないので、よくわからないけど。
今だヴィッツのローンが終わっていないのと、まだまだ元気に走っているので
当分先の話にはなると思う。
思い出(もっともmixi強化週間実施中)
2006年08月26日 (土) | 編集 |
ごうの日記を読んで、思い出エピソードを書いておくことにします。

※ごうの日記↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=205606877&owner_id=590246

俺が幼稚園の年長の時。
当時はまだ玉原(大池)に住んでいた。
近所で仲の良かった友達が2人いて、家がめっちゃ近いこともあって、毎日のように遊んでいた。
小4の兄や、他の小学生とかとも、近くの公園でよく遊んでいて、年齢とか関係なく、友達はたくさんいた。
冬に、岡山には珍しく、雪が結構積もった日があった。
学校に行く児童は、毎朝公園にAM8:00までには集合して、何班かに分かれて集団登校するようになっていた。
幼稚園は開始が少し遅く、俺が家を出るのはいつもAM8:30頃。
珍しい雪がうれしかったので、みんなAM7:30ぐらいから自然と公園に集まって、雪遊びを開始。
子供は元気が良い。
わーわー言うて大騒ぎ。
そうとうおもしろかったと思う(具体的に何をして遊んだかは記憶に無い)
そうこうしているうちにAM8:00になった。
それまでの盛り上がりが嘘のように、一斉に学校へ向けてみんなが去って行く。
学校に行かないのは俺一人だけだ。
急に誰もいなくなった公園に一人取り残された俺。
空はどんよりとしていて、しんしんと降り積もる雪。
辺りには誰もいない。
しばらく呆然としたまま、まるで何かに打ちひしがれたかのように、ゆっくりと家に戻った。
その時、なんともいえない「孤独感」を感じ、「早く小学生になりたい!」と強く思ったことを覚えている。
子供にとって、「孤独」は、そうとう辛いものなのだ。
俺には兄がいたし、母親もその時は仕事をせずに家にいたし、友達もいたので、この時が生まれて初めて「孤独感」を感じた瞬間だったのかもしれない。

そんな事を思い出した29歳の夏の深夜(目がシバシバして来た)
自転車(mixi強化週間実施中リターンズ)
2006年08月27日 (日) | 編集 |


先日日記に書いた通り、昨日は自転車を買いに行った。
国道30号線沿いに最近できたダイキEXへ。
購入にあたり、ポイントとなるのは以下の4点。

?折りたたみ可能であること
?なるべくタイヤの大きいもの
?できれば錆びにくいアルミ製
?ライトが付いていること

ざっとみてみると、店にあるので一番大きい折りたたみ自転車は20インチであった。
ネットで調べたら26インチのものも存在しているらしかったので、
ほんとは26インチが良かったんだけど、置いてないので、20インチのものを購入。
購入した自転車の特徴は

?折りたたみ可能
?20インチ
?サスペンションにより衝撃を吸収
?色はシルバー
?アルミ製
?自動点灯式ライト付き
?6段階変速ギア付き

といったところ。
値段は\17800。考えていた予算内でした。

購入後、日がほとんど沈んで涼しくなってから
早速自転車に乗ってみた。
なんとなく玉方面へ。
うちから玉へ行く場合、基本的に下り坂ばかりである。
PM6:30頃は思ったより随分涼しく、快適に走ることができた。
が、やはり20インチは小さいようだ。
1こぎ1こぎで進む距離が随分短い。
そのぶんこぐ回数をようするので、ももにかかる負担が大きいし、消耗も激しい。
また、サドルが硬い。
尻がすげー痛ー。(自分の体重が重いせいもあるが)
なんとか玉商店街まで辿り着いた。
これ以上遠出するのは危険と思い(体力的に)
家に帰ることにした。
途中中学生ぐらいの女の子二人組に普通に抜かされた。
やっぱり20インチだと、そうとう漕がないとスピードが出ないらしい。
軽くへこみながらも奥玉まで戻ってきた。

ここから心臓破りの坂が続く。

自転車を乗る目的に、「運動」が含まれているため、
坂は歩かず上りきる!という目標を立てていた。
いざ上ってみると、想像以上にしんどい。
それでもギアを一番軽いのにしているので、ももにかかる負担はそうでもない。
ただ、中々進まない。少しずつ少しずつ上っていく。
やっとの思いで上りきる。
ふらふらになりながら、次の玉原~長尾間の坂も上りきった。
しばらくしたら、急に気持ち悪くなる。
立っているのもしんどい状況。
ちょうど大学の時にパンクした自転車を全力で漕いで、ドイツ語の試験に向かった後のような気持ち悪さである。
(その時は10分ぐらい試験どころではなかった)
団地の入り口の坂はほんとに急なので、よろよろしながら歩いて上った。
行きはほとんど汗をかかなかったが、帰ったら汗びっしょりだった。
良い運動になった。
尻がすげー痛くなっていた。

ちなみに、写真は買ったばかりの自転車と、あたりが暗くなりつつある時間の志池。
今度は明るい時に出かけよう。(暗いとなかなか写真に収める気にならない)

次の日の朝(つまり今朝)起きてみたが、思ったほど筋肉痛にはなっていなかった。
毎日とはなかなかいかないだろうが、これからだんだん涼しくなってくるし
自転車に乗っていこうと思う。
しかし、今も尻が痛い。サドルをなんとかせねばと思った。
ミスチル(mixi強化週間実施中FOREVER)
2006年08月28日 (月) | 編集 |
土曜日の昼頃、ラジオでミスチルのリクエストランキングを発表する番組をやっていた。
(自転車を買って帰る道中で聴いた)
ランキングは以下の通り

10位 星になれたらいいな
9位 名もなき詩
8位 君がいた夏
7位 口笛
6位 Over
5位 Tomorrow never knows
4位 Innocent world
3位 Sign
2位 抱きしめたい
1位 終わりなき旅

※8位~6位は記憶があいまいなため、順位が前後していたかもしれません。
自分としては結構以外な結果だったが、どうでしょうか?
(Tomorrow never knowsがダントツで1位と思っていた。1位が終わりなき旅だと発覚した瞬間は「おおっ!」と思った。)
CROSS ROADが入っていないのが以外だった。

個人的には「くるみ」や「I'll be」や「タガタメ」とかも好きな曲だ。
(もちらん上記のランキングに入っている曲も全部好きであるが)

中でも9位に甘んじてしまったが、「名もなき詩」は、曲の構成が自分としては理想的なので好きな曲です。

AB(サビ) AB C(絶望 失望・・・) (短めの間奏) D(成り行き任せの・・・) B(半音上げサビ) A(シメ)

か、かんぺき、だ。
柳本ジャパン
2006年08月30日 (水) | 編集 |

女子バレーワールドグランプリが岡山で!
それを知ったのはつい先日のこと。
バレーはあんまり観ていなかったけど、せっかく岡山に来るのだったら、応援しに行きたい。
と思いたち、今日チケットがとれるかどうか、ローソンにて確認してみた。
やっぱり思ったとおり、「完売」?
それどころか、日本戦に関しては、メニューから既に消えていた。
半ばやけになって、日本戦以外のイタリアやドミニカ共和国の試合も見てみるが、ここも「完売」。
なんとしたことか。
どうやら思った以上にバレーボールは人気なようだ。
ダフ屋狙いで、当日行くだけいってみようかな。
迷い人
2006年08月30日 (水) | 編集 |

「音痴」というのは、歌う時に音を外したりする人のことをいう。
岡山弁で言うと、良く「もげる」人のことである。

この「音痴」という言葉は、他の言葉に引っ付いて、様々な場面で使われる。
例えば、運動音痴、味音痴、機械音痴などなど・・・。

これらの「音痴」が付く言葉は、単にできないのではなく、
「やろうとして努力しても、中々向上がみられない」ことをあらわしているようだ。
それも勉強ができるできない、仕事ができるできないとかとはあまり関係が無いように思う。
「感覚」による部分が大きいのだろうか。

俺は自他ともに認める重度の「方向音痴」である。
そもそも方向音痴とはどういうものか、方向音痴ではない人には中々分かってもらえないので、少し例を上げてみよう。

・よく知っている道でもたまに道を間違えることがある。

・広い駐車場だと、どこに車を停めていたか分からなくなる。

・知らない道に出ると不安になる。

・カラオケBOXなど、個室のお店の場合、トイレに行くと元の部屋がどこだったか分からなくなることがある。

・店から出た瞬間、どっちから自分が来たのか分からなくなる。

・道を間違えたので、Uターンではなく、別の道からの迂回を試みるが、たいていうまくいかない。(逆にさんざん迷った挙句もとの道に戻ったりする)

・国道30号線のような、まっすぐな道の場合、どこで曲がれば良かったのか、中々覚えられない(距離感がつかめない)

・人に道を教えるのが下手。とにかく近くに行ってみないと、どんなんじゃったか思い出せない。

・行きと帰りとでは全く別の道に見える。つまり運良くノーミスで目的地にたどり着けたとしても、ノーミスで帰ることができるとは限らない。

・昼と夜とでは全く別の道に見える。つまり昼行ったことがあるからといって、夜でも迷わずにいけるとは限らない。

・目標物を見落としがち。

・1個前の目標物と勘違いしてしまう。(例えば、「エネオスを左に曲がる」と覚えていたら、1個手前にある関係ないエネオスに過剰に反応する)

・とにかく1回行っただけでは覚えられない。何回か行って覚えたとしても、間が空くと記憶から消去される。

・イオン倉敷から茶屋町経由で玉野まで帰ろうとして、誤って真庭市に行ってしまう。

と、ざっと上げるとこんな感じかな。
方向音痴ではない人にとっては、結構「有り得ない」ことばかりのようなので、
ボケぐらいに思われることもあるが、本人は至って真面目なのである。
ポイントは「距離感」がつかめないことと、「方向感覚」が弱いこと。
それと動画で記憶できない。
普通の記憶力は問題ないのだが、動いている(移動している)映像を頭の中で思い浮かべることができない。
場面場面が静止画で頭に浮かぶだけである。
なので、その場面同士が中々繋がらない為、行ってみないとよく分からない。
そんな方向音痴ができることといえば、とにかく「覚える」ということである。
何回か同じ道を通っていると、さすがに覚えることは出来る。
(しかしあんまり間が空くと忘れる)
だがこの覚え方も感覚的に覚えていることが多いので、人に教えるのは下手である。
しかも応用は利きづらい。
一つでも道を外すと修正するのは困難である。
地図とかで事前に調べていても間違えることが多い
でも昔に比べると、覚えた道が増えてきた分、だいぶましにはなってきた。
が、相変わらず知らないところに行くと駄目駄目である。
どうも感覚というものは、中々成長しないものらしい。
後はカーナビゲーションシステムでも買うしかないかなと思っている。
(さっさと買ったほうがいいとは思っているが、未だに買っていない)

ちなみに「音痴」は訓練次第(布団にくるまって歌ったり、壁の近くで歌ったりして、とにかく自分の声を聴きながら歌うようにして訓練する)で直るらしいので、方向音痴も直るのかなー??
(訓練方法が想像できない・・・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。