ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーオーディオの話(ヴィッツその5)
2009年01月25日 (日) | 編集 |
一部の方はご存知だとは想いますが、カーオーディオに半端ないぐらいお金かけてます・・・。
ここから先は、普通の方の理解を超えた話になるので、あまり興味のない方は読み飛ばして下さい^^

昨年末、カーオーディオに久々に手を出しました手(パー)
始めは買うつもりはなくて、調整程度の予定だったんですが・・・。

まあこれまでの流れは、↓あたりを参照してもらうとして(長いです)

その1(最初の頃の話)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=84876695&owner_id=2784012

その2(良いフロントスピーカー導入の話)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=85886567&owner_id=2784012

その3(超良いウーハーとアンプ導入の話)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=125463377&owner_id=2784012


今回新たに紹介するのは、デジタルプロセッサー搭載DAコンバーター「AZ-2」ですぴかぴか(新しい)



http://www.bewith.jp/ja/product/mirrorstation/az-2/index.html
高っ!げっそり
相当良いギターが買えますね^^

こいつは何をするかと言えば、オーディオシステムの「司令塔」みたいな役割です。
もの凄く簡単に言うと、音を良い感じに整えて、スピーカー(正確にはアンプ)に送る。
今までCDプレイヤーの機能でまかなっていたのを、スペシャリストに任せるといったところでするんるん

ちなみに音楽を再生するおおもとの機器は↓これになります。



http://www.bewith.jp/ja/product/mirrormedia/mm-1/index.html

コンパクトフラッシュを媒体として、音楽(WAV/MP3形式)を再生します。
こいつに関する説明などは、過去のこちらの日記を参照して下さい。↓

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=288451885&owner_id=2784012

このミラーのは、2年前に購入済でしたが、システムの都合上、アナログでの接続になってましたので、まだまだ本領発揮されていない状態でした。
これに上記の「AZ-2」は、デジタルで繋がりますので、本領を発揮できるというわけですぴかぴか(新しい)
まあ、本領発揮する以上に、AZ-2によって、かなり綺麗な音作りがなされるはずなんですムード

それから、ついでといってはなんですが、スピーカーも換えました。
ソニックデザインのSYSTEM-77Fの新型です。



http://www.sonic-design.co.jp/products/f_class.html


さて、この他にもバッテリーが死にかけてるから新しくしたり、ケーブルを買ったりと、プラスの出費もありましたあせあせ(飛び散る汗)

先々週末、この取付け作業が終わりました!わーい(嬉しい顔)
早速聴いてみたんですが・・・。

ヤバかったです!わーい(嬉しい顔)
これはやりすぎた、というほど、もの凄い音で鳴ってます目がハート

今まででも、充分綺麗だったんですが、別次元の音に生まれ変わっておりました。

無駄な音が一切しないというか、なんというか。
どんだけクリア!?っていうほど、各音が鮮明に聞こえますぴかぴか(新しい)
特にボーカルの声や、アコースティック楽器の鳴り方が凄すぎます。
音の広がりも、以前より増しているように思いますグッド(上向き矢印)
前から鳴らしているのに、音が回り込んでくるような感じさえあります。
久々に想像を超えたウッシッシ

もっとも、良い音で聴くには、それ相応に、良い音で録音・マスタリングされた音源が必要になるんですけどねCD
根本の音源がイマイチだと、そこまで良くはなりませんむふっ
でも今までよりはかなり良く聴こえますぴかぴか(新しい)
今はいろいろ聴き直して楽しんでまするんるん

CDデッキも繋いでいるので、CDからも聴けるのですが、こちらはデジタル出力がデッキについていなかったので、アナログでの接続になってしまいました^^
なので、CDはちょっと弱体化したかな・・・ボケーっとした顔
それでもまあ純正のオーディオシステムなんかよりは遥かに良いんですけどね。
これもデジタル出力付きのデッキに換えれば飛躍的に良くなるんでしょうけど、基本的にミラーのプレイヤーがメインなので、そこまではしなくていいでしょうわーい(嬉しい顔)

ついに、ここまできたか!ってぐらい凄いです。
ピッコロがネイルと同化した時と同じぐらいの浮かれ気分ですグッド(上向き矢印)
正直、今回はちょっと、金額が半端ないので、我ながらやりすぎた感がありますがあせあせ(飛び散る汗)これでひとまず、カーオーディオ追求の旅は終了かなと思います。
これから先は、小さく手を付ける事はあっても、そんなに大きなグレードアップはしないでしょう。
これ以上良い音というのは、ちょっと想像できないレベルにまでなってしまいましたし^^
これより上も、あるにはあるんだろうけど、かける金額の割には、そこまでの向上はみられないと思われるので・・・考えてる顔

最終的な音声データ流れは

ミラー型プレイヤー
  ↓
AZ-2(デジタルプロセッサ)
  ↓
アンプ(4ch+2ch)
  ↓
フロントスピーカー×4+サブウーハー

と言ったところです。

はっきり言って、完璧!!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
もう、不満なんて、曲名などが日本語表記が出来ないところぐらいです。

それから、音の定位を操って、運転手の耳に最適に届くように調整されているので、運転席以外だと、ちょっと変、なのが難点なんですがあせあせ
これは前から一緒ですけどね。
助手席は、左側からばっかり聴こえると思います^^
後ろの席は、ウーハーが強くて、低音がうるさい感じになります。
これはまあ、仕方ないです。

もしみなさんも、余裕があるなら、カーオーディオ、グレードアップしたらどうでしょう。
ここまではしなくて良いと思うし、しないと思いますが^^
純正のスピーカーから、数万のに換えるだけでも、結構変わりますからね。
良い音楽は、なるべく良い音質で聴かないともったいない!というのが、僕の性分です。
ここまでくるとやり過ぎですがたらーっ(汗)

頑張って働かないとなあ^^
2年ローンでちまちま返していきます。
スポンサーサイト
今日の出来事(ヴィッツその4)
2006年12月10日 (日) | 編集 |
今日は昨日の日記に書いた予定を実行すべく、朝からお出かけ。
といっても最初に行ったのは歯医者。
途中すげー痛かったけど、なんとか辛抱した。
まだまだ完了せず。
治療代も結構バカにならないんだよなー。

その後、倉敷のカーオーディオショップ「オートモードオリジナル」へ。
オーディオは時間が経つと、音の感じが微妙に変わってくるので、調整が必要なのである。
ついでにいろいろ勧められるんだろうと思っていたが、全て断るつもりで行ったんだが・・・。

↓これを買いました。
http://www.bewith.co.jp/press/050415.html

オーディオがルームミラーと一体化している。
なんか近未来チックだ。
いや、その点に惹かれたわけではなくって、このプレイヤーはコンパクトフラッシュをメディアとして使用する。
カーナビなど、ハードディスクに音楽データを記録していくものは多数存在するが、その際にデータは圧縮されてしまうので、音質に疑問を感じるのである。
その点からナビでの音楽再生は考えていなかったのだけど、上記のプレイヤーは圧縮無しのWAV形式の音楽データを再生できる。
CDからWAV形式で取り込んで、それをCD-Rに焼けば、オリジナルと同じ物ができあがるはずなんだけど、実際は少し音質が悪くなってしまう。
CDからデータを読み込む部分は「CDの表面の凹凸を認識させる」という物理的な要素が入る。買ったCDとCD-Rでは、この凹凸の作り方が違うため、データの伝わり方に差が生まれる。
データとしての損失があるわけではないが、微妙なところが影響して音質に反映されてしまうのである。
その分フラッシュメモリーならダイレクトにデータを転送できるので、より正確な音声データを取り出す事が可能なのだ。
当然音質もオリジナルに近くなるはず。
しかも4GBまでのメディアを認識できるそうなので、CDよりも多くの曲数を入れる事ができる。
今聴きたい曲を随時入れ替えて聴くことによって、メディアの買い足しが必要ない。
車の中がCD-Rだらけになる心配がない。
設置場所がミラーなので、今までのCDデッキもそのまま使う事ができる。
ちょっと高いんだけど、面白そうなので買ってしまった。
設置は来週か再来週になるそう。
非常に楽しみである。

ほんとは新しい車のために貯金しないといけないんだけど、欲しくなるとなかなか我慢ができない。
なんだかんだで半年に一回は高額な買い物をしてしまうんだよなあ。
でも「買わなければ良かった」というものは最近買っていないので、それはそれでいいんかなと思っている。

ちなみにウォーキングは雨天のためできず。
散髪はめちゃめちゃ混んでいたのでやめました。
ゴールデンウィーク(ヴィッツその3)
2006年04月28日 (金) | 編集 |
さて、季節は春、ゴールデンウィーク!

なんと、今回、仕事が暇ということもあり

有給休暇を合わせて、9連休という大型連休を手にした。

うちの会社の休日は基本的に暦どおりなので

入社以来こんな連休は初めてである。

盆休みは無いし、年末~正月も5日間とか6日間ぐらいが
最長の連休だっただけに

今回の連休は強力である。

とりあえず、やることといえば

1.車の12ヶ月点検と洗車

2.録画している映画を観る

3.何ヶ月も放置しているSDガンダムジージェネレーションFをする

4.なんか新しいゲームを買う

5.CDいっぱい借りる

ぐらいしか思いつかない。

どこかにいこうにも、一緒に行かれるような奴はたぶんおらんし

一人旅っていうのもな~。

まー、ゆっくりします。

さて、だいぶ前から放置しているヴィッツの話の続きでも書いておきます。

↓その1↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=84876695&owner_id=2784012

↓その2↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=85886567&owner_id=2784012

フロントスピーカーが良くなりすぎて、ウーハーのいまいち感が露骨に分かるようになってしまった。

そこで、ウーハー用のアンプを追加し、もうちょっとよさげなウーハーを購入することに決めた。

このとき自分の中では、10万ぐらいのつもりで店に行った。

店に行って話をすると、やはりフロントに合わせて、ソニックデザインのものを薦められる。

ソニックデザインの中でも、3ランクぐらいあり、値段的には

最安で5万ぐらい
もう一つ高くて12万
最高で17万

俺としては、重低音の音質って
あまり気にならないような気がしたので

気持ち的に5万でもええかな~と思っていた。

更にアンプを追加する必要もあり

そのアンプが12万ぐらいである。

結構良いアンプなので、フロントをデッキ内蔵のアンプから、追加のアンプに切り替えて

ウーハーを内蔵アンプで鳴らせばいいとのお店の提案を採用することにした。

ここで、お店側から、せっかくなんで、12万ぐらいのウーハーにしませんか?との提案が。

俺としても、それもありかなと思いだす。

そうなると現金での支払ができなくなるので

ローンを組むことになる。

ローンはあまり組みたくないんだが、まあいいやということで、ローンを組むことに。

そこで月割りの値段を計算してもらっていたのだが

月割りにすると最高級の17万のウーハーにしても、そんなに変わらないなーということになり

結局その17万のウーハーを買ってしまった。

工賃やら金利やら込みで33万ぐらいじゃったかな?

ちょっとやり過ぎた感に悩まされながらも

やはり付けてから音を聴いてみると、すごい変化だった。

前付けていたウーハーは、なんとなく低音がボヨンボヨンした印象だったのが
しっかりと締まった音になっており
更にフロント側もニューアンプを繋げたことによって
より鮮明な音となっていた。

これでオーディオ面は、ほぼ完璧となった。
(上をみればまだまだ良くできるが、きりがない)

ほぼというのは、まだウーハーが内蔵アンプなので、専用のアンプを付けるだとか

純正のバッテリーからもっと良いバッテリーに変えるだとか(電源の質によって音質が影響を受ける)
現状のシステム内での細かいバージョンアップが考えられるからである。

とまあ、こんな感じで、オーディオ系はひとまず区切りをつけた。
今後余裕があれば、上記のバージョンアップをしようというつもりで。

ここまででヴィッツの話は約半分。

まだいろんなものが追加されているのであるが
それはまたの機会で。

ヴィッツその2
2006年02月09日 (木) | 編集 |
今日はちょっと中途半端に仕事を切り上げて帰ってしまった。
数十分の待ち時間が発生してしまう処理が終わらないと次のことができないんで。
明日えらいことにならないよう祈ります。
(意外とうまくいったりもする)

さて、車のオーディオの話が途中になっていたので、続きを。

↓前の話
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=84876695&owner_id=2784012

結局我を通して3wayにした。
しかし、実際聴いてみると、ウーハーにより低音部は、まあ良し。
高音部もツィーターでまあ良い。
中音部から低音部にかけてが・・・。

思ったより、ウーハーが利く音域は低い部分にあるらしく、やや低音の部分(ベースとか男性ボーカルとか)がしょぼい。
不満だらけの音になってしまった。
でもわざわざ3wayにしたのに、それを普通に戻すのもなんかシャクなので、そのままデッキの設定を、あれこれあれこれいじりながら我慢して使っていた。

やはりフロントが10cmまでしか付かんというのが大きい。
ヴィッツの限界を感じ、次の車まで諦めるかと思っていたんだが、そんな事情を良く知るオーディオ好きの先輩(玉野市出身在住)から、お勧めの店に連れてってやるとのお誘いが。
先輩はちょうど次の車にオーディオ類をのせかえるための、取り外しの日取りを話に行くのだそうだ。

その店は倉敷にあり、オートモードオリジナルという名。
カーオーディオを主に取り扱っている。

↓お店のホームページ。左側のほうがオリジナル。
http://www.am-original.co.jp/

話を聞くと、ヴィッツでもドアを加工することによって、内側に大きめのスピーカーを付けられるようになるそうである。
ちょうどソニックデザインというメーカーから良い感じの製品が出たばかりで、それを付ければ不満も解決するであろうとのこと。

ちなみにソニックデザインというメーカーは、こだわりがあるようで、一般の店では販売せず、メーカーがこの店になら取り付けをまかせられると決めたところにのみ、販売・取り付けを許可しているそうだ。
下手に取り付けられて、変に鳴らされ、イメージが下がるのを懸念してのことか。
販売を許可している店は多数存在するが、高額な上級モデルの販売を許可されている店は全国に4店しかない。
そのうちの1店が何故かこの倉敷に存在しているのだ。
という、結構すごい店であることが判明。

↓ソニックデザインのホームページ
http://www.sonic-design.co.jp/

それで値段を聴いてみると、スピーカー自体が¥9万ぐらい。
取り付け(ドアを加工したりなんかしたり結構大変なため)が同じく¥9万ぐらい。
今のオーディオ全部の合計より高い。
(このスピーカーでもお手頃なほう。上に書いてある上級モデルには該当しない)

ソニックデザインのスピーカーの特徴は、その「小ささ」と「エンクロージャーとセット」というところにある。

エンクロージャーというのは、スピーカーの周りを覆っている「殻」のようなもの。
むき出しのスピーカーから出る音は、音が四方に分散してしまい、良い音とならない。
なので、スピーカーの本領を発揮させるためには、優れたエンクロージャーが必要なのである。

スピーカーは大きいほうが良い!というのが定説なのだが(俺にはこれが3way化にしてよくわかった)優れた技術と優れた素材と優れたエンクロージャーがそろえば、小さなスピーカーからもそこそこいい低音がだせるようである。(それでも大きいスピーカーの低音より迫力には欠けるようであるが)
しかし、小さなスピーカーはきれいな音を出すには向いているようで、俺の好みはドンドンうるさい音ではなく、きれいでクリアな音なので、要はバランスが良ければ、そんなに低音を出す必要はないようだ。

↓そのスピーカーの紹介ページ(ソニックデザイン)
http://www.sonic-design.co.jp/TIBcatalog/catalog.html
ちなみに俺のはAタイプ。
Bタイプは薄型で、Aが載せらない車の場合はBとなる。
音質的にはAの方がいいそうだ。

ちょっと迷ったあげく、せっかくなので購入決定。
次の車次の車へと乗せかえ、長く使っていけば、決して高い買い物じゃあないと決断した(この辺の金銭感覚が一般の方には理解できんらしい)

結構忙しい店のようで、取り付けまでに1ヶ月ぐらい待った。

そしていざ取り付けてみると・・・。

すげ~異次元の高音質で鳴っておりました。
低音部の充実に期待していたので、その部分の改善はもちろんのこと、意外にも充分であると思っていた高音部の進化のほうが顕著だった。
サイドミラーの根元あたりに埋め込まれた新たなツィーターから出ている高音は、想像以上の音を鳴らす。
アコースティックギターを掻き鳴らす瞬間の音、ベースを弾く瞬間の音、ドラムを叩く瞬間の音、それら「インパクトの瞬間」の音が鮮明に聴こえるようになっていた。
ややキンキンと耳障りな時もあった高音部分が、きらきらと輝いているかのように聴こえるようになっていた。

これでフロントスピーカーは完成。
以上で何の問題もなくなったかに思えたが・・・。
音を聴いた瞬間に思った。やっぱりそうなるかと。
奴がついて来られなかったのだ。


なげ~~
続きはまたの機会に。

以上!
ヴィッツその1
2006年02月07日 (火) | 編集 |
今日は予想通り、雪が積もることも無く、おだやかな朝を迎えた。
たまには会社が休みになるくらいの大雪もいいと思うのだが、いかんせん岡山はバリアでも張っているのかというぐらい天候にだけは恵まれている。
おととしの台風とかは例外です。はっきり言ってあまり参考になりません。

さて、話は変わって、今回は我が愛車?の紹介をしようと思う。
俺が乗っているのは、TOYOTAのVitz(ヴィッツ)。
一応新車で購入。かれこれ4年ぐらいになり、走行距離は7万kmを突破した。
家~会社間が往復70kmぐらいあるので・・・

1週間で5×70=350km

1ヶ月で22×70=1,540km

1年で12×1540=18,480km

このままだと、6年目ぐらいに10万km突破しそうだ。

自分の考えとしては、あと2回は車検を通して、次の車検寸前で買い換え、という感じである。
どこまで走るのかは疑問だが、天下のTOYOTAエンジンは長持ちするとの評判なので、何とか頑張って欲しい。

実は我がヴィッツはかなりのお金が掛かっており、いろんなものが付いている。

ますはオーディオ部分の強化。
俺は結構というか、病的といってもいいぐらい高音質化に興味がある。
車を買った時、待望のCDプレイヤーが付いていたのだが(過去3台ともCD無し)純正品などで当然満足いくはずも無く、強化計画を立てていた。

まずリアスピーカーの設置。
カー用品店に行き、3万円ぐらいの据え置きタイプのものを購入。
その当時は3万円ぐらいが最上位だと思い込んでいた・・・。
割といい音になる。が、まだやや不満。

次にフロントスピーカーとデッキの購入。
ヴィッツのフロントには10cmサイズの小さいスピーカーしか入らない。
基本的にスピーカーは大きいほうがいいというのが定説なので、実際どうなんかな?と思いつつも、しかたがないから10cmの中でも高級な3万円ぐらいのものを購入。
一応ツィーター(ちっちゃいサブスピーカー。高音部をきれいにならすためのもの)もついていた。

デッキはいろいろ調べた結果、1DIN(小さ目のやつ)では、カロッツェリアかアルパインというメーカーのものが、音場を操作して、あたかもスピーカーが左右対称の位置に置いてあるかのように聞こえるようにする機能を持っていることが分かった。
店にいった時にカロッツェリアがなかったので、特にこだわらずアルパインのデッキを購入。6万円ぐらい。CDとラジオのみ、一応MP3にも対応している。

全部設置してもらい、自分なりに音場をいじくったら、割といい感じになった。
が、やはりフロントが10cmなのと、ウーハーが無いため、物足りなさが残る結果に。

次にウーハーを購入。
スピーカーを鳴らすにはアンプがいります。
今の時点で、4つのスピーカー(正確には6つだが)を繋げているので、合計4ch使っていることになる。
デッキには、たいがいアンプを内蔵しており、それを使って鳴らしている状態。
内臓アンプは4chであり、全て塞がっている。
そのため、ウーハーを追加するには、アンプも別途追加しなければならない。
この時点で、かなりお金が掛かりそうな気がしていたが、店員さんに尋ねると、ウーハーを内臓しているアンプがあるとのこと。
ちょうど良いので、それを購入。3万円強ぐらい。

ここで一つの選択肢が。
スピーカーにはそれぞれ得意な音域があり、基本的には小型は高音部、大型になるほど低音部が得意だったりといった具合。
それを考慮して、スピーカーに送る音声データの高音部分だけを小型スピーカー(ツィーター)に、中音部分だけを中型スピーカー(メイン)に、低音部分だけをウーハーにと、それぞれ得意な部分のみに分けてやる方法がある。
3つに分けるので、3Wayというそうだ。
分ける数によって2Wayとか4Wayとかもあるらしいが、一般的には3Wayが良いらしい。

3Wayでステレオにするためには最低5つのチャンネルが必要である。
ツィーターの左右で2、メインの左右で2、ウーハーで1。
俺の環境としては、5ch有り。
スピーカーがフロントに4(ツィーターとメイン)リアに2、ウーハー1。
現時点ではスピーカーこそフロント4+リア2の6つだが、音域は分けておらず、フロントの4つを2chで、リアの2つを2chで単純に鳴らしているだけに過ぎない。
店員の提案では、フロントが10cmと小径だし、そのままウーハーを付け足すだけの方がいいとのこと。
しかし、ウーハーもつくことだし、やや低音に不満のあるリアスピーカーをゴミにしてでも、3Wayにしたほうがきれいな音がなるのではないかというのが、その時の俺の判断だった。


すげ~長くなりそうなんで、次回に回します。
興味ない人にはどうでもええことじゃろ~な~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。