ヒミレレという男女3人アコースティック音楽ユニットを組んでいる「ひら」の、日々の活動記録です。 活動範囲は主に岡山、玉野、津山。 ライブレポ、自身の音楽活動記、思うこと感じること、等々・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
婚約発表\(^o^)/
2014年12月31日 (水) | 編集 |
ご無沙汰しております。
Facebookとかが精いっぱいで、ブログの更新が滞っておりすみません。

2014年も終わろうとしています。
そんな時になんですが、僕は陽子ちゃんという人と婚約しました。
今日大好きな場所で、そこにいる大好きな人達にご報告をし、お祝いをしていただけました。
とてもありがたく、幸せでいっぱいです☆

今年の夏、知人の紹介というやつで知り合いました。
そこからいろんな時間を二人で過ごし、一緒になろうと決めました。
この歳になって良縁に恵まれた奇跡に感謝です。

応援してくれた皆さん。
暖かくニヤニヤしながら見守ってくれた皆さん 笑
そんな素敵な皆さんに見守っていただけることに感謝しながら、二人で幸せな家庭を築いていこうと思います。
またお会いした際にはよろしくお願いします(゜-゜)

と、これを書いてる時に紅白歌合戦では、サザンがピースとハイライトを歌ってます♪
今年ももうすぐ終わるなあ。
来年もどうぞよろしくお願いします。

デコ写真、お膳立て、加奈恵さん、まるちゃん、ありがとうございます!
木洩れ日の場所で出くわしていただいた皆さん、心暖まる祝福に嬉しいプレゼントに、いろんなことにありがとうございました\(^o^)/

IMG_0701.jpg
スポンサーサイト
キングオブ・・・
2009年02月03日 (火) | 編集 |
想像はしていたものの、2月になってしまいました。
まあ、だからといって、別に何があるわけでもないんですが

最近、何かないと日記も書かなくなってしまいました。
何かあっても書かなかったりするんですが^^
久しぶりにだらだらと出口も見つからないままの文章を書いてみようと思います

これまで生きてきて、いろんなものを食べてきました。
その半分以上はおそらく、母親の作る料理でしょう。
今も実家暮らしなので、毎日お腹一杯食べさせて貰ってます。
そりゃ痩せんよなあってぐらい一杯用意されてます^^

母親の料理以外では、外のお店で食べるものや、スーパーの惣菜、コンビニのもの、ほかほか弁当やカップ麺など様々ありますね。
まあ大抵は、プロの作るお店のものの方がどうしても美味しかったりするんですが、個人的にうちの母親がナンバーワンだなあというメニューも存在するわけです

その一つが餃子。
うちの母オリジナルの餃子は、普通のとは結構違ってます。
皮は、まあスーパーで売っている普通のやつを使うんですが、具がちょっと違うようです。
仕上がりのコンセプト自体が違っている感じ

具自体はそんなに変わらないかも?
白菜、ミンチ、ニラ、辺りを使っているんだと思われます。
大きく違うのは、おそらくミンチ肉の部分と思います。

普通の餃子は、こねてこねてベちゃべちゃになるまでこねて、皮に包むと思います。
ふにゃふにゃした食感に仕上がります。

でもうちのは、結構しっかりした食感が残った状態で仕上げます。
色もちょっと濃い感じ。
ちょっとしたハンバーグのようです。
なので、皮がなくても成り立ちます。
実際、皮がなくなって、具が余ったら、具だけ丸めて焼いたりもしてました
牛肉の割合が高いのかもしれません。

焼き具合。
これまた大きく異なります。
普通の餃子は、表面がパリっと、割とドライに仕上げると思いますが、うちのは結構ふにゃふにゃです^^
おそらく蒸し焼き段階の水の量が多い、もしくは、最後に水を飛ばさずにさっさと皿に並べていると思われます

なので、皮がはがれてベロベロになってるものも結構あります^^

パッと見は、完全な失敗作のような餃子ですが、食感、味、ともに、今まで食べた他の餃子より僕は好きです
コンセプトが違う。

あ、そうそう、ニンニクは使わず、ニラで代用してる点もポイントです。
僕はニンニクがあまり好きじゃない
なので、後味爽やか

でもねえ、最近あんまり出てこないんですよね、どこぞの有名店かなんかの冷凍とかが多いんです。
もしくは兄貴の嫁さんが作ってくれた、本場中国仕込みの餃子か。

それらも確かに美味しいことは美味しいです。
パクパク食べます

でも僕の中の、キングオブ餃子は、うちの母親の皮ふにゃ具しっかり餃子なのです
あ~、書いてたら本気で食べたくなってきた
お腹空いてるし^^

そしてなんでいきなりこんな話題なんだろう?
数々の疑問を残しながら、この日記は終わります・・・。
仕事納め テーマオブマイライフ
2008年12月27日 (土) | 編集 |
今日、うちの会社は仕事納めだったわーい(嬉しい顔)
いろいろ忙しかった12月だけど、今日は19:00の時点で一人しか仕事をしてないといった感じ(その人も間もなく帰ったはず)わーい(嬉しい顔)
平和で何よりでしたわーい(嬉しい顔)

でもまあ、出張で年末年始に作業がある人や、連休中に出てこないといけない人もなかにはいますがあせあせ(飛び散る汗)

僕はとりあえず1/4まで連休ですぴかぴか(新しい)
あ、でも明日は午前中だけ社内の大掃除ですけどねわーい(嬉しい顔)
まあ、仕事ではないし、昼前には終わるので、気が楽です。

さて、今年も終わるにあたって、自分の生きるテーマでも書いてみようかと思いますわーい(嬉しい顔)

自分が目指す人間は、広く狭く浅く深い人間です。
相反する事柄のようですが、これらはなんとか共存できるはず手(グー)
そして、そうあるべきだと思うのですわーい(嬉しい顔)

わかりにくい表現なので、詳しく言うと…


マニアックなんだけど、わかりやすいものも受け入れられるような人。

世の中、あることに対して凄く詳しい方は大勢いますわーい(嬉しい顔)
いわゆるマニアやオタクですぴかぴか(新しい)

マニアは、そのことに関する知識が豊富で、自分なりのこだわりを持ってますわーい(嬉しい顔)

それはおおいに結構なことるんるん僕もそうでありたいわーい(嬉しい顔)

だけど、多くのマニアは、深いところに行きすぎて、わかり易いものを否定的に見る傾向があると思うのですボケーっとした顔

そういうものを好きだと言ったものなら、まるでわかっちゃいないなと言わんばかりの感じになります。
そのものが多くの支持を得ていたとしたら尚更ですウッシッシ

そんなマニアには僕はなりたくないなわーい(嬉しい顔)
マニアックなものを追求しつつも、わかり易いものも楽しめるような自分でありたいわーい(嬉しい顔)

例えば、シュールなお笑いも楽しみつつ、くだらないオヤジギャグでも笑ってしまいたいウッシッシ

売上の少ないマニアックなゲームもしつつ、FFやドラクエも楽しみたいわーい(嬉しい顔)

よく知られていないアーティストやさだまさしも聴きつつ、ヒットチャート上位の曲にも感銘を受けたいるんるん

通好みな裁判もののドラマ中心の映画も観つつ、CGバリバリのハリウッド映画に圧倒されたいぴかぴか(新しい)

それぞれの良いところを汲み取れるように…るんるん

頭と心、理屈と直感。
その両立こそが僕の理想とする人間像です

そうすれば、たぶん、いろいろ楽しいことは無尽蔵ぴかぴか(新しい)

好みなんて、自分の意思で決まるものじゃないから、わかんないけど、そんな人間になれたら、この世は楽しいだろうなあわーい(嬉しい顔)

何故か、こんなことを書きたくなった、2008年末。

あっという間であろう連休が、充実したものであることを願いますわーい(嬉しい顔)
ラジオ♪
2008年04月08日 (火) | 編集 |
僕はラジオを聴くのが好きだ。
と言っても家ではあんまり聴かない・・・。
家は専らテレビです。
まあ、電波状況があんまりよくないってのもあるんですが^^

一人でのドライブ中、車の中でラジオを聴く事が多いです。
音楽を趣味にしてて、カーオーディオにもお金かけてる癖に、結構ラジオを聴いてしまってます^^

基本的にお喋りを聴くのが好きです。
それになんかラジオは気軽に聞ける。
たわいのない会話や、そんなに興味の無いラジオショッピング、どこだかわからない地域のイベント情報や、誰だかわからないちょっとだけ有名な人の話やら、リスナーからのお便り、いろんな情報がラジオからは聞こえてくる。
そんな聞き流しても良いような内容をふわ~っと聴きながら車を走らせるのが楽で好きです。

特に朝の気だるい出勤中や、出張での長距離運転、なんだかくたびれ果てた仕事帰りや遊び帰りなど、元気の無い時ほどラジオ率が高くなります^^
音楽だとあんまり気楽に聴けないというか、ガッツリ聴き入ってしまうか、全力で歌ってしまうので、疲れるんですね。
わけわからんかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)

でもやっぱり少し音質を重視してしまうので、ほとんどFMラジオしか聴きません。
やっぱりクリアな音で聴きたいし。
田舎とか場所によってはザアザアいうんですけどね・・・。

ラジオって、向こうからこっちに向けて勝手に流しているものなので、聴こうともしなかった音楽がいろいろ流れるのも良いです。
意外とラジオで聴いて好きになった曲も多いし、そんなにメジャーでないアーティストの曲も多くかかるのもおもしろい。
洋楽なんてほとんどラジオでしか最近は聴かないもんなあ。
結局誰の曲なのか分からないまま終わってしまうケースもあるんですが^^

そんな感じの中、不意に自分の好きな曲がラジオから流れると、妙にテンションが上がったりします。
普通に音源持ってていつでも聴ける曲だって、ラジオから流れるとなんか特別嬉しいんですよね。
時間の都合でいいところでカットになることもあってイライラすることもありますが^^

でも出張でよく利用する道は、途中から田舎道になるのでラジオが全然受信できなくなります^^
かなり残念・・・ダラダラ聴きながら行きたいのに。
仕方が無いから、そういう時は音楽かけます。
なんか失礼だなあせあせ(飛び散る汗)

早くデジタルラジオが全国どこでも聴けるようになって欲しいなあ。
それで田舎にももっと電波を飛ばして欲しいと思う今日この頃です。
Q&A方式で・・・バトンっぽく
2008年01月10日 (木) | 編集 |
[mikly] 今週の特集
mixiから10の質問!2008年の抱負を日記に書こう!
http://mixi.jp/mikly.pl?page=feature&vol=160

こんなのがあったので、ちょいと手抜きがてら答えてみようと思います^^
たるでのライブも近づいて、フワフワしてますからふらふら

==========================
【mixiから2008年にまつわる10の質問!】

1)去年の目標って覚えてる?
 そもそも目標なんて立てたかなあ・・・。
 「継続」することだったような気がしますあせあせ(飛び散る汗)

2)その目標は達成できた?
 達成できたのもあれば出来なかったものも^^
 音楽はおかげさまで続いてます。
 運動は続いてない・・・でも食に気をつかってのは続いてるかな考えてる顔

3)去年の満足度は100点満点でいうとどれくらい?
 90点は、いってるんじゃないかなあ。
 出来なかった事がいろいろあるけど、充実してましたわーい(嬉しい顔)

4)今年、目標としていることはある?
 今年も引き続き「音楽」そして「ヒミレレ」
 録音機材買って、CD作りたいぴかぴか(新しい)

5)それはどんな目標?(ダイエット/趣味を広げる/貯金…など)
 こっちで内容書くのかふらふら
 ダイエットももう少し頑張ってみても良いかもねウッシッシ

6)今年行ってみたい場所はある?
 うーん、これといっては無いけど、社員旅行でグァムに行くのは楽しみぴかぴか(新しい)

7)あなたが今年要注目だと思うものは?(人・モノ・場所…など)
 今年は北京オリンピックがある!

8)2008年、あなたのテーマ曲は?
 ランチタイム♪

9)2008年、今の気分を一言どうぞ。
 意外と大した回答が出来ずにちょっと失敗したかなと後悔してたりしてなかったり・・・あせあせ

10)ちなみに今年はmixiの日記、どれくらい更新する予定?
 去年はいっぱいしたけど、今年は若干ペースダウン&文字数落ちると思いますよ。

==========================


てな感じでした^^

あんまり特筆すべきことはなかったなあ^^

今週もやっと3日終わった~あせあせ(飛び散る汗)
早く来い来い、金曜の夜わーい(嬉しい顔)
食について熱く語ってみる
2007年12月08日 (土) | 編集 |
人間食べないと生きていけない。
だから毎日食事をする。
そしてどうせ食べるならおいしいものを、と思うのが普通でしょう。
栄養やカロリーを考えて、泣く泣く好物を避けざるを得ないこともあるものの、なるべくおいしい食生活をおくりたいものですうまい!

自分は割と好き嫌いが多いほうだと思います。
いや、どうなんかな?食べられないほど嫌いってのはそんなにないかな?いや・・・結構あるなふらふら
オーソドックスなものは大体好きです。
苦手なのは珍味系かなあ・・・クセのある奴は苦手ですね。

嫌いなものは仕方ないとして、何か食べる時、いろいろこだわりが多くて、なるべくそのこだわり通りに食べたいといつも思っています。
たとえばコロッケにはソースをかけるとか、天ぷらには天つゆだとか。

うちの親は結構いい加減で^^しかも自分の好みとは合わないことが多いです。
だから餃子なのにタレつくるの面倒だからポン酢とかで食べたりもします^^天ぷらをソースとかあせあせ(飛び散る汗)

自分はこういうので妥協したくない・・・きちんと自分が好きなようにして食べます。あと暖かいのが好きなので、念入りにレンジでチンします。親は何故か早目に暖めを止めさそうとします、なんでやねん・・・。

それから炊き込み御飯なのにマグロフレークやこんぷや納豆とかを用意してたりします^^いやいや、使いませんから・・・。
どうせなら普通のご飯の日にとっておいて欲しいほっとした顔

せっかく食べるんだから、一番ベストな状態で、ベストな組合せで食べたいと思ってしまいます。だから具材を入れすぎ、というか、これ入って無い方がおいしいのになあとか思いながら食べてたりします。

と、そんな想いを人に語ると「わがままじゃウッシッシ」と言われることが多い^^でも出されたもんは基本的に全部食べますよ!
おいしく食べようといつも貪欲にのぞんでるだけなんですよ!

それから食べたことないものに対しては興味津々ぴかぴか(新しい)
だからお店なんかでも行くたんびに違うもの食べたりします。
大体制覇すると偏ってくるんですが^^
見るからにこりゃイカンってなものは食べなかったりしますけど・・・。

あとこれは言い訳か強がりかなんかかもしれませんが、好き嫌いが多いってのはそんなに悪いことではないよね~って個人的には思います。
むしろ嫌いなものを無理やり勧める人や、自分が好きなものは皆好きだろうと思い込んでいる人の配慮の無さのほうが悪だなと思っています。
カレーが苦手な人もいるし、唐揚げが嫌いな人もいるんですよね、確かに信じ難いですが、その人も自分からすすんで嫌いになったわけじゃないし。
それぞれ好みが違って、それでもおいしいものって皆重なるところが多い。
そんな食って面白いぴかぴか(新しい)
これからもいろんなもの食べて、いろんな人と話して、生きていけたらいいなあって思います。
果たしてから揚げを超えるものに出会えるかどうかexclamation & question
変わっているということ
2007年10月18日 (木) | 編集 |
自分は普通とはちょっと違う、変わり者だという自覚を持っています。
たぶん他人から見てもちょっと変わっている人って映っているかと思います。
音楽をこの歳になってから本腰入れて始めるってこと自体、既に変わっているわけですが

多くの人は変わっていると言われるのを、ちょっと嫌がる傾向にあるような気がしますが、自分にとっては喜ばしいことです。
まあ普通のサラリーマンだから、普通の社会人です^^
体型は標準より少し太め^^身長もやや高目、ルックスは標準以下だと思います。
そんなことはいいとして、考え方というか、発想というか、こだわりとか、その辺の感覚的な部分で普通ではありたくないと思っているわけです。
だからといって、自分にウソをついてまで考え方を普通でなくそうとしているわけではないのですが、まあ安易に流行に流されないようにするだとか、みんながやってるから自分もやろうとか、そういう主観的でない動悸で行動したくないといったところかな。
一度自分の中で吟味して、面白そうなら取り入れてみる、興味があったらやってみる。
いろんな情報、鵜呑みにするんじゃなくて一回吟味してみる。みんなが躊躇するようなことを敢えてやってみる、などなど。

変わり者にとってあまり好きではない言葉は「常識」だとか「当たり前」です。
もっとも、必要最低限な常識などは必要です。
他人に迷惑をかけるような常識はずれな行動、言動は慎むべきです。
ただそれ以外は??
ほんとに必要なこと??なんとなくみんなやってるからそうしなきゃあいきない気がするって程度の常識や当たり前ってのは、一回考えるようにしています。
そういうものを押し付けられるのはすごく嫌いだ。
まあ従わないことによって、余計な波風が生じるようなら受け入れますが、心の中では常に嫌がってます^^
なるべく自由でいたいのです。

こんな自分なので、これから???な発言や、謎な行動などあると思いますが、暖かい目で見守ってもらえたら幸いです。
そして明らかに間違っていると思われることがあれば、どうぞ遠慮なく指摘・注意・説教などしてやって下さいね。
これからもどうぞよろしく、お願いします
痛いです
2007年07月19日 (木) | 編集 |
今とあるところが痛い。
昔からそうなのだけど、自分の弱点。
対して鋭いものを食べたわけでもないのに、何故か切ってしまいます。

痛い部分は舌の裏っ側です。
右側の根元付近、側面付近。
なにで切ったかは覚えていません。
下手すると揚げ物とかでも切りますから・・・。
ボテトチップスだと1/3ぐらいの確率で切ります。
最近はとんと食べていないのですが。
たぶん2~3日前に切ったと思うんですが、ちょっと遅れて痛さのピークがやってくるわけです。
今回の痛さレベルは「中」程度だと思います。
喋る分には大丈夫ですが、食べたり飲んだり歌ったりすると痛いです。
あまり口を開けないようにして、変な歌い方になります^^
力出せませんあせあせ(飛び散る汗)

さらに痛さレベルが「大」のものとなると、しゃべっただけで痛いという凄く嫌な感じになります。
食事もいつもの2倍ぐらいの時間がかかります^^
口内炎が可愛く思えるほどです。
幸い今回は中ぐらいなので、今がピークではないかと思うのですが、あと2日ぐらいでなんとか収束していって欲しいものです。

最近決まって右側のような気がします。
噛み方に問題があるのかなあ。
でもそんなん矯正しようがないような気がします。
どうにかならないものかなあ。
どんな細かい味までわかる神の舌なんていらないから、絶対に切れない屈強な舌が欲しい今日この頃ですもうやだ~(悲しい顔)
あがり症です
2007年04月27日 (金) | 編集 |
前々から自覚はあるんですが、自分は「あがり症」です。
自分に注目が集まるととたんに緊張してしまうのです。
少年時代を思い返すと、普通の運動会でのリレーでバトンを待っている時、信じられないぐらい心臓がバクバク鳴っていました。
たかが運動会なのに。
球技大会、ソフトボールでネクストバッターズサークルで待っている瞬間、ドキドキしていた。
別に一生懸命練習して臨んだ大会でもないのに。
何故か必要以上に緊張することがあります。
これってソロミュージシャンにとっては致命的だなあ^^
たまに自分でも意外なほど緊張しない時もあるんですけどね。
大学入試の面接とか、入社試験の面接とか。
(始まるまではもの凄く緊張してますが、始まってからは落ち着いていた)

今日、久々にゆず路上ミュージシャン「空風」さんと一緒にゆずの曲を演奏して歌いましたが、最初に自分のソロ練習をしてみたんですね。
最近練習しているさだまさしの「秋桜」です。
今日は椅子に座っての演奏だったんですが、なんかやけに右足が震えて震えて^^
誰が動かしてるんだ!?って思うほど自分の意志に反して貧乏ゆすりのように動くんです。
なんとかそれなりに演奏はしましたが、普段の力が出せてないような内容でした。
別にそんなに緊張しなくてもいいシチュエーションなんですけどねえ。
でも「しばらく見んうちにめちゃめちゃ上達しとる」って言ってもらえて、そこは素直にうれしかったです^^
まあ、本番では立って演奏するから貧乏ゆすりにはならないと思いますが、ちょっと心配になってきました。
曲練習は本番のように緊張感をもってやるべき!と誰かが言っていたのを思い出しました。
一人で路上出て特訓しようかなあ。
最終的には「なるようになる」精神で臨むとは思うんですが。
できるだけのことはやっておきたいです。

さて、大型連休が近づいてきましたが、28日は福山市でAM3:00スタートの仕事があります^^
しかも終わるのはその日のAM0:00頃です。
まるで24時間テレビのようなスケジュールですが、前々から分かっていた作業なので、ついにきたか!といった感じです。
なので明日は会社帰ったらすぐに寝て、AM0:30起きです(わけわからん・・・)
ワールドカップの準決勝を生で観た時より厳しいスケジュールですが、一日だけで、それが終われば休み(8連休とかではありません)なので、なんとか頑張ろうと思います。
ソロライブの原型
2007年04月11日 (水) | 編集 |
来月には倉敷芸文館でのライブが決まって、結構テンパっている駆け出しミュージシャンの自分ですが、実はソロライブというのを経験したことがあります。
もっともライブと言えるようなたいそうなものではなく、高校の音楽の授業の話なんですが。
自分達の高校の音楽の授業というのは、教科書に載っている歌を覚えて、覚えたら先生のいる部屋へ行き、歌えば1ポイントゲット!というような方式でした。
そのポイントに基づいて成績が付くというシステムです。
自分は推薦での受験を1年生の段階で企てていたので、いい評定をとっておかなければいけません。
なので、みんなが遊んでいる中(音楽の授業は毎回自習のようなものでした)それなりに覚えて歌わなければいけませんでした。
歌ではなくて、楽器で演奏してもよかったんですが、楽器はほとんど弾けるものもありませんでしたので、歌ったほうが手っ取り早いということもあり、ちょくちょく覚えては先生の前で歌っていました。
これは別に先生の前で1対1で歌うだけなので、さして緊張するわけではありません。
もっとも歌詞はちゃんと覚えてなければポイントゲットとはならなかったので、間違えないようにしないといけないというプレッシャーは少しありました。
知っている曲から順に覚えて歌っていったんですが、そのうち知っている曲がなくなります。
そうなると楽譜から曲調など読めない自分ですから、ポイントゲットが危うくなります。
そんな時はパソコン(MSX)の音楽作成ソフト(とはいっても軽いプログラミングです)に楽譜を忠実に入力していって、パソコンに音を出してもらい、それで曲を覚えるといっためんどくさい作業をしていました。
今考えるとすごく地道な努力をしていたようで涙ぐましい。
(その音楽作成ソフトでのドレミの割り当てが丁度C=ド、D=レというふうになっていたため、ギターを始めた時、コードとドレミの関係性は結構すんなり理解できました。)
そんな風に音楽の授業は進んでいくのですが、(たまに皆で映画を観るだけという日もありました)
各学期の終わりには、みんなの前で覚えた歌を歌ったり、楽器を演奏したりする軽い発表会のようなものを行うのです。
これに関しては、教科書の曲に限らず何でもOK。
複数でのアンサンブルも可といったものでした。
その発表は別に強制はされませんでしたが、1曲発表するとなんと5ポイントゲットなのです。
もはや教科書の知っている曲が少なくなってきている自分にとっては嫌でも参加するしかありません。
それも5曲までOK(2曲目からは1ポイント)なので、5曲まるまる使ってやろうと思っていました。(今考えると5曲もやっていたのは自分だけだった)
当時そんなに歌も知らなかった自分が選んだ曲は「童謡」
1曲1曲が短いので、5曲歌っても飽きられないと思ったし、結構童謡は知っていたから。
演奏なんてなにもなしの完全アカペラ!
小学生の頃に毎日歌っていた「みんなのうた」という歌本から5曲抜粋し、それを大声で歌った。
はっきりいって、かなり緊張してたと思います。
かなりコアな選曲だったため、それなりにウケてはいました。
(さすがに「森のくまさん」とか「どんぐりころころ」レベルの曲は歌いませんでした)
当時は記憶力が良かったのか、歌詞を間違えることはなかったと思います。
そんな感じで、結構自分が歌うのは恒例となってて、(男子生徒では自分ぐらいしか参加していなかった)毎回しっかり9ポインツゲットしていたわけです。
おかげで1年時の音楽の評定は5。
男子生徒では学年で唯一だったらしい。
2年生になって、通常の授業の時にはあんまり先生のところに歌いに行っていなかったので4に下がったが、学期末の童謡を歌うことはやめなかった(というかここで稼がないとポイントがとれない)
というわけで、結構童謡には思い入れがあります。
インスタントラーメン
2007年04月03日 (火) | 編集 |
自分は子供の頃からインスタントラーメンが大好きだ。
親としては健康のため、あまり食べさせたくはないようだけど、それでもちょくちょく食べていた。
今でも休日のお昼や、会社でのお昼なんかに食べることは多い。
インスタントラーメンにはお店のラーメンとはまた別のおいしさがあると思うのです。
最近はもの凄くたくさんの種類が発売しては消え、発売されては消えていく状況です。
新発売のものを見かけるとついつい試食してみたくなって、実際に食べてみるのですが、大体一回で終わってしまう事が多い。
そういうのは大抵消え去っていく悲しい商品なわけです。
その中でも長年君臨しているものは、やっぱりおいしいものが多い。

自分はカップのものより、袋のものの方が好きです。
カップの方が確かに具材が充実している場合が多いのですが、麺の出来は袋の方がいいと思います。
生麺タイプとかいろいろありますが、その辺のものはもはやインスタントというより、本物のラーメンに近く、インスタントならではの良さがなくなり、中途半端なラーメンになってしまっているような気がします(ラ王とかグータとかはおいしいですが)
やはり鍋で煮込める分、麺の出来には袋の方が一枚上手なような気がします。

中でも好きなのは、「イトメンのちゃんぽん麺」これは別格です。
次点としては「サッポロ一番みそらーめん」「出前一丁」「好きやねん」「エースコックのワンタンメン」「チキンラーメン」「サッポロ一番ごま味ラーメン」「COOPのカレーうどん」
有名メーカーのものばかりですが、やはりよく分からないメーカーのものはいまいちのものが多いです。
チキンラーメンはそのまま食べてもおいしいです。
個人的にはもう少しうどんが充実してくれるとうれしいのですが・・・。

カップ麺はいまいちと書きましたが、「どんべえ」や「赤いきつね」「緑のたぬき」「焼きそばUFO」「カップヌードル」辺りは優秀です。おいしいです。
「どんべえ派」と「マルちゃん派」に分かれると思いますが、自分は昆布だしの赤いきつねの方が好きです。

これだけいろんな新商品が開発される中、なかなか上記のものを超えられる自分の中でのヒット商品が出てきません。
それだけ新商品の開発というのは難しいんでしょうね。

ちなみに野菜などの具を自ら追加して食べるのはあまり好きではありません。
あくまでも純正の味にこだわって食べます。
(たまにチキンラーメンに玉子を入れたりはしますが)
いろいろ書きましたが、結局オチは何もありません^^
たまに音楽以外の話を書こうとおもって無理やり書きました^^
これからも食べ過ぎない程度にインスタントラーメンと付き合っていけたらなと思います。
ゲーマー
2007年03月26日 (月) | 編集 |
ギターの練習を再開してからほぼ半年が経過しました。
これはゲームをしなくなった日数とほぼ同じです。
今までゲームに費やしていた時間、またはそれ以上の時間をギターの練習等に費やしていることになります。
別にゲームに興味がなくなったわけではなく、単純に自分の中での優先順位がギター→ミクシー→テレビ→映画→その他(ゲーム等)といった順番になっているため、なかなかゲームにまで手が回っていない状態です。
本来の自分の1番の趣味はゲームだったはずなので、少し罪悪感すら感じます^^
初めてゲームを手にした小学生1年から、半年間もゲームをしていないというのは初めてのことかもしれません。
それぐらい音楽が楽しいということなんでしょうかね。
この半年の間に、プレイステーション3が発売したり、任天堂Wiiが発売したりと、ゲームファンにとってはかなり熱い時期だったはずなんですが、ことごとくスルーしております。
でも一応情報だけはチェックしていて、やってみたいゲームはいろいろ出ています。
自分の信条として、単なる情報通ではなく、実際に常にプレイする生涯プレイやーを貫くはずでしたが、今ではただの情報通と化しています。
まあ、それも仕方がないかなと思っていますが。
新ハードが発売されると、自分は必ずどれか1台は買っていました。
ファミコンの次のマシンとしてスーパーファミコン・メガドライブ・PCエンジンとある中、自分が選択したのはメガドライブ。
次にプレイステーション・セガサターン・ニンテンドウ64の中ではセガサターンを買いました。
(数年後にプレイステーションも買いました)
更にドリームキャストを買い、プレイステーション2を買い、ニンテンドウゲームキューブを買いました。
この時期が一番ハードを買った時期です(ゲームキューブはほとんど稼動してませんでした...)
そして今はX-BOX360とプレイステーション3とニンテンドウWiiです。
買うとすればプレイステーション3なんですが、いかんせん高いのと、今買ってもほとんどしないので、ほんとにしたくなるゲームが出るまで買わないとは思います。
Wiiは面白そうですが、自分のプレイスタイル(まったりとRPGをする)というのには合わなそうということで買う予定はありません。
でも一回ぐらいは触ってみたいとは思っていますが。
携帯ゲームも今は凄く進化していて、一昔前の据え置き機の性能を凌駕するような状態です。
でも携帯ゲーム機も自分のプレイスタイルには合わないので、今まで一度も買ったことがありません。
一度ゲームボーイが発売されたばかりのころに、買おうと何店も探し回ったことがありますが、結局手に入らず、そのまま買いませんでした。
ニンテンドウDSには少し興味がありますが、これもほとんどする時間がないと思うので、未だ買わず終いです。
このままどれぐらい連続ゲームしない日数が更新されるのかはわかりません。
ドラクエやファイファンの新作が出たらプレイするのかもしれません。
(それもなんか嫌なんだけど)
やり出したら止まりませんから、躊躇しているのかもしれませんが、今のところはギターギターギターですね。
最終的にギターの話に戻って^^最近ますます練習量は増えていますが、上達するスピードは確実に落ちています。
でも毎日練習しているから、下手にはなっていません。
現状維持→現状維持→少しレベルアップ?→勘違い→現状維持→やっぱり少しレベルアップ
という毎日です。
練習帳はまだ早すぎたのか、自分が不甲斐ないのか、2つ目で既につまずいてます。
思い切って3つ目もやってみましたが、8小節中2小節分がゆーーっくりと弾けるようになったぐらいです。
効果が出てるのかは不明ですが、今までやったことないことをやっているので、どこかしらの経験値は上がっているはずです。
あとは演奏の不安定さをもっと改善したいのだけど、これは回数こなすしかないのでしょう。
とりあえず回数こなして安定化させるのがこれから半年間での目標です。
練習帳も地道にこなしていきます。
音楽歴3
2006年11月10日 (金) | 編集 |

完結編!のつもりで書きます。

中3~高3ぐらいまでは、そんな感じでJ-POPばっかり。
でも、あんまり一人(1グループ)のアーティストに注目して聴く(アルバムを集めたりとか)ということはしなかった。
金銭的な問題もあったかもしれない。
高3の時に、自分の心のアーティスト「奥井亜紀」の曲に出会うことになるが、あまり知られていないので多くは語らないでいよう。

音楽的に広がったのは、高3ぐらいからかな。
「Mr.BIG」のベストアルバムのCMを観て、「なんかええなー」と思い、衝動的に買ってみて聴いてみると、殊のほか良かった。
ハードロックに興味を持つ。
そしてマイミクの「のり」や「ごう」の影響、またプロレスの影響もあったかもしれないが、へヴィーメタルを聴きだす。
「インペリテリ」「ハロウィン」「ジューダスプリースト」「ストラトヴァリウス」「メタリカ」「ロイヤルハント」等など・・・。
この頃同時に「クィーン」も聴く。
他には「ハーレムスキャーレム」「フェアウォーニング」「エクストリーム」「デフレパード」
この頃が、自分の中の洋楽全盛時代かな。
今はあまり積極的には聴いていない(決して嫌いになったわけじゃあない)
もちろん、J-POPも並行して聴いていた。

そんな折、一つ自分の中の核になるアーティストが登場する。
「ゆず」
初めて、アルバムからカップリングから全曲聴きたい!と思った男性アーティストだと思う。
ゆずに関しては、以前日記に書いたので↓、省略する。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=210641881&owner_id=2784012

2000年辺りは、自分の中でのアーティスト当たり年。
「矢井田瞳」「鬼束ちひろ」「LOVE PSYCHEDELICO」が登場する。
全て女性アーティストだが、全曲聴きたくなる存在だ。
「鬼束ちひろ」についても以前の日記に書いたので、詳しくは↓を参照して欲しいと思う。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=217978753&owner_id=2784012

他のアーティストについてもおいおい書こうと思う。

最近では「YUI」「アンジェラアキ」も全曲聴きたくなるようなアーティストだ。
この辺りもおいおい紹介しようと思う。
(それにしても女性ばっかりだな・・・)

今は、そういうお気に入りのアーティストの曲、ヒットチャート等で気に入った曲をメインとし、たまに気が向いたらヘヴィメタやハードロックを聴いたり、映画やゲームのサントラを聴いたり、葉加瀬太郎のバイオリンの演奏を聴いたり、T-スクウェアを聴いたり、ヒーリングサウンド?を聴いたり、ジャズっぽいのを聴いたりと、いろんなジャンルの音楽を聴いている。
でも最終的に思いっきり歌いながら聴ける「ゆず」であったり「ミスチル」であったりに戻ってくることが多い。

結局何が言いたかったかというと、自分は一度好きになったものは、基本的に嫌いになったりしない。
なので、好きなものが増えていく一方で、時間が足らなくなる一方だということである。
これからも、時間があれば、なるべく多くの曲を聴き、お気に入りをどんどん増やしていきたい。
と同時に、お気に入りアーティストをもっと深く聴きこみたい!
以上!

--------------- お知らせ --------------

明日から社員旅行で韓国へ行って来ます。
そのため、日曜の夜まで、mixiの更新ができませんのでご了承下さい。
頂いたコメントに対するレス、日記へのコメント等は帰ってからまとめてします!
続・音楽歴
2006年11月08日 (水) | 編集 |

昨日の続きです。

ラジカセにファミコンの音楽を録音して聴いていた、というところから。
その延長として、我が家には妹のエレクトーンがあったので、それを使って、ファミコンの曲を耳コピし、弾いたりしていた。
主旋律だけだと割と耳コピできていたのだが、両手を使って和音を奏でたりするのはできなかった。
友人にできる奴がいたので、そいつに教えて貰って、何曲かは両手で弾けたりできるようになった。
ちなみにその時身に付けたのは「ドラゴンクエスト2:ほこらの曲」「ドラゴンクエスト3:ほこらの曲」「新鬼ヶ島:第2章の夜の曲」。
たぶん今でも弾けるんじゃあないんかなー。

そんなこんなしているうちに、世間から少し遅れたが、我が家にもCDプレイヤーがやってきた。
カセット付きのCDラジカセ。
張り切って兄貴は「リンドバーグ」の「I MISS YOU」を購入。
だが自分は何を買ったらいいのかわからなかったので何も買わなかった!
そしてレンタルCDの存在を知る。
最初に借りていたのは、ゲームのサントラやアニメのサントラばかり。
歌のないインストゥルメンタルばっかり。
でもサントラというのは、いろんな場面で使われる曲が一緒くたに詰め込まれているので、ジャンルの幅は広い。
今思うと、この頃いろんなジャンルの曲に触れていたから、今でも様々なジャンルの曲に興味があるような気がする。
今も映画のサントラ等を聴くのは好きである。

ヒットチャートに載るような曲を聴きだしたのは、中3ぐらいからかなー。
兄貴の買った「リンドバーグ」が思いの他良かったり、テレビドラマの主題歌を聴いて「良い曲だ!」と思ったり。
最初に買ったCDは、「ZARD」の「負けないで」
この曲は良かった!未だに好きである。
この頃から、土曜の深夜に「カウントダウンTV」の放送が始まった。
毎週それを観ていると、ヒットチャートの情報が入ってくるので、よさげな曲をピックアップして、レンタルしてはカセットに録音して聴いていた。
この頃よく聴いたのは、「リンドバーグ」「ZARD」「福山雅治」「WANDS」「ミスチル」「とんねるず」などなど、基本的にシングル曲。
今でもそうだけど、基本的に「曲」で決める。
(ある程度は人でも決めるが・・・)
アルバムはほとんど買っていない。
意外と外しているのは「サザン」「ドリームズカムトゥルー」「B'z」「X-JAPAN」
でも、カウントダウンTVを毎週観ていたので、このあたりのシングル曲はサビだけならほとんど分かる。
この頃から「J-POP」をメインとするスタンスが確立されたように思う。
洋楽を聴き出すと、J-POP離れを起こす人がいるが、自分は未だにJ-POPは外せない存在だ。

この頃洋楽は全然聴いていない。
洋楽を聴くようになるのは高校3年ぐらいからである。
終わりが中々見えてこないので今日はここまで。
明日完結を目指します^^
音楽歴
2006年11月08日 (水) | 編集 |

今日は、自分の音楽歴について書いておこうと思う。

元々自分は、音楽は好きだったように思う。
学校の音楽の授業も嫌いではなかったし(何度も何度も繰り返し練習させられるのは嫌だったけど)成績も結構良かった。
その時割とまじめに取り組んでいたので、音符の種類や休符の種類なんかも分かる。
学校でこの辺はちゃんと習っているのだ。

記憶をさかのぼると、小さい頃の「曲」や「歌」という存在は、童謡であったり、戦隊モノの主題歌であったり、藤子アニメの主題歌であったり、ポンキッキやみんなのうたで歌われる歌であったり。
子供の頃は、ヒットチャートに載るような曲はほとんど聴いた覚えがない。
かすかに記憶にあるのはさだまさしのグループである「グレープ」の「無縁坂」や「聖霊流し」、自分が「勉」のせいだろうか、「やまぐちさんちのツトムくん」もレコードがあったと思う。
その後レコードは次第に衰退して行く。
と同時に、自分がタンスの上からプレイヤーを落として壊してしまい、我が家からレコードは姿を消した・・・。

レコードと入れ替わりのタイミングかどうかは記憶が定かではないが、我が家は「ラジカセ」を購入した。
2つカセットが入れることができ、ダビングが出来るタイプである。
でも音楽カセットを買うことはなく、普通におしゃべりを録音したり、みんなのうたの「ありがとう、さようなら」を幼い妹が歌っているのを録音したり、テレビ番組を録音したりといった使い方ばかりしていた。

ちょうどその頃我が家には「ファミコン」があった。
自分は今でもゲームはするが(ここ1ヶ月程何もしていないが)当時は今以上に夢中になって遊んでいた。
(最終的には親に本体を隠されて、強制的にできなくなったりもした)
ゲームには音楽がある。
自分はその音楽を良く口ずさんだりしていた。
「♪ティリッティッティティッティッッティー」のように。
そのうちお気に入りのゲームの音楽をラジカセに録音してじっくり聴いたりするようになった。
当時は生録音なので、よく母親の声や、外の雑音が混ざったりして失敗することもあったが、なんとか録音しては聴いていた。
ちまたでは結構CDが普及しつつあったのだが、我が家はまだしばらく「ラジカセ」1本で過ごすことになる。
確かCDラジカセを我が家が購入したのは、自分が小6か中1ぐらいの時だったと思う。

書き出したら思いのほか長くなってきたので、続きはまた明日!
黄金
2006年10月14日 (土) | 編集 |



自分が好きな色は、ずばり「金色」だ。
一般的になんか、成金趣味といわれ、敬遠されがちな色であるが、黄金色に光り輝くきれいなところが好きである。
純金であろうが、メッキだろうが、その辺りは気にしない。
純粋に色合いが好きなのだ。

黄金は特別な感じがする。
聖闘士星矢ではゴールドクロスを身にまとったゴールドセイントが出てくるが、彼らの繰り出す拳は光速を超え、コスモは恐ろしいほど強大だ。
それにゴールドクロスは最強をほこる。
絶対零度まで温度を下げないと凍らすことは出来ない。
Zガンダムでは全身金色の百式というモビルスーツが登場する。
操縦するのはクワトロ・バジーナ大尉。
元ジオン公国のエースパイロット「赤い彗星」のシャア・アズナブルだ。
キャプテン翼の大空翼と岬太郎はゴールデンコンビと称される。
初めてプレイした時から、抜群のコンビプレイを発揮。
その後、二人のコンビプレイで何度も勝利へ導いた。

黄金や金は、一般的に素晴らしいもの、貴重で価値のあるものの比喩として使われる。

「黄金の左足」、「金の卵」、「ゴールデンルーキー」、「ゴールデンウィーク」、「ゴールデンタイム」

いろいろあるけど、特に好きなのは、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部(東方仗助が主人公の話)でジョセフ・ジョースターが言った「黄金の精神」という表現だ。
勇敢で、意思が強く、正義ある精神。
そんな光り輝くような心を、見事に表現しているところが気に入っている。

なんか漫画の話になってしまった。
趣味の波
2006年10月13日 (金) | 編集 |
自分には趣味が多い。
その全てをまかなうには、まったくもって時間が足りない。
そのため、いくつかに絞って行動するわけだが、自分の趣味には不規則な波がある。
その時その時で、趣味に優先順位がつき、優先順位が高いものを最優先するといった具合である。
だが、この優先順位は、自分の気分や、その時の環境などによって大きく変動するし、結構極端であったりする。
例えば、
「とある映画がおもしろかった」→「やっぱり映画はおもしろい」→「いっぱい映画が観たい」→「週末で8本ほど映画を観る」(映画モード)

「待望のゲームが発売」→「即購入しプレイする」→「おもった通りおもしろい」→「止め時が難しい」→「週末で30時間ぐらいプレイする」→「平日も深夜までプレイし睡眠不足」(ゲームモード)

「サッカーワールドカップが始まった!」→「毎日録画しつつとにかく観る」→「1ヶ月間サッカーしか観ていない」(4年に一度)

というように、ハマってしまうと、他のことには目もくれずぼっとうしがちな傾向にある。
大体この「~モード」が訪れたあとには、消化しきれない録画番組の山が立ちふさがって、半強制的に「テレビモード」となることが多い。

今は「ギター&歌」「運動」「mixi」の3本柱が確立されていて、他のことが入る隙がほとんどない。
かつてないほどの録画番組の山を前にしながら、どうしようか悩み中。
そんな隙間を縫うように、今日は「Dr.コトー診療所2006」を観た。
いきなり泣きそう。毎週観る事になりそう。
しかも前シーズン観ていないので、そのうちDVDとか借りて観なければ・・・。
隙間を縫ったのはいいが、また楽しみが増えてうれしいやら苦しいやら。
1ヶ月ぐらい休みがないと、消化しきれないだろうなー。
迷い人
2006年08月30日 (水) | 編集 |

「音痴」というのは、歌う時に音を外したりする人のことをいう。
岡山弁で言うと、良く「もげる」人のことである。

この「音痴」という言葉は、他の言葉に引っ付いて、様々な場面で使われる。
例えば、運動音痴、味音痴、機械音痴などなど・・・。

これらの「音痴」が付く言葉は、単にできないのではなく、
「やろうとして努力しても、中々向上がみられない」ことをあらわしているようだ。
それも勉強ができるできない、仕事ができるできないとかとはあまり関係が無いように思う。
「感覚」による部分が大きいのだろうか。

俺は自他ともに認める重度の「方向音痴」である。
そもそも方向音痴とはどういうものか、方向音痴ではない人には中々分かってもらえないので、少し例を上げてみよう。

・よく知っている道でもたまに道を間違えることがある。

・広い駐車場だと、どこに車を停めていたか分からなくなる。

・知らない道に出ると不安になる。

・カラオケBOXなど、個室のお店の場合、トイレに行くと元の部屋がどこだったか分からなくなることがある。

・店から出た瞬間、どっちから自分が来たのか分からなくなる。

・道を間違えたので、Uターンではなく、別の道からの迂回を試みるが、たいていうまくいかない。(逆にさんざん迷った挙句もとの道に戻ったりする)

・国道30号線のような、まっすぐな道の場合、どこで曲がれば良かったのか、中々覚えられない(距離感がつかめない)

・人に道を教えるのが下手。とにかく近くに行ってみないと、どんなんじゃったか思い出せない。

・行きと帰りとでは全く別の道に見える。つまり運良くノーミスで目的地にたどり着けたとしても、ノーミスで帰ることができるとは限らない。

・昼と夜とでは全く別の道に見える。つまり昼行ったことがあるからといって、夜でも迷わずにいけるとは限らない。

・目標物を見落としがち。

・1個前の目標物と勘違いしてしまう。(例えば、「エネオスを左に曲がる」と覚えていたら、1個手前にある関係ないエネオスに過剰に反応する)

・とにかく1回行っただけでは覚えられない。何回か行って覚えたとしても、間が空くと記憶から消去される。

・イオン倉敷から茶屋町経由で玉野まで帰ろうとして、誤って真庭市に行ってしまう。

と、ざっと上げるとこんな感じかな。
方向音痴ではない人にとっては、結構「有り得ない」ことばかりのようなので、
ボケぐらいに思われることもあるが、本人は至って真面目なのである。
ポイントは「距離感」がつかめないことと、「方向感覚」が弱いこと。
それと動画で記憶できない。
普通の記憶力は問題ないのだが、動いている(移動している)映像を頭の中で思い浮かべることができない。
場面場面が静止画で頭に浮かぶだけである。
なので、その場面同士が中々繋がらない為、行ってみないとよく分からない。
そんな方向音痴ができることといえば、とにかく「覚える」ということである。
何回か同じ道を通っていると、さすがに覚えることは出来る。
(しかしあんまり間が空くと忘れる)
だがこの覚え方も感覚的に覚えていることが多いので、人に教えるのは下手である。
しかも応用は利きづらい。
一つでも道を外すと修正するのは困難である。
地図とかで事前に調べていても間違えることが多い
でも昔に比べると、覚えた道が増えてきた分、だいぶましにはなってきた。
が、相変わらず知らないところに行くと駄目駄目である。
どうも感覚というものは、中々成長しないものらしい。
後はカーナビゲーションシステムでも買うしかないかなと思っている。
(さっさと買ったほうがいいとは思っているが、未だに買っていない)

ちなみに「音痴」は訓練次第(布団にくるまって歌ったり、壁の近くで歌ったりして、とにかく自分の声を聴きながら歌うようにして訓練する)で直るらしいので、方向音痴も直るのかなー??
(訓練方法が想像できない・・・)

西大寺
2006年01月26日 (木) | 編集 |
今日は、自分の仕事のことでも書いておこうと思う。

プロフィールに書いてある通り、IT関係の仕事で、いわゆるSE(システムエンジニーア)をやっている。
勤務暦は約3年。年齢からすれば勤務暦が短いのは学生時代を長く過ごしすぎた為です・・・。

SEというのは、コンピュータを使ったシステムの設計を主にするのだが、やるべきことは多岐にわたり、わりと複雑な仕事らしい。
(まだ俺的には経験が浅いので、あまりSEらしいことはやっていないと言えるが・・・)

自分がすることが多い仕事は、プログラミング。
コンピュータに処理をさせるための命令文などを書いて、帳票を印刷する処理を作ったり、データを加工する処理を作ったり・・・ETC。
いわゆるプログラマーというやつです。

俺は元々プログラマー志望なので、プログラミングをやっている時は結構楽しい。
まあもっとも、スケジュールに余裕が無い時に切羽詰ってするのは嫌だけど。

でもSEはプログラミングだけをするわけではないので、真の仕事はプログラムの仕様の設計や、お客さんとの打ち合わせ、または現地でのセットアップ作業にテストに資料作りにと、結構めんどくさいことが多い。

経験が豊富になるにつれ、当然そっちの比重が重くなるわけで、なかなかしんどそうである。

と、それはそれとして、今やっている仕事は、顧客が北海道の某役場のシステム構築なのである。
今まで広島、山口と他県の仕事はやってはいるが、北海道は遠い。
まあ、今のところ一度も現地には行くことなく過ごしているが、先輩は1週間置きぐらいの頻度で行ったり来たりしている。
大変じゃな~と思う。

結構忙しさにバラツキがある仕事なので、まったりできるときと忙しい時の差が激しい。
年末辺りまで、結構忙しかったが、最近は割とまったりしております。
人によってバラバラだけどね。

というわけで今日はこの辺で・・・。

ちなみに今晩は先週に引き続き、タモリ倶楽部の空耳アワーの総集編。
元メガデスのギタリストが普通に日本語ベラベラなのに先週観て驚いた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。